「亮」の意味や由来、読み方って?「亮」を使った男の子・女の子の名前34選

スポンサードリンク

「亮」の意味や由来、読み方って?「亮」を使った男の子・女の子の名前34選

「亮」という漢字は男の子の名前で使う場合。

かっこいい!という第一印象があります。

実際には「りょう」という読み方以外にも、多くの読み方ができるのです。女の子の名前としても利用しやすい漢字です。

「亮」という漢字について

字画数:9画

音読み:りょう

訓読み:あきら、きよし、たすく、とおる、かつ、よし、より、すけ

「亮」の意味について

明らかに、明るいという意味がある漢字です。

明るく思いやりのある人間に成長してもらいたいという願いから名前につける。親としての思いの一つです。

「亮」のつく男の子の名前

・亮(りょう)

・亮匡(あきおみ)

・亮信(あきのぶ)

・亮晴(あさはる)

・亮仁(あさひと)

・亮楽(あきら)

・和亮(かずあき)
・貴亮(きすけ)

・慧亮(けいすけ)

・晧亮(こうすけ)

・駿亮(しゅんすけ)

・創亮(そうすけ)

・考亮(たかあき)

・亮流(とおる)

・亮人(まこと)

・稀亮(まれすけ)

・基亮(もとすけ)

・夕亮(ゆうすけ)

・亮明(よしあき)

・佳亮(よしかつ)

・亮我(りょうが)

・亮佑(りょうすけ)

・亮誠(りょうせい)

・亮汰(りょうた)

・亮麿(りょうま)

・亮哉(りょうや)

  • 男の子に「亮」を使うときの意味

明らかという意味を持つ漢字。

バイプレーヤーとして成功するという意味を持ち合わせる漢字でもあります。

先頭文字として使う場合。また止め字として使った場合も透明感や清涼感を感じさせる。

芸術的な一面を思わせる名前としても使いやすい漢字です。

「亮」のつく女の子の名前

・亮(まこと)

・亮葉(あきは)

・亮穂(あきほ)

・小亮(こあき)

・智亮(ちあき)

・亮花(よしか)

・亮歌(りょうか)

・亮子(りょうこ)

明るく誠実なイメージ

スポンサードリンク


女の子に「亮」を付ける場合。読み方は「りょう」以外でも考えられます。

「あき」という響きで読む場合には、とても快活な印象があります。

「亮」のつく有名人・芸能人の名前

・吉沢 亮さん

・橋本 良亮さん

・森岡 亮太さん

・池松 壮亮さん

・山田 亮平さん

・三津谷 亮さん

・小澤 亮太さん

・錦戸 亮さん

・岡田 亮輔さん

・大谷 亮平さん

・森西 亮太さん

・光永 亮太さん

・藤巻 亮太さん

・瀬川 亮さん

・松嶋 亮太さん

・山里 亮太さん

・遊井 亮子さん

・美濃部 亮吉さん

・木下 亮さん

・深沢 亮子さん

・田村 亮さん

・木之本 亮さん

・加門 亮さん

・堀部 圭亮さん

・谷 亮子さん

「亮」という漢字の持つ意味

名前以外で、日常的に使わない漢字です。比較的男の子の名前に使われることが多い漢字です。

読み方を変化させて個性的な名前を付けるときにも使いやすいさがあります。

明るいという意味

昔より、ある役所の補佐官、という意味を持つ漢字が「亮」なのです。

こにょうな漢字の成り立ちから考えると、正義感にあふれている。

それが伝わってくるわけです。名乗りに使う場合には、同じ「亮」を使っても読み方は、とても」豊富に選べるのです。

  • 人気の響き「りょう」

名前の響きの中でも人気が高いのが「りょう」です。

これは一昔前から瓦に人気を誇っています。今では「りょう」に充てる漢字は豊富にありますがあえて「亮」にも人気が集まっているのです。

漢字としての人気

涼しげでクールな響きと漢字本来の持つ明るさがコラボすると。

そこに人気が高まる要因があるわけです。熟語の中に「亮達」という言葉があります。

それは、明らかに事理に通達するという意味に繋がります。

正義感や真摯なイメージがあることから、亮という漢字は好まれているという背景もあるわけです。

「亮」という漢字と生きる

「けがれ」がなくて明るいという意味。

そしてはっきりとしていることから、聡明なイメージを持ちます。

ポジティブな毎日を送れるようにということから、名付けに使う。このパターンも最近は多いようです。

有名人の名前になぞって

タレントや有名人にも「亮」という名前は見聞きするものです。

ポピュラーな中にも、カッコよさや涼し気な印象を持つ漢字。

これを我が子に付けてみたいと思う親御さんも多いのではないでしょうか。

漢字自体の意味を深く知るという人と、「亮」の持つイメージを先行させて名付けに使う。この2つのパターンが考えられるのです。

  • どことなく人を惹きつける漢字

名前には愛着を持ってほしいと親は考えるものです。

どのような読み方をしても「亮」という漢字を使った名前を付ける。

その子が「亮」という漢字が好きにあればもっと嬉しいものです。

自分を高めることや、人間性を高めるという深い意味も持ち合わせる「亮」を名前に持つ。

前向きでアクティブな漢字を名前に持つことをいつか誇りに思う。

それが、親としてのもう一つの願いでもあるわけです。

数多く「りょう」と読める漢字はあります。あえて、「亮」を選んであげること。

それには明るく元気に育ってほしいという気持ちを込めます。

ポピュラーな漢字を名前に使うこと。これも、名付けのきっかけになるのです。