妊娠後期のストレスは胎児に影響を与える?後期から臨月のストレス解消法4選

スポンサードリンク

妊娠後期に入るとお腹がおおきくなることで体が思うように動かなくなることが増えます。

また妊娠期間中は妊婦特有のトラブルに悩まされることも少なくありません。

そんな妊娠後期にストレスを感じる妊婦さんも多いことでしょう。

そこで今回は妊娠後期のストレスについてお伝えします。

  • 妊娠後期のストレスによる胎児への影響
  • 妊娠後期にストレスに感じる事3つ
  • ストレス解消法4選とストレスを減らすためにしたいこと

妊娠後期に入ると出産まであとわずかです。

残りわずかなマタニティーライフになるのですから出来るだけゆったりとした気持ちで過ごしたいですよね。

ストレス解消法を上手に取り入れていきたいですね。

妊娠後期のストレスによる胎児への影響

妊娠中にストレスを感じると心配になるのがお腹の赤ちゃんへの影響です。

では妊娠後期のストレスはお腹の赤ちゃんへどのような影響を与えるのでしょうか?

妊娠後期にママが感じたストレスでお腹の赤ちゃんに影響がある、という研究結果やママのストレスと胎児への影響の因果関係ははっきりしていません。

妊娠初期~妊娠中期では胎児の神経細胞の発生や分裂の時期であるため、この時期に強いストレスを受けると胎児に影響が有るとされています。

胎児の発達障害、精神疾患の発祥のリスクがあがると考えられています。

また統合失調症にかかるリスクやADHD(注意欠如・多動性障害)の発症リスクが増加することも挙げられています。

とはいえよっぽど大きなストレスを感じることが前提条件になります。

妊娠中はどの時期においてもストレスをできるだけ感じないようにすること、上手にストレス発散していくのが良いでしょう。

妊娠後期にストレスに感じること

妊娠後期の妊婦さんはどんなことにストレスを感じているのでしょうか?

  1. 家族との関係
  2. 体重制限
  3. 体がしんどい

旦那さんの妊娠への理解が足りない、両親との関係性で悩むことも多くなるようです。

産後は出産や慣れない新生児のお世話で余裕がなくなります。

妊娠後期の内に夫婦でしっかりと話しあい理解を深めておきましょう。

妊娠後期では赤ちゃんの成長が著しく、体重の増加が気になる時でもあります。

妊娠後期になると出産まで後わずかということで油断して体重が一気に増えてしまったという妊婦さんも多くいます。

体重の増加がきになる、ストレスに感じる妊婦さんは多くいます。

体のしんどさをストレスに感じる妊婦さんも多くいます。

特にお腹が大きくなると、ちょっと動いただけでも息切れがしたり、疲れやすくなったりします。

また妊婦特有の腰痛などを始めマイナートラブルをストレスに感じることもあります。

ストレス解消法選

ストレスを感じたら、上手に発散、解消していきましょう。

妊娠後期の妊婦さんにはどんなストレス解消法がいいのでしょうか?

  • 好きな映画を見る
  • 好きな音楽を聞く
  • 足湯やお風呂にゆっくりつかる
  • 温かい飲み物をゆっくり飲む

ストレス解消には自分の好きなことをするのがいいでしょう。

好きな映画や音楽を聞いて気持ちを切り替えましょう。

時には泣ける映画やドラマを見て涙を流すのも実はストレス解消になります。

足湯やお風呂にゆっくりつかるのもリラックス効果が得られます。

お好みでアロマや入浴剤を使用してもいいでしょう。

(妊娠中には使用禁止のアロマがあるのでアロマを選ぶ時には注意してください。)

温かい飲み物をゆっくりと飲むのもゆったりとした気持ちになれます。

ノンカフェインのコーヒーや紅茶でティーブレイクにしましょう。

ストレスを減らすためにしたいこと

スポンサードリンク


ストレスを感じたら、ストレス解消や発散をすることはとても大切です。

ですが、自分が何に対してストレスを感じ、どうしたらストレスに思わないかを振り返り改善していくことも実は大切なことなのです。

ストレスを感じたらぜひ次の3つのことについて考えてみてください。

  • 何に対してストレスを感じたか?
  • いつストレスに感じたのか?
  • ストレスを感じないために、他の方法はないか?

「夕方にぐずる上の子の相手をしながら晩御飯の準備をすることにストレスを感じる」とします。

この場合、晩御飯の準備を夕方ではなくお昼の内にしてしまうのも良いですし、いっそのこと晩御飯は宅配弁当やスーパーのお惣菜を利用してもいいでしょう。

時間を変えてみる、方法を変えてみることで解決することもありますよね。

家事が進まないことにストレスを感じるのなら、生活家電を頼る、家族に協力をお願いする、宅配弁当を利用する、洗濯を2日に1回にするなど家事のレベルを下げるなど対策をとりましょう。

上の子のお世話にストレスを感じるのであれば、家族に預けたり、一時保育を利用したりするのもいいでしょう。

反対に家事は一切せずに徹底的に上の事あそびまくるというのも良いでしょう。

体重増加がストレスなのであれば、検診の次の日だけはご褒美デーとして好きなものを食べても良い日にする、なんていうのもステキですよね。

妊娠後期は思い通りに体が動かず、ストレスに感じる事が増えます。

自分一人で抱え込まずに、家族に相談、協力を求めることが一番の近道です。

ストレス解消も大切ですが、ストレスの元が何かを考えてストレス自体を減らしていけるといいでしょう。

まとめ

妊娠後期の感じるストレスは特に胎児へ影響を与える可能性は報告されていません。

ですが、妊娠初期~中期でのストレスは胎児へ影響を与える可能性があることが分かっているため、妊娠後期でもできるだけストレスを感じない、溜めないようにするのがよいでしょう。

適度に息抜きをして上手にストレスを発散・解消しましょう。