妊婦はプルーンを食べちゃダメ?妊娠中のプルーン3つの効果と影響や注意点

スポンサードリンク




妊婦はお腹の赤ちゃんや自分の体調のことも考えると食べるものにも当然気を使いますよね。

今までの様に好きな物だけを食べていてはちょっと心配。

お腹の赤ちゃんのために、妊婦になった時こそ食を見直すチャンスです。

そこで妊婦にお勧めしたい食材がプルーンです。

プルーンは妊婦に良い効果が3つあります。

・便秘解消

・貧血予防

・体重管理

妊娠中に起こりやすい便秘や貧血予防に効果のあるプルーンは妊婦だからこそ食べたい食材といえます。

しかしそんなプルーンにも妊婦が食べるにあたっていくつか注意しなければならないことがあります。

あまりたくさんの量を食べ過ぎるのは良くないのです。

注意点を守って妊娠中の食事に賢くプルーンを取り入れてみてくださいね♪

○プルーンで改善できる?妊婦がお悩みの便秘

妊婦のお悩みでベスト3に入るのが「便秘」です。プルーンは便秘解消に効果があります。

妊娠初期はつわりでの食欲不振やホルモンバランスの変化から便秘になりやすいです。

また、妊娠後期はお腹が大きくなってくるので腸の働きが鈍くなり便秘になります。

女性は妊婦でなくても便秘の方が多いです。小学館の行ったアンケートによると20~30代の女性の実に73.4パーセントが便秘であると回答しています。

私ももともと便秘症でしたが、妊娠してますますひどくなり悩んでいました。

妊婦の便秘は便秘薬も使えないので困りものです。

そこで活躍するのがプルーンです。プルーンには食物繊維が多く含まれていてスムーズな排便をサポートしてくれます。

プルーンには水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれているので効率的に便秘対策が出来るのです。

妊婦の便秘にはプルーンがお勧めです。

○妊婦につきものの貧血!プルーンで予防できるかも?

妊婦のトラブルでとても多いのが貧血です。

妊娠中は妊婦の体中の血液量が増え血液中のヘモグロビン濃度が下がり薄い血液になります。

また、赤ちゃんにも母体から血液が送られていますので当然貧血になりやすいのです。

貧血になると息切れや動悸、立ちくらみなど不快な症状が出ますよね。

妊婦で重たいお腹を抱えて立ちくらみしていたら危険です。転んでお腹でもぶつけたら大変!早めに貧血を治しておきたいところです。

それに妊婦は出産までに貧血を治さないと赤ちゃんも自分も危険なんです。

出産時に大量の血液を失うので貧血のまま出産にのぞむと母体がショックを起こす事があります。

そのため妊婦は特に貧血には注意が必要です。

妊婦が貧血状態だともちろん赤ちゃんの発育にも良くありません。

早産や発育不全を引き起こすことも・・・。

私も妊娠中は毎回検診で貧血の診断が出て鉄剤を処方されていました。

ですが鉄剤を飲むと決まって気持ち悪くなり横になっていたものです。

鉄剤は体質に合わないと吐き気が起こったり、胃が痛くなったりするんです。

そう考えるとやはり食材から鉄分を摂取して貧血になる前に予防しておきたいですね。

そんな時にお勧めなのがプルーンです。

プルーンが貧血に良いというのは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

商品でもプルーンの鉄補給ドリンクやゼリーなどプルーンイコール鉄分というイメージの物が多数出ています。

ですがプルーン100gあたりの鉄分量はドライプルーンで1.0mg、生プルーンで0.2mgと他の食物と比べてもさほど多くはありません。

豚レバーは100gに13mgの鉄分が含まれています。

それではどうしてプルーンは妊婦の貧血によいとされているのでしょう。

それは鉄分は多くはないけれど、その他の良い栄養素が一緒に含まれているからです。

鉄分の吸収に必要なビタミンC、ビタミンB6、食物繊維、ミネラルも多く含まれます。

また、胎児の正常な発育のために摂取することを推奨されている葉酸も含まれています。

これらの栄養素のバランスの良さから妊婦の貧血予防にはプルーンが良いとされているのです。

○厳しい妊婦の体重管理に効果あり?プルーンを賢く食べよう

スポンサードリンク


妊婦で気をつけなければいけないのが体重の増加。

妊娠してからの体重増加は一般的な体型の方で7~10キロまでに抑えるのが望ましいです。

体重が増えすぎると胎児に影響が出たり、出産が難産になりやすくなります。

また、母体も妊娠中毒症などになりやすくなるために産婦人科では体重管理を徹底してやるところが多いですね。

体重が増えなさすぎも胎児が生長せず心配ですが増えすぎも病気につながるので注意しましょう。

また、妊娠中に体重が増えすぎると産後の体型戻しにも苦労しますよ。

出産後すぐに体重が戻ると思ったら大間違いです。

赤ちゃんが産まれてもすぐに落ちるのはせいぜいお腹の赤ちゃんと羊水の分2~3キロ。

後は努力で戻すしかありません。

妊娠中に体重を増やしすぎないことで後の苦労が減らせます♪

そんな妊婦の体重管理にも一役買ってくれるのがプルーンです。

プルーンは便秘解消にも良いので便秘が解消されれば体重の増加にもある程度効果があります。

便秘だと腸に溜まった宿便でどんどん太ってしまうのです。

お腹もぽっこりしてしまいますよね。快便になれば腸もすっきりし、体重増加も抑えられますよ。

妊婦でもおやつは食べたい!

でも体重増加は気になるという方はおやつにプルーンを食べてはいかがでしょうか?

ヨーグルトとプルーンを一緒に食べるとカルシウムも摂れて完璧!

市販のお菓子を食べるよりも体重増加は抑えられ、栄養は摂れるのでお勧めの組み合わせなのです。

○妊婦に嬉しい食材プルーン、でも食べる量には注意して!

たくさんの妊婦に嬉しい効果のあるプルーンですが食べる量には気をつけて下さい。

1日に3~5個くらいにしておきましょう。

プルーンに含まれているビタミンAは妊娠初期に摂りすぎると胎児の奇形を誘発することが解かっています。

食材から摂取できる範囲を超えての摂取は危険です。

しかし普通に一般的な量のプルーンを食べる分には全く問題ありません。

また、便秘の解消に役立つプルーンですが食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまいます。

妊婦に下痢は良くありません。

下痢をするとお腹が張ったりする原因にもなるので注意しましょう。

プルーンは妊婦に良い食材ですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。

適度な量で他の食材ともバランスよく食べるのが良いですね。

○妊婦のお助け食材プルーン、注意を守って賢く食べましょう

プルーンが妊婦にお勧めのポイントを3つご紹介しました。

・便秘解消

・貧血予防

・体重管理

どれも妊婦には嬉しい効果ばかりですね。

また、プルーンに含まれている栄養素も妊婦にとって必要なものばかり。

特に葉酸は妊娠初期に摂りたい代表的な栄養素です。

そんな妊婦に効果的なプルーン、ついついたくさん食べたくなってしまいますが、プルーンを食べるのには注意点がありました。

食べる量です。あまりにたくさんの量を食べるのは妊婦には良くありません。

1日に食べる量を5個までなどと決めて、他の食材とバランスよく食べるのが良いでしょう。

食べる量に気をつけて、妊娠中の食事に賢くプルーンを取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です