オクラの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と8つのメニュー

スポンサードリンク

代表的な夏野菜オクラは、7月~9月が旬で、夏は特においしく食べることができます。

国産のものが多いですが、フィリピンやタイの輸入物もスーパーにありますよね。

ねばねばした食感が特徴的で、葉酸やカルシウムなどの栄養を含んでいるオクラ。

栄養が豊富な野菜なので、夏ばて防止にも効果的です。

オクラはどのように保存すれば、長持ちするのでしょうか?

正しいオクラの保存方法、おすすめのメニュー、新鮮なオクラの選び方など、オクラについて詳しく紹介します。

オクラはどのくらい日持ちする?賞味期限は4~5日!

オクラは実は低い温度と乾燥に弱い、傷みやすい食材です。

まずは新鮮なオクラの選び方を紹介します。

オクラを選ぶときに注目するのは、オクラの“うぶ毛”です。

オクラをよく見ると、全体的にうっすら毛が生えているのがわかります。

このうぶ毛が鮮度の目安になるのです。

表面に産毛がびっしりと生えているものが、新鮮な証拠なのでそれを選んでください。

また、色は鮮やかな濃い緑色。

角の部分が茶色いものは、鮮度が落ちています。

また大きすぎるオクラも、育ちすぎて味が苦くなるので注意してください。

ヘタの切り口が乾いているものも、鮮度が低い証拠となります。

オクラの消費期限は、野菜室で4~5日です。

オクラの保存方法!

オクラは温度が低いとすぐに劣化してしまいます。

オクラの正しい保存方法について紹介します。

オクラの冷凍保存方法

オクラは、基本的には冷凍保存に向いていません。

冷凍保存するときは、生ではなくゆでてからの保存がおすすめ。

硬めにゆでて、保存袋にいれて冷凍保存してください。

生で保存するときは、食べるときに過熱するのを条件に、輪切りに切って保存袋で保存するのもいいでしょう。

オクラは冷凍で1ヶ月くらい保存できる食材で、解凍するときは自然解凍か、凍ったまま料理に使いましょう。

オクラの冷蔵保存方法

オクラは低温にとても弱い素材、5度以下になると低温障害を起こし、味や見た目の劣化が起こり始めます。

オクラを冷蔵保存するときは、温度が低いチルド室にいれず、温度が高い野菜室に冷蔵保存してください。

また、乾燥にも弱い食材なので、できるだけ購入してから2~3日で食べきるのがいいですね。

冷蔵保存するときは、専用の保存パックに入れて野菜室で4~5日が目安です。

専用の保存パックがない場合は、新聞紙につつんで冷蔵保存でも大丈夫です。

とにかく冷やしすぎと乾燥に注意してください。

ワンポイントアドバイス

オクラは暖かい地域で栽培されている食品なので、寒さにとても弱いです。

冷えすぎると、形がしなびてきてしまい、色も黒ずんできます。

傷みやすい野菜ということを頭に入れて、早めに食べきってしまいましょう。

冷凍しておいたオクラを使った6つのメニュー

スポンサードリンク


冷凍したオクラは、自然解凍か、凍ったまま料理に使用します。

冷凍したオクラを使ったメニューを紹介します。

オクラと雑魚のおかかあえ

夏におすすめの副菜、栄養も豊富な組み合わせです。

【材料】

冷凍輪切りオクラ 20本分
ちりめんじゃこ 30g
鰹節 2パック

① オクラは沸騰したお湯に入れて、1~2分ゆで流水で冷やします。

② 水気を切って、ちりめんじゃこと削り節をあえるだけで完成です。

トマトとオクラのサラダ

トマトもオクラも人気の夏野菜、ビタミンたっぷりの夏におすすめのメニューです。

梅ドレッシングでさっぱりと!

【材料】

トマト 3個
冷凍オクラ輪切り 8本分
梅干 1個
削り節 1パック

★ 酢 大さじ1
★ 醤油 大さじ1
★ こしょう 少々
★ オリーブオイル 大さじ2

① トマトの皮を湯向きして、くし型に切ります。

② オクラは自然解凍しておきます。

③ 梅干は種を取って実をつぶします。

④ 梅干と削り節、★を混ぜ合わせてドレッシングを作ります。

⑤ トマトとオクラを混ぜて、ドレッシングをかけて出来上がり。

オクラの豚ばら巻き

お弁当にぴったりの豚バラまきです。

子供も大好きなメニューですね。

【材料】

冷凍オクラ6本
豚ばら肉 6枚

★ しょうゆ 大さじ1
★ 酒 大さじ1
★ 砂糖 小さじ1
★ 水 大さじ4

① オクラはゆでて冷凍保存した1本物を使い、冷蔵庫で自然解凍しておきます。

② オクラに豚ばら肉を、クルクルまき、軽く塩こしょうしておきます。

③ フライパン意油を入れて、肉で巻いた部分を下にして焼きます。

④ コロコロと転がしながら焼き目をつけます。

⑤ 焼き目がついたら、★の調味料を混ぜたものをいれ、汁気がなくなるまで焼きます。

⑥ 煮絡めて、味がしっかりついたら完成です。

オクラと生ハムの天ぷら

夏によく食べるそうめんやそばにあわせて食べたい、オクラの天ぷら。

そのままあげてもおいしいですが、生ハムをまいた天ぷらも絶品です。

特に味付けしなくても、生ハムの塩気がちょうどいい感じです。

【材料】

ヘタをとって冷凍したオクラ1本もの 5本
生ハム 5枚~8枚
天ぷら粉

① 冷凍したままのオクラに生ハムを巻いていきます。

② ボウルに天ぷら粉と規定どおりの材料を入れ、箸でかき混ぜます。

かき混ぜすぎないように。

③ 油を熱し、天ぷら粉をあえたオクラを揚げます。

中温でからりと揚げます。

④ 生ハムに味がついているのでそのままで、おいしいです。

オクラとチーズのおかか合え

スポンサードリンク


お弁当やお酒のおつまみにぴったりの副菜。

オクラとチーズの相性がいいので驚きです!

【材料】

冷凍したオクラ 8本
ベビーチーズ 3個
削り節 1袋
塩 少々
白だし 小2

① ゆでて冷凍したお蔵を自然解凍します。

② オクラを太い輪切りにします。

べビーチーズはさいころ上に四角く切ります。

③ ボウルにオクラとチーズと白だしを入れてよく混ぜます。

④ 混ざったら鰹節をあえて、完成です。

オクラはゆでて冷凍しているので、ゆでる手間が要りませんね。

チーズは色々なタイプを試してお好みのものを使ってください。

オクラ納豆

混ぜるだけで簡単なオクラ納豆。

ネバネバ同士で相性がいいですね。

【材料】

納豆 1パック
輪切りで冷凍したオクラ 6本分
酢 小2
ネギ お好みで
白ゴマ 大1

① オクラはお湯でゆでて解凍します。

② 納豆と付属のたれ、酢を混ぜてお好みで辛子も入れます。

③ ネギは小口切りにしておきます。

④ 納豆とオクラを混ぜて、ゴマとネギをいれ出来上がりです。

夏の定番メニューの、オクラ納豆。

この中にアボカド、マグロ、いかなどを入れて混ぜて食べると、ボリュームのある一品になるのでお勧めです。

オクラの作り置きメニュー

お蔵の作り置きメニューはたくさんありますが、その中でも漬物はおすすめ。

浅漬けや、中華風にして作っておくと、冷蔵で5日間は持ちます。

オクラの常備菜を紹介します。

オクラの浅漬け

スポンサードリンク


とても簡単にできるオクラの浅漬けです。

【材料】

オクラ5本
調味料(めんつゆ大5、しょうが適量、ミツカン酢大1)

① オクラは塩もみして、うぶ毛をとりさっとゆでます。

② 調味料を混ぜてたれを作ります。

冷めたオクラを入れて、冷蔵庫に保存します。

ビニール袋に入れてもむと漬かるのが早くなるのでおすすめ。

通常なら30分くらいで味がしみます。

オクラの漬物(中華風)

ラー油のピリ辛な味がおすすめの中華風のオクラ漬物。

きゅうりを混ぜると歯ごたえも楽しむことができます。

【材料】

オクラ 5本

★ 中華だし 小さじ1
★ 塩 小さじ2
★ ラー油 小さじ1/2
★ ごま油 大さじ1

① オクラは塩もみして硬めにゆでます。

② 水をしっかり切って、ヘタを切り、斜めに切り、★と混ぜて味をつけます。

③ 味がなじんだら出来上がりです。

まとめ

オクラの保存方法について、詳しく説明しました。

オクラが冷えに弱い野菜というのは、あまり知られていないことです。

冷蔵保存するときは、冷えすぎないように注意しましょう。

また冷凍保存するときは、硬めにゆでてから保存するのがおすすめです。

夏ばて予防にも効果があるオクラ、暑い季節は積極的に食べたいですね。