オムツが取れていなくても大丈夫!現役ママが教えるおすすめプール用おむつ

スポンサードリンク
うちハピ

暑い夏がやってくると各地のプールは多くの人で混み合います。

子どもは水遊びが大好きです。

「プールに連れて行きたい!」と思う親御さんも多いかと思いますが、そこで悩むのがオムツ問題。

トイレでまだ用を足せない子がプールに入るというのはどうなの?と考えてしまうでしょう。

周囲の人も良い気はしないですよね。

ましてやタイムング悪くうんちでも出てしまった時には大変です。

それでも子どもとプールに行きたいと思う方はぜひ水遊び用のオムツを履かせてみてください。

水遊び用のオムツを履けば入場可能なプールもあるんですよ。

ここでは、水遊び用のオムツの機能性や種類についてご紹介します。

水遊び用のオムツと紙オムツの違いは?

水遊び用のオムツは、普通の紙オムツとは違います。

まだトイレで用を足せない子どもが水遊び中に万が一出てしまった時に外に漏れてしまわないようにするために作られているものです。

そのため「水に濡れても膨張しない」「ゴムがしっかりしていて漏れ出しにくい」「破れにくい」という特徴があります。

普通の紙オムツの場合、水に濡れるとものすごく膨張します。

それはおしっこを吸収するためにオムツの中にポリマーが入っていて、それに水が吸収されてしまうからです。

公園などの水遊びで普通の紙オムツのまま遊んでいる子も見かけますが、びっくりするくらいオムツが膨らんでいます。

子どももお尻が膨らみ過ぎて動きにくそうにも見えました。

それくらい吸収力がいいんです。

うちハピ

一方で水遊び用のオムツは水に濡れても膨らむことはありません。

それはポリマーが入っていないからです。そのため、おしっこをしても吸収することはできません。

一時的にキャッチしておいてくれるオムツという感じです。

私も子どもが小さい時には水遊び用のオムツを履かせて水遊びをさせていました。

普通のオムツと同じ感覚で脱がせると、おしっこをしていた時にはバシャっと流れてしまいました。

全然吸収しないんですね。

脱がせる時にはタオルを下に敷くなど準備しておいた方がいいと思います。

水遊び用のオムツは漏れ出しにくいように足回りのゴムがしっかりしています。

しかしギャザーをしっかり立てて履かないと漏れやすくなるので履かせる時にはギャザーも注意してくださいね。

また、普通の紙オムツよりも断然破れにくいです。

しっかり水遊びをした後でも破れたりしたことはありませんし、薄いので水着の下に履いてもゴワつかないところもいいですね。

水遊び用オムツの注意点

水遊び用のオムツを使用する時には注意することがあります。

まず1番知っておいて欲しいところが「水遊び用のオムツを履いていればどこのプールでも入れる」というわけではないということです。

水遊び用のオムツは完全におしっこやウンチを外に出ないようにできることができるというわけではありません。

実際に商品の注意書きにも流れ出しを完全に防げないということが明記されています。

そのためプールでは水遊び用のオムツを履いていてもオムツの取れていない子は入ることができないとされているプールも多いのです。

小さなお子さんを連れてプールに行く場合には必ず水遊び用のオムツ着用での遊泳が可能かどうか確認しておきましょう。

また、使用中は流れ出しを防ぐためにも小まめにオムツの中をチェックするようにしてくださいね。

おすすめの水遊び用オムツは?

水遊び用のオムツには、使い捨てのタイプと繰り返し使える布タイプがあります。

使い捨てタイプ

ムーニーマン水あそびパンツグーン水あそびスイミングパンツがあります。

どちらもM、L、ビッグと体重に合わせてサイズがあります。

男の子用と女の子用でデザインが違いいます。

私はどちらも使ったことがありますが、機能的な違いは感じられませんでした。

値段もほとんど変わらず、ドラッグストアでは3枚入り1パックが300円〜400円程度でした。

ただ、個人的な感想ですが、質感がムーニーの方が柔らかくて、グーンの方がカサカサしていると感じました。

布タイプ

布タイプの水あそび用オムツは洗って何度も繰り返し使うことができます。

近年のエコブームや水あそびをする回数が多い子どもにはコストの面からもおすすめです。

アイプレイスプラッシュアバウトといったメーカーの商品が人気です。

お揃いのラッシュガードもあってとてもかわいいです。

機能的には使い捨てタイプとほとんど変わらないようで、おしっこもうんちも一時的にキャッチしておくことができるそうです。

1着2,000円程度するので「ちょっと大き目を買って来年も着させよう。」と思われる方もいるかもしれませんがそれはNG。

大きめサイズだと足の周りが緩くなってしまい、おしっこやウンチをうまくキャッチすることができなくなってしまいます。

サイズは丁度のものを選ぶようにしましょう。

まとめ

スポンサードリンク


オムツが取れていない子どもと水遊びをする時には万が一の時のためにも、水遊び用のオムツは必要です。

漏れを防いでくれるので、お母さんも子どもも楽しく水遊びをすることができますね。

デザインも色々あるので水着を選ぶような感じで、選んでみてはいかがでしょうか。

うちハピ