赤ちゃんはナッツ類をいつから食べて大丈夫?5つの注意点と緊急時の対応

赤ちゃんはナッツ類をいつから食べて大丈夫?5つの注意点とおすすめレシピ

コリコリという食感、噛めば噛むほど味が出るナッツ類。

アーモンド、ピーナッツ、くるみといったナッツ類には不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、美容にも健康にも良いとされています。

そんなナッツ類を赤ちゃんは一体いつから食べられるのでしょうか。

5つの注意点とナッツ類を使った簡単レシピをご紹介します。

この記事のポイントは次の4つです。

  • 赤ちゃんはいつからナッツ類を食べられるのか
  • 食べさせる時の5つの注意点
  • ナッツ類事故の、万が一の時の対策
  • おすすめレシピ

それでは紹介します!順にみていきましょう♪

赤ちゃんはいつからナッツ類を食べられる

赤ちゃんがナッツ類を食べられるのは、粉末やペーストにした状態で離乳食完了期のパクパク期(1歳〜1歳6ヶ月)以降から。

アレルギーの危険性があるので与えるのは時々、少量だけにしましょう。

また、粒状になっているナッツ類が与えられるのは4歳以降から。

粒のままだと誤嚥の原因にもなるので注意が必要です。

奥歯が生え揃っていない赤ちゃんには、固くて砕く事ができず、飲み込む力も不十分です。

誤って気管に入るだけでなく、窒息死の危険もある食品。

消費者庁では3歳未満には与えないよう警告していますが、その子の成長度合いを見つつ4歳まで待つのが無難といえるでしょう。

それまでは、赤ちゃんの手の届かないところに保存しておきます。

兄妹がナッツ類を食べている時は、赤ちゃんに勝手に与えないようにしましょう。

少し大きい子どもでも、遊び食べや、食べている時に脅かされて誤嚥という事故もあります。

ナッツ類を食べる時は、食べる事に集中させて、事故がないよう見守ってあげましょう。

ナッツ類を食べる時の注意点5つ

粉末状やペースト状にしたナッツ類を赤ちゃんに与える時には、注意しなければいけないことが5つあります。

1つめは、初めて食べる時は身内のアレルギーを確認!

ナッツ類、特にピーナッツは重度のアレルギー症状が出る可能性があります。

ピーナッツによる食物アレルギーは重症化しやすい為、厚生労働省が食品表示に義務付けしているくらいです。

身内にナッツ類のアレルギーを持っている人がいる場合は、赤ちゃんも同じアレルギーを持っている可能性があります。

必ず確認してから与え、もしアレルギー持ちの人がいる場合は医師に相談してから与えましょう。

2つめは、与える時は少量にすること。

初めて与える時は、特に少量にしましょう。

前項で記したように、ナッツ類のアレルギーは重症化しやすいもの。

食物アレルギーは食べた量によってアレルギーの重症化はさらに大きくなります。

アレルギーが発症した時に、できるだけ重症化しないよう、初めて与える時は極少量にとどめましょう。

またアレルギーがなかった場合でも、ナッツ類のカロリーは非常に高いので、与える場合はごく少量にしましょう。

3つめは、与えるのは時々にすること。

ナッツ類は少量でも、毎日は与えないようにしましょう。

ナッツ類は体にいい不飽和脂肪酸を多く含んでいますが、カロリーは高いもの。

消化器官が未発達な赤ちゃんにとっては、消化するのが大変な食材。

消化器官の負担になり、下痢を引き起こしてしまうかもしれません。

特にピーナッツバターを与える場合は、脂質も糖度も高いので低年齢での生活習慣病発症のきっかけになりかねません。

肥満になると糖尿病や高血圧、痛風などの恐れがあります。

4つめは、製品をよく吟味して選ぶ。

スポンサードリンク


ピーナッツバターを与える場合は、ピーナッツクリームと間違えないこと。

ピーナッツバターとピーナッツクリームは違うもの。

ピーナッツクリームはピーナッツバターを原料とし、砂糖や添加物などを加えることにより、安価にしたもの。

低価格で手に入れやすいものですが、赤ちゃんにとってピーナッツクリームは、より糖度が高いものになってしまうので避けましょう。

またピーナッツバターを選ぶ時は、なるべく塩分などが入っていない無添加のものを。

5つめは、破片も与えてはだめ!

大人にとっては気にならない小さな粒でも、赤ちゃんにとってはその破片が凶器。

喉に入った破片が水分を吸って膨張し、形状を変えて気道を詰らせたり。

引っ掛かった破片の油分が溶け出し、気管支炎や肺炎を引き起こす恐れがあります。

万が一食べてしまった場合は放置せず、病院で取り除いてもらいましょう。

なので、アーモンドパウダーを与える場合は、下処理をしっかりしましょう。

アーモンドパウダーとは、アーモンドを細かく粉状にしたもの。

フードプロセッサーがある家では、アーモンドを買ってきて細く挽けばアーモンドパウダーが作れます。

ただし、家庭でのフードプロセッサーだと十分でない場合もあるので、挽いた後は粉ふるいなどで粒を取り除きましょう。

無難なのは、市販のアーモンドパウダーを粉ふるいにかけること。

1回のナッツ類の量は?

パクパク期(1歳〜1歳6ヶ月頃)にあげる1回の量は5〜7g程度。

小さじ1〜1.5ぐらいにしておきましょう。

ナッツ類のアレルギー反応が出たら!

アレルギー反応にはどのようなものがあり、どのような対処したらいいのか簡単にまとめていました。

症状

食べたあと1〜2時間、遅くても4時間以内に症状が出るとされています。

食べた後はいつもと何か様子が違っていないか、よく観察しましょう。

以下、アレルギー症状の一例です

  • 目の症状…白目が赤くなる、瞼が腫れる、涙が止まらなくなる、痒くなる
  • 鼻の症状…くしゃみ、鼻水、鼻がつまる
  • 口や喉の症状…口の中や喉の違和感、腫れ、イガイガする、喉が痒い
  • 皮膚症状…かゆみ、むくみ、じんましん、皮膚が赤くなる、湿疹、かぶれ
  • 呼吸症状…息苦しくなる、過呼吸になる、締め付けられたようになる、犬の鳴き声のような咳が出る、咳き込む、声がかすれる
  • 消化器症状…腹痛、不快感、下痢、嘔吐

そして上記の症状が次々に起こることを、アナフィラキシー症状と言います。

それが進行してくると、アナフィラキシーショックという意識が朦朧とし呼びかけても応答しないなど大変危険な状態に陥ります。

またアレルギーは、その食材の調理状態や食べた本人の体調によって症状が変わってしまいます。

疲れていたり、風邪をひいていると症状は重症化しやすいです。

赤ちゃんに新しい食材を与える時は、機嫌のいい元気な時にしましょう。

対応

スポンサードリンク


アナフィラキシー症状が起きた場合は、アナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、すぐに救急車を呼びましょう。

対応が遅れると、死に至ることもあります。

急を要さない、かぶれや湿疹だけ場合は、様子を見て、病院にいきましょう。

ナッツ類以外でも、初めての食品をあげる時は平日の昼間の余裕のある時に。

すぐ病院に行けるようにします。

治療法

家庭での素人判断で、アレルギー物質を特定して除去食を行うということは、絶対にしてはいけません。

お母さんから見てアレルギー食物はきっとあれだろうというものがあっても、実際は違ったりします。

アレルギー食物の特定は、専門医でさえ非常に難しいもの。

検査や問診を受け、医師の診断のもと必要最小限の除去食を行います。

場合によっては、薬を使ったり、負荷試験、延期などを行います。

アレルギー症状は年齢とともに徐々に良くなっていくというデータもあります。

実際、アレルギー症状が発生した場合の90%が、小学生になる前に治っています。

焦らず、専門医の元治療を行いましょう。

ナッツ類を誤嚥してしまったら!

ナッツ類を目の届かない所にしまっておいたのにも関わらず、何かの拍子で赤ちゃんが飲み込んでしまったら…。

ナッツ類は水を含むと膨らむという性質があり、窒息していないからとそのまま放置してしまうと、肺炎や気管支炎の恐れがあります。

ナッツ類は飴玉のように熱で溶けたりしない、窒息死の危険性が高い食品です。

NG行為!

スポンサードリンク


詰まってしまった場合、指を入れて取り出そうとするのは、口内を傷つけたり、かえって奥のほうに押し込むことになります。

対応

誤嚥してしまったら、病院に向かうか救急車を呼びます。

緊急の場合は背中を叩き、とにかく吐き出させましょう。

以下詳しい方法です。
消費者庁のHPで、誤嚥の緊急対応をとても分かりやすく載せているので、ぜひ見てください。

そしてそういった緊急対応の方法は、冷蔵庫など目のつくところに貼っておいて、いつでも対応できるようにしておきましょう。

0歳児【背部こう打法】:片腕にうつ伏せに乗せ顔を支えて、頭を低くして、背中の真ん中を平手で何度も連続してたたきます。なお、腹部臓器を傷つけないよう力を加減します。

1歳児【背部こう打法変法】:立て膝で太ももがうつ伏せにした子のみぞおちを圧迫するようにして、頭を低くして、背中の真ん中を平手で何度も連続してたたきます。なお、腹部臓器を傷つけないよう力を加減します。

満5歳以上【腹部突き上げ法(ハイムリック法)】:後ろから両腕を回し、みぞおちの下で片方の手を握り拳にして、腹部を上方へ圧迫します。この方法が行えない場合は、横向きに寝かせて、又は、座って前かがみにして背部こう打変法を試みます。

引用_消費者庁「豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!」

誤嚥の事故は0~1歳の間に最も多く、家庭では注意が必要です。

簡単!おすすめレシピを紹介

小松菜のピーナッツ和え

材料:豆腐…80g
ピーナッツバター…小さじ1
小松菜…50g
醤油…少々
だし…50ml

作り方:1.小松菜を柔らかくゆでて、水をきり、食べやすいようにきざむ。

2.温めただしとピーナッツバターと醤油を混ぜる。

3.豆腐を潰し、1、2をあえる。

アーモンドパウダー入りパンケーキ

材料:プレーンヨーグルト…60g
いちご…2〜3粒
小麦粉…40g
アーモンドパウダー…10g
卵…1/3個
牛乳…大さじ2
サラダ油…適量

作り方:1.プレーンヨーグルトはザルにキッチンペーパーを敷いて、冷蔵庫で一晩水切りをする。アーモンドパウダーは粉ふるいにかける。

2.いちごはへたを切って薄切りにする。

3.ボールに小麦粉とアーモンドパウダーを入れて泡立て器で混ぜ、卵と牛乳を入れて混ぜ合わせる。

4.熱したフライパンにサラダ油をひき、3の生地を入れて焼く。

5.4で焼けたパンケーキに1のヨーグルトを塗って、2のいちごを盛り付ける。

まとめ

赤ちゃんとナッツ類についていかがでしたでしょうか。

赤ちゃんは粉末やペースト状のナッツ類ならパクパク期(1歳〜1歳6ヵ月)から時々、少しだけ食べることができます。

粒のまま与える場合は誤嚥の危険性があるので、4歳以降にして、それまでは手の届かない所に保管しましょう。

ナッツ類のアレルギーは重症化しやすく、アナフィラキシー症状が起きたらすぐに救急車を呼びましょう。

また、ナッツ類を誤嚥してしまった場合は、背中を叩いて出してあげます。

緊急対応はいつでもできるよう、目のつく所に貼っておきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です