妊娠後期の寝方はシムス以外はダメ?臨月の寝方7つの注意点とポイント

スポンサードリンク




妊娠後期になるとお腹もだいぶ大きくなり、体制もきついものが増えてきます。

足の爪を切るのがとても大変になったり、靴を履くのも一苦労です。

妊娠前はうつ伏せに横になって本を読んだりできましたが、妊娠後期にはそういった姿勢はとれませんよね。

腰も痛くなるし、大きいお腹を抱えているというのは本当に大変なことです。

妊娠後期の大きなお腹では寝る時の体制も限られてしまいます。

うつ伏せで寝るのはできませんよね。

仰向けも大きなお腹が圧迫して苦しく感じる方もいるでしょう。

妊娠後期の大きなお腹にお勧めの寝方に「シムス体位」というものがあります。

横向きになって楽な姿勢をとる体制です。

妊娠後期の妊婦さんに負担がなく楽な姿勢をと産婦人科医が提唱した体位です。

妊娠後期の寝方はシムス体位以外はダメなのでしょうか?

妊婦さん本人が苦しくなければシムスにこだわることはありません。

しかし、臨月お腹での寝方には7つの注意点とポイントがあります。

  • うつ伏せ寝はNG
  • 仰向けはお腹が張りやすくなる
  • 仰向けは胃を圧迫する
  • 仰向けは仰臥位低血圧症候群に注意が必要
  • 横向寝は左を下に
  • 体勢が辛い時いは抱き枕を使う
  • 自分の楽な姿勢を探す

臨月では大きなお腹で寝苦しいですが、少しでも楽に寝られるように体勢を工夫してみましょう。

臨月の妊婦さんにお勧めの寝方!シムス体位とは?

臨月でお腹の大きくなった妊婦さんは寝るときも体勢がなかなか定まらないですよね。

そんなときにお勧めなのが「シムス体位」という寝方です。

この「シムス体位」という寝方は、アメリカの婦人科医「J・マリオン・シムズ」が提唱した寝方で、妊婦の安楽体位として用いられています。

他にも直腸検査や治療、浣腸などのときに患者さんが楽にできるようにと指示されている体位です。

お腹の大きくなった臨月の妊婦さんでも体に負担をかけずに楽に横になることができる体位で、大きなお腹の負担による体の不調からも守ってくれます。

シムス体位のやり方は

①左を下にして横向きに寝ます。
②左の足をまっすぐに伸ばします。
③右足は足の付け根と膝を曲げる
④お腹に負担がかからない程度にうつ伏せ気味に前に体重をかける
⑤左腕を体の後ろ側に回す

この体制だとお腹が大きくても体への負担を最小限にして寝ることができます。

ぜひ試してみてください。

また、シムス体位ですと大きなお腹に静脈瘤が圧迫されにくくなりますので「仰臥位低血圧症候群」を防ぐことができます。

大きなお腹で寝るのも苦しい臨月!寝る時の注意点やポイントは?

臨月の妊婦さんにお勧めの寝方が「シムス体位」というものでした。

しかし、人によってはシムス体位だと寝にくい方もいるでしょう。

妊娠後期だからと言って、必ずシムス体位で寝なければいけないというわけではありません。

自分が楽な体勢で寝るのが一番良いでしょう。

しかし、妊娠後期でお腹が大きい状態での寝る姿勢には7つの注意点とポイントがあります。

うつ伏せ寝はNG

妊娠後期くらい大きくなったお腹ではうつ伏せで寝るのは不可能です。

自分も苦しいですが、お腹の赤ちゃんも圧迫されてしまうのでうつ伏せで寝るのはやめましょう。

仰向けはお腹が張りやすくなる

仰向けで寝ると大きなお腹に自分が潰されて苦しいですし、お腹が張りやすくなってしまいます。

仰向けで寝る場合は長時間やらないようにしたほうが無難です。

仰向けは胃を圧迫する

スポンサードリンク


仰向けで寝ると大きくなったお腹が胃を圧迫して気分が悪くなることもあります。

仰向けは仰臥位低血圧症候群に注意が必要

妊娠後期の大きなお腹で仰向け寝をするとき、一番怖いのが「仰臥位低血圧症候群」です。

大きなお腹で仰向けに寝ることで静脈が圧迫されて急激に低血圧を引き起こしてしまう状態です。

この状態になると気分が悪くなったり最悪意識がなくなったりします。

横向寝は左を下に

横向きになるときはなるべく左側を下にしましょう。

そうすることで静脈が圧迫されことがなくなり、仰臥位低血圧症候群を防げます。

体勢が辛い時いは抱き枕を使う

横向きに寝ていてもお腹が重くて辛いときは抱き枕を使ってみてください。

抱き枕に手足を乗せることで楽な体勢を維持できます。

自分の楽な姿勢を探す

シムス体位など、お勧めの寝方もありますが一番は自分が楽になれる体勢を見つけることです。

抱き枕などの道具も使って楽に横になれる体勢を探してみましょう。

妊娠後期の仰向け寝は危険?注意点を守って楽な姿勢で寝よう。

妊娠後期、臨月になるとびっくりするくらいお腹が大きくなり、その重さも羊水と赤ちゃんで相当なものになります。

日中の生活もお腹が大きくて苦しくてできないこと、やりにくいことが増えて不便な思いをすることもありますよね。

寝るときもお腹が重くて寝にくい、体勢が辛い、寝返りがうちにくいなど困ったことがあります。

少しでも楽に寝るためにいろいろな寝方をしてみるのも良いでしょう。

シムス体位など妊娠後期の妊婦さんに楽な姿勢を研究して、抱き枕などを使って自分に一番楽な寝方を探してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です