「織」の意味や由来、読み方って?「織」を使った女の子の名前27選

スポンサードリンク
うちハピ

「織」の意味や由来、読み方って?「織」を使った女の子の名前27選

「織」という漢字は瞬間的に女の子の名前!という印象が強くあります。

どことなく由緒正しい雰囲気と歴史と清楚さを両方に感じるわけです。

男の子の名前に使われることはほとんどありません。今回は女の子の名前に使う「織」について情報を集めてみました。

「織」という漢字について

字画数:18画

音読み:しき、しょく

訓読み:お(る)

布を織るときに必ず使うものが糸です。折り目正しく布を織る。

つまり人との関係を紡ぐ糸は織物には欠かせない存在です。

織という名前は、人との縁を結ぶという意味でも縁起の良さを感じさせるものなのです。

「組織」という表現をするときにも使われる漢字です。

何かと日常生活の中に自然と、溶け込んでいるような印象のある漢字です。一見難しい漢字という印象もありますが、書き慣れると楽に書けるようになるものです。

「織」の意味について

布を織るという意味で使われることが一番有名です。

色を何となくイメージさせる「織」という漢字は、女の子の名前として、よく使われています。

どことなく奥ゆかしい漢字のイメージ。そして上品で日本風の名前として昔から重宝されています。

「織」のつく女の子の名前

・織(はとり)

・朱織(あかり)

・伊織(いおり)

うちハピ

・祈織(いおり)

・絵織(えり)

・織衣(おりえ)

・織華(おりか)

・織葉(おるは)

・香織(かおり)

・叶織(かのり)

・沙織(さおり)

・詩織(しおり)

・珠織(たまお)

・知織(ちおり)

・奈織(なおり)

・仁織(にしき)

・妃織(ひおり)

・茉織(まおり)

・美織(みおり)

・由織(ゆり)

・織奈(りな)

・織乃(りの)

・恵織花(えりか)

・香織子(かおるこ)

・真織絵(まりえ)

・織依沙(りいさ)

・里織奈(りおな)

「織」の名前が持つパワー

この中で、「伊織」イオリは、文字の響き的にも男の子の名前に選ばれる場合も稀にあります。

豊かな雰囲気と日本らしい情緒を感じさせる名前。独特な個性のある名前を考える時。

「織」は選ばれやすい漢字です。現代でも、好んで「織」を使った名前を考える人も多いのです。

日本的な名前を考えるときに「織」は必ず候補に挙がる名前でもあります。

名前の持つイメージについて

名前の末尾に「おり」が付く女の子の名前。

とても包容力と知性を感じさせます。

この名前を持つ人は、物事を見通す力を持っていると言われています。鋭い洞察力は、女の子が世の中を生きて行くうえで、人生の糧にもなるのです。

「織」のつく有名人・芸能人の名前

・市川 美織さん

・織田 美織さん

・森 詩織さん

・瀧本 美織さん

・早見 沙織さん

・高田 志織さん

・錦織 圭さん

・田中 沙織さん

・織田 菜月さん

・石川 沙織さん

・織田 信成さん

・谷岡 香織さん

・島 沙織さん

・我妻 沙織さん

・木村 沙織さん

・福原 香織さん

・前田 織里奈さん

・村治 佳織さん

・持田 香織さん

・遠山 景織子さん

・坂上 香織さん

・南 沙織さん

・織田 哲朗さん

・錦織 健さん

・松山 香織さん

・江國 香織さん

・錦織 一清さん

・織田 裕二さん

・坂上 伊織さん

「織」という漢字の持つ意味

スポンサードリンク


古風な織物を想像させる漢字。そこに名付けの意味があると考える人もいます。

平成になってからは、キラキラネームが流行しています。

その中で、日本に古くから伝わる「織」という名前を付ける。個性的で由緒正しい雰囲気が名前から漂う様。これこそが「織」の持つ名前としての価値なのです。

  • 止め字で使われることが多い「織」

名前を考えるときに「織」を先頭文字に使うことはほとんどありません。

圧倒的に多いのは、親御さんが選んだ漢字に合わせて止め字として「織」を使う場合です。

そこは自由に漢字を組み合わせてみれば良いのです。

「織」には「織姫」のイメージや織物を思い出させる印象が強い漢字です。だからこそ、日本風の名前を我が子につけたいと考える場合も多いのです。

繊細さと奥ゆかしさ

「織」の付く名前は、とても清楚でお嬢様的な響きがあります。

これは「織」という漢字の持つ強みではないでしょうか。

優しく物静かな雰囲気と、奥ゆかしいイメージがあります。

織物をコツコツと進めるように、物事をしっかりと考える。

そんな綿密さも、漢字の意味としては込められているのです。

書き順としては、とても難しい漢字です。それでも自分の名前として生涯使い続けるうちに、味のある名前であることに気づかされるはずです。

努力を続ける人になりますように

織物は時間と手間がかかる作業です。これをコツコツと続けることには根気が必要です。

糸を一旗ずつ重ねることで、美しい織物が完成するのです。

つまり何事も努力を続けて結果につなげることに大きな意味があるわけです。

  • 楚々とした人になってほしい

「織」という漢字を使った名前には、親御さんの気持ちが深くこめられています。

女の子の場合には古風な雰囲気の名前になることが多い。

だからこそ、折り目正しい人格を持った人への成長。これを親は望みます。

うちハピ