「希」の意味や由来、読み方って?「希」を使った男の子・女の子の名前33選

スポンサードリンク

「希」の意味や由来、読み方って?「希」を使った男の子・女の子の名前33選

何かが実現してほしいの思う気持ち。

そんな思いがこもっている文字が「希」です。

希望という言葉は日常的に見聞きする言葉です。

親の希望としては類い「希」(まれ)な才能に恵まれますように!そのような思いで「希」を選ぶ。

希望という言葉の一文字でもあります。

誰もが知っている漢字を命名に使う。

それもとても良い選択なのです。

「希」について

字画数:7画
音読み:き け
訓読み:まれ ねがう のぞ(む)

明るく前向きなイメージのある「希」という文字。

これを名前に使う。

それだけで明るい未来が開けて行きそうな気持を持てる。

「希」には輝く未来をイメージさせるパワーを感じます。

「希」を使った男の子の名前

・希(のぞむ)
・一希(いつき)
・希良(きら)
・剛希(ごうき)
・孝希(たかき)
・輝希(てるき)
・友希(ともき)
・希望(のぞみ)
・陽希(はるき)
・文希(ふみき)
・希偉(まれい)
・基希(もとき)
・勇希(ゆうき)
・亮希(りょうき)
・美希斗(みきと)

願いを込めた「希」という感じ

男の子の名前で語尾に「き」が来る名前。

こちらはとても潔い印象があります。

物事を熟考する人という印象もあります。

やはり多くの親御さんが「希望」という意味からとって命名をする。

このパターンが多いようです。

今風の響きと古風な漢字との組み合わせ。

新旧の良さを織り交ぜている命名をする。

「希」にはそのような使い方ができる素晴らしさがある。

男の子に「希」を使う場合。

利発な印象と友好的な雰囲気を感じさせます。

一文字で名前とする場合。

または他の漢字と組み合わせる。

それだけで今流行りの「キラキラネーム」(希良・きら)などにも読めるのです。

男の子にも好んで使う漢字の一種でもあります。

「希」を使った女の子の名前

・希恵(きえ)
・希子(きこ)
・希穂(きほ)
・希来(きら)
・早希(さき)
・咲希(さき)
・彩希(さき)
・希海(のぞみ)
・希望(のぞみ)
・穂希(ほまれ)
・真希(まき)
・希空(まあれ)
・美希(みき)
・光希(みつき)
・柚希(ゆずき)
・亜希奈(あきな)
・美希歩(みきほ)
・実咲希(みさき)

女の子の名前として「希」を使う。

名前に使いたい漢字としては有名です。

優しくたおやかなイメージがあります。

活発で前向きなタイプの女の子。

そのような印象を与える漢字です。

希望に満ちた願いをこめて

スポンサードリンク


女の子の名前として「希」は候補に挙がる漢字です。

情が深く頼りがいがあるという文字のイメージ。

そこを大事にしながら名前に使う。

女の子の名前として命名しやすい漢字です。

漢字のイメージや響きから選ばれることがとても多いのです。

「希」の付く名前を持つ芸能人・有名人

・天海祐希
・荒井優希(SKE48)
・石井優希
・一城みゆ希
・奥原希望
・川崎希
・樹木希林
・佐々木希
・澤 穂希
・白雪希明(SKE48)
・高畑充希
・東原亜希
・保坂尚希
・堀北真希
・水原希子
・八木亜希子

「希」の意味について

もともと、めったにない、珍しいという意味。

つまり希少価値と意味を持つ文字です。

それだけに個性のある子どもに育ってほしいという気持ち。

親の願いを文字に込めて命名することがあります。

「希」という文字

文字全体をよく観察してみる。

よく見ると糸という文字と布が重なっているのです。

糸で人の縁を紡いでいく。

そして布のように広く人脈を行き渡らせる。

そのような漢字の意味を持つのが「希」です。

希という漢字は縁起が良いとされているわけです。

「希」には、とても前向き躍動感があります。

だからこそ多くの人に選ばれるのです。

「希」の語源について

「希」(まれ)にしか起こらないことを願う。

めったにないことが起きてほしいと望む。

そのような気持ちが語源となっている。

時代の将軍・乃木将軍の正式名称にも「希典」と書いて「まれすけ」が命名されています。

「まれ」という呼び名は、昔から読まれている文字でもあるわけです。

人生を切り開くように

「希」の漢字にはハサミの部分が一番上にある。

そして下には布が示されています。

つまり布を切り開いて作品を作る。

クリエイティブな意味がそこにはこもっているのです。

何を作るのかはその人次第。

つまり人生にそれを例えてみるわけです。

これから自分にとって「希」(まれ)なことが起こりますように。

「希」という漢字に込められた想いがあるのです。

そして「希望」の多い人生が我が子に多く訪れますように。

親としてはポジティブな人生を謳歌してもらいたいと願う。

そのときに、ピッタリな漢字が「希」なのです。

まとめ

自分の人生にも希望が多く訪れますように。

そして人に希望を与える人になれますように・・そんな親御さん願いがこもった漢字です。

「希」は呼び名や音のイメージで選ぶよりも漢字の良さ。

そこから命名に使う人がほとんどのようです。

語源などからも熟考してみてください。

「希」という文字には明るく開ける未来が見えてきます。

名前にこもった気持ち。

子供の人生において「希」が多いことを願いつつ。

子供の名前に祈りを込めるのです。