「怜」の意味や由来、読み方って?「怜」を使った男の子・女の子の名前選

スポンサードリンク

「怜」の意味や由来、読み方って?「怜」を使った男の子・女の子の名前17選

「れい」という響きの名前を付ける。

それだけでとても爽快感のある雰囲気を持ちます。

「怜」という漢字は男の子にも女の子にも響きの良さが魅力的です。

「怜」について

怜とは髪のお告げを聞いて悟ることを表す。

とても有難い漢字の一つです。

その上、賢いという意味を持ちます。

人を慈しむという意味も含む。

漢字の意味を考え合わせても、優しく思いやりのある賢い子。

そのような印象のある漢字です。

字画数:8画
音読み:れい、れん
訓読み:あわ(れむ) かしこい さと

「怜」を使った男の子の名前

・怜(れい)
・怜詩(さとし)
・怜治(れいじ)
・怜太(れいた)
・怜也(れいや)
・怜生(れお)
・怜恩(れおん)
・怜太郎(れいたろう)
・怜雄那(れおな)

優しく洗練された印象

男の子に使う「怜」の場合。

「さと」と読むことで「れい」以外の名前を付けることができるのです。

その上とても都会的な名前という印象もあります。

「怜」を使った女の子の名前

・怜(れい)
・夏怜(かれん)
・華怜(かれん)
・澄怜(すみれ)
・怜亜(れいあ)
・怜名(れいな)
・怜羅(れいら)
・怜音奈(れおな)

洋風の名前にぴったり

女の子の名前に「怜」を使う。

それだけでハイカラなイメージがある、知的でスマートな名前という印象。

これからの時代を生きて行く女の子♪そのようなイメージにぴったりの漢字です。

「怜」の付く芸能人・有名人

・井上 玲奈さん
・加藤 怜さん
・坂田 怜央さん
・吉井 怜さん
・奥田 怜子さん
・菊川 怜さん
・花村 怜美さん
・貝原 玲奈さん
・平川 怜さん

「怜」の持つ意味は奥深い

怜という漢字には深い意味がある。

誰からも尊敬される存在になってほしい。

そして思いやるのある子に育ってほしい。

そんな思いを込めて名付ける場合が多い漢字です。

男女共に洗練された印象のある漢字です。

やはり親御さんとしては漢字に良い意味のあるものを名付けに使いたい。

そう考えるものです。

その上、爽快感のある響きを持つ漢字。

二つの意味から「怜」は重宝されている漢字の一つなのです。

賢く生きてほしい

スポンサードリンク


今の時代にも響く名前。

「れい」という呼び名で漢字を使う。

漢字一文字だけWでも意味を成す。

「怜」はかなり前から名付けの漢字として人気の文字です。

一昔前の女の子の名前としては「怜子」が人気でした。

「怜」という一文字で名付けることも、長い間、重宝されている名付けです。

海外でも通じる「怜」という名前

やはり「さと」という読みよりも「れい」という響きを持つ読み方。

こちらの方が海外でも通用するイメージがあります。

最近の名づけの傾向を見ると海外でも通じる響きを重要視する動きがある。

これは、グローバルな名前という意味においても通用するわけです。

「怜」という漢字に込めた願い

知的センスにあふれた名前。

この「怜」という漢字にはその思いが見事に込めたレテイルのです。

とにかく漢字には聡いという意味や鋭いという意味もこめられています。

賢く愛情深い人間。

その願いを込めて「怜」を選ぶことで、大人になってからも苦労の少な人生を送ることができる。

親御さんは名前を付けるときに、そこまで壮大なイメージを持つわけです。

漢字のカッコよさ

感じを見ても「かっこいい!」こと。

これは名付けにおいても重要ポイントです。

そもそも、漢字の成り立ちを見てみる。

すると「りっしんべん」=心。

そして右側の「令」は澄み渡るという意味を成すのです。

漢字の成り立ちを見るだけでも使いたくなる漢字。

どこか時代に左右されない素敵さを感じさせる漢字なのです。

親が名前に「怜」を選ぶ理由

ほとんどの親御さんが「れい」という響きを優先しているのです。

その上、漢字にも意味が深い。

それだけでも、十分に名付けの理由になります。

「れ」という響きには、憧れの存在という雰囲気があります。

そこか高嶺の花という印象でしょうか。

これは性別を問わず人気の秘密です。

先頭音に「れ」が付く名前には、知的センスと爽やかさを感じさせる魅力があるわけです。

訓読みでは使いづらい?

「さとい」という訓読みで名前を付ける場合。

少し読みづらいという難点はあります。

それでも、漢字の意味を重要視して名付ける人もいます。

基本的に「怜」の持つ漢字の意味が純粋である。

「怜」にはそのような意味も込められているのです。

「あわれみ」と読む場合も

名付けの場面では「あわれみ」という読みは無視すればよいのです。

逆に言えばあわれみは、人を蔑む言葉の意味だけではありません。

人を褒めたたえるという意味も成すのです。

裏表なく人を純粋に褒める事が出来る。

そこに「あわれみ」という言葉のもう一つの意味があるのです。

まとめ

「怜」は名付けでは長い間人気を保つ漢字です。

読み方も意味も、親としては満足して子供に付けたくなるわけです。

総合的に素敵な漢字の一つとして受け入れられやすい。

そこが魅力です。

名付けに使いたい漢字の中でも「怜」には綺麗な印象があります。

その部分においては、他の漢字に比べて群を抜いて人気の漢字です。