「凌」の意味や由来、読み方って?「凌」を使った男の子・女の子の名前選

スポンサードリンク

「凌」の意味や由来、読み方って?「凌」を使った男の子・女の子の名前19選

「凌」という漢字には精悍なイメージを持ちます。

同時にクールな印象を与える漢字です。

名前に使うときには男の子、女の子、どちらにも使えるので人気の高い漢字です。

何となくカッコいい♪そんな印象を受けて名前に使う。

親御さんとしても子供自身が名前を気に入ること!そこを重要視する場合も多いのです。

「凌」という漢字の持つクールなイメージは今も昔も変わらず支持されているポイントなのです。

「凌」について

字画数:10画
音読み:りょう
訓読み:しの(ぐ)

漢字の意味としては上に出る、こえる。

という意味があります。

強さを感じる一文字。

この名前を持っている人に受けるイメージ。

それは心身ともに強靭さがあることです。

人生においても困難を切り開くように「こえる」ことができる。

そんな思いを込めて命名する。

「凌」を選ぶ人の思いは道を切り開いて欲しい。

そんな願いが込められているのです。

「凌」を使った男の子の名前

・凌(りょう)
・凌義(しのぎ)
・凌空(りく)
・凌雅(りょうが)
・凌介(りょうすけ)
・凌太(りょうた)
・凌平(りょうへい)
・凌矢(りょうや)
・凌一郎(りょういちろう)
・凌太郎(りょうたろう)

そもそも「凌」という漢字にはクールで鋭いという印象がある。

「氷」という意味も持ち合わせるのでクールさを感じる。

そしてエネルギッシュで頼りがいのある印象も加わる。

男の子の名前としては強い印象があります。

一文字で「凌」を使う場合。

そして漢字を加えて名前を付ける場合。

どちらにしても、響きは男の子らしく行動的なイメージを周囲に与えます。

そこが人気の理由です。

「凌」を使った女の子の名前

・凌葉(しのは)
・凌舞(しのぶ)
・凌理(しのり)
・凌花(りょうか)
・凌香(りょうか)
・凌子(りょうこ)
・凌湖(りょうこ)
・凌沙(りょうさ)
・凌羽(りょうは)

女の子の名前に「凌」を使う。

やはりクールビュティーな印象を与えます。

「りょう」という響きには気品と賢さを感じさせます。

その上、華やかさも加わります。

「しの」と読む場合にも合わせる漢字の選び方で個性が出ます。

女の子の名前の一部でも「凌」は好んで選ぶ人も多いのです。

「凌」の付く名前を持つ芸能人・有名人

スポンサードリンク


・石橋 凌
・成田 凌
・西方 凌
・小園 凌央
・加藤 凌平
・田辺 凌

「凌」の意味について

もともと氷室、厚い氷という意味を持つ。

その意味と同時に、乗り越える、しのぐという意味が有名です。

「凌駕する」という言葉をご存じでしょうか。

よく社会生活の中では聞こえてくる言葉の一つ。

これは他の者よりも一枚上に出るという意味がある。

つまり勝っていることや秀でていることを指す言葉です。

凌という文字にはそのような意味が込められているのです。

人よりも優れた才能や力を持てる子供。

そのような子供に立身出世してもらいたい!そう考えて名前として使うことも多いのです。

「凌」の持つパワーとは?

そもそも「凌」には厳しい氷の山を越えるという意味があります。

一筋縄ではいかない険しさを進んでいく!そこに強さを感じます。

他よりも上に出て、追い抜かすほどの力を持つ。

だからこそ「凌」の意味として一番強く惹かれる部分でもあるのです。

「凌」(りょう)という響き

男の子の名前で「りょう」という響きはそれだけでも男のらしい。

そして文武両道であるイメージを持ちます。

漢字の持つ力というのは不思議なものです。

それを名前に使うだけで、その響きまでも変わってくるのです。

やはり字面にしてもカッコ良い物を感じる。

響きも素敵。

ということで「りょう」という読み方が人気です。

たくましさと力強さ

女の子でも「りょう」という響きの名前は、鋭敏な印象を持ちます。

キャリアウーマンや才女という印象です。

他の読み方で「凌」を使う場合には、個性を強く感じさせるのです。

漢字の意味にこだわった名付け

「凌」は響きも良いうえに漢字の意味が精鋭的です。

子供の名前を決める場合。

漢字から決めるという人も結構多いものです。

特に「凌」の場合には、漢字に惚れ込んで命名すると言う親御さんが圧倒的です。

縁起の良い漢字「凌」

親御さんが好きな漢字を子供に選ぶ。

これはよくあるパターンです。

その漢字に縁起の良さがあれば尚のことです。

やはり「凌駕」という有名な言葉からも縁起の良い漢字であることがわかります。

実力で人よりも頭一つ分、上に立つ。

そんな人生を子供にも送ってほしい。

そんな願いが込められた「凌」のつく名前。

その背景には「力のある人に育ってほしい。」その気持ちを一番強く持つ親心が見えてくるのです。

 まとめ

「凌」は今の時代でも人気の漢字です。

男の子、女の子ともにクールな印象を持つ漢字として、名前を付けるときに候補に挙がりやすい漢字。

前向きな人生を突き進んでほしい。

そう願う気持ちを名前に込める。

名前に「凌」を使うことには大きな意味があるのです。