超時短10分夕飯メニュー♫生協さんの「トントンボール」とカット野菜で作るケチャップ煮レシピ♪

スポンサードリンク
うちハピ

子どもの健康と成長には栄養価が高い&安全な食材が必要です。

そうなるとすべて「手作り」が理想的ですよね。

でも、それを実現するのってカンタンなことではありません。

なにせ、家事や育児に毎日忙しくしているとどうしても時間が無くなってしまい、「手づくり」からどんどん遠のいてしまうことも珍しくありません。

そこで、可能な限り安全で手軽に栄養が取れる方法はないものかと試行錯誤しつつ、「これだ!」と思える半惣菜をあれこれ探しています。

そんな取り組みの中で出会ったのが「生協さんのトントンボール」。

冷凍の半惣菜で、温めるだけでも食べる事ができますし、酢豚のお肉の代用品として、そのまま揚げて肉団子としてなどなど、ホントに活用の幅が広くて助かっています。

そんな便利なトントンボールを使って私があれこれ取り組んだメニューの中から、今回は超時短で仕上がる「生協さんのトントンボール&自家製カット野菜でつくるケチャップ煮」を紹介します。

パパッと10分もあれば完成しますので、良かったら取り入れてみてくださいね♪

「生協さんのトントンボール」とカット野菜でつくるケチャップ煮

毎日スローに夕飯の準備をしたい。これが私の理想の姿。ですが現実は「今日はホントに時間がない!」と、ほとんど毎日がそんな調子の私デス。(~_~;)

そんな私を助けてくれるのが「生協さんのトントンボール」です。

今日はその頼れるトントンボール&自家製カット野菜を合わせて作るケチャップ煮を紹介します。

10分もあれば完成しますので、「やばい!時間がない!」と、そんな時の切り札にいかがですか?

さっそく作っていきましょう。

トントンボールのケチャップ煮に必要なキッチンツール
  1. 料理ばし
  2. フライパン
  3. ラップ
  4. キッチンタナー

必要なキッチンツールは全部で4種類だけでOKデス。特別なツールも必要ありませんので、手軽に調理できますよ~♪

トントンボールのケチャップ煮に必要な材料

※大人3人、子ども2人の材料として書いています。

≪食材≫

  1. 生協さんのトントンボール×1袋(500g入り)
  2. 玉ねぎ×1~1.5個分くらい(自家製のカット野菜を活用します)
  3. ニンジン×1本分くらい(自家製のカット野菜を活用します)
  4. レタス×5枚

≪調味料≫

  1. ケチャップ×50ml~(必要に応じて味を見ながら追加します)
  2. ウスターソース×適宜
  3. 中農ソース×適宜
  4. 料理酒×50ml
  5. お砂糖×適宜
  6. ドライパセリ×適宜

食材はトントンボールと野菜2種類、添えるためのレタスと合わせて4種類だけでOKです。

ただ、これはたまたま冷蔵庫にあったから使っていますので、これ以外の食材でも全然大丈夫です。

後半でおすすめの食材を紹介しますので、入れる野菜に迷ったら参考にしてみてくださいね♪

そして調味料は全部で5種類、ドライパセリはなくても、フレッシュパセリや大葉などでもOKです(*^_^*)

ほとんどの食材は一般的なものばかりですが、生協さんのトントンボールは知る人ぞ知るという半惣菜。

知らない人のためにちょっとだけふれておきますね♪

生協さんのトントンボールとは?

生協さん発トントンボールは完成した状態の肉団子で冷凍食品です。

豚肉&鶏肉で作られていて、温めればそのまま食べる事ができますし、料理の素材としても活用できます。

内容量は 500gも入っていてなんと298円でした。(価格は変動ありかもですのでご注意ください<(_ _)>)

小ぶりな肉団子が個数にすると50くらい入っていますので、1回の夕飯では食べきれないかもしれません。

そう考えると、超コスパ食材だともいえそうです。

冷凍保存で 1年間の消費期限ですので、「食べられなかった」何て心配はなさそうですね(*^_^*)

参考元:COOP WEB Labo トントンボール

うちハピ

便利で安価、簡単で美味しい生協さんのトントンボールは1袋買っておくといざという時にホントに役立ちます。オススメ♪

トントンボールのケチャップ煮の調理ステップ
  • ステップその1:食材を準備します。
  • ステップその2:トントンボール&カット野菜を加熱調理&味付けします。
  • ステップその3:お皿に盛り付けます。

トントンボールのケチャップ煮の調理ステップは全部で3工程。

食材全部を冷蔵庫から出して、加熱調理したら完成。お皿に盛り付ければすぐに食べる事ができます。

調理時間は長く見積もっても10分程度。

たったそれだけで超カンタンに夕飯の1品が完成デス♪

後は小鉢&汁物さえあれば完璧♪ですよね。

では、さっそく見ていきましょうね♫

ステップその1:食材を準備します。

スポンサードリンク


まずは食材の準備から。

まずは主役のトントンボールです(*^_^*)

全部はちょっと多いのですが、作っておけば明日か明後日あたりのランチにもなりますので、今日は全量を使います。

お皿に入れてレンジでチン。

中まで温めておきたいので、ここは60℃に温めておきます。

温めている間に自家製カット野菜を準備しておきます。

今回使うのはまずは玉ねぎ。

繊維に沿って1~2mm程度にスライスしています。

次はニンジン。

定番の太めの千切りです。

野菜はそれぞれ生でも食べられるものですので、煮込む時間はごく短時間でもOKです。

我が家は小さな子どもがいますので、ちょっと長めに煮込んで食べやすくしておきます。

食材の準備はたったこれだけ。

時間にして1~2分といったところです。

材料の準備のポイント
  • トントンボールは中まで温めておくと煮込みの時間を短縮できます。

ステップその2:トントンボール&カット野菜を加熱調理&味付けします。

スポンサードリンク


ここからは食材の加熱調理デス♪

調味料を準備しましょう。

まずはケチャップ50mlと料理酒50mlを計量カップで合わせておきます。

合わせた調味料と水100mlをフライパンに入れて一度煮立たせます。

こうすることでケチャップの酸味を飛ばしています。

準備した玉ねぎとニンジン全量を入れて煮込みます。

ここで、ウスターソース&中農ソースを投入デス(*^_^*)

こうすることでコクが加わります。

分量は好みでOK。甘みを強く引き出したいなら中農ソースを多めに、スパイシーに仕上げたいならウスターソースを多めに入れます。

私はそれぞれ大さじ半分程度を入れてから、味見をしつつ調整&追加します。

さらに、甘みが足りないならお砂糖を少しずつ入れて味を調えていきましょう。

チンして温めておいたトントンボールも入れていきましょう♪

全体をからめる様にしながら再度煮込みます。

最後に味見&必要に応じて味を調えれば完成です。

材料を煮込む時のポイント
  • ケチャップやソースの酸味が気になる場合は煮込んでいくと酸味が少なくなります。
  • 野菜を一緒に煮込むとさらに味がマイルドに仕上がります。

ステップその3:お皿に盛り付けます。

スポンサードリンク


器にレタスと出来上がったトントンボールのケチャップ煮を盛り付けて、ドライパセリをパラパラ。これで完成です!

甘くてちょっとだけ酸っぱくて、子どもの大好きな味に仕上がっていると思います。

濃い味に仕上げればレタスとの相性もご飯との相性もばっちりですよ~。

楽ちんメニューだけどとっても美味しいよ♪たくさん食べてね(*^_^*)

トントンボールのケチャップ煮に入れると美味しい野菜

ここからは、トントンボールのケチャップ煮に入れると美味しい野菜を紹介します。参考にしてみてください<(_ _)>

トントンボールのケチャップ煮に入れると美味しい野菜
  • 玉ねぎ
  • ニンジン
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • パプリカ(赤、黄色、オレンジ)
  • アスパラ
  • キャベツ
  • ジャガイモ
  • ピーマン

などなど

トントンボールのケチャップ煮はカット野菜さえあれば10で完成するお助けメニューです(*^_^*)

トントンボールと自家製カット野菜で作るケチャップ煮の紹介でした。

毎日忙しくしていると、どうしても時短メニューに頼りたくなることがありますが、それってごくごく普通のこと。

いえ、むしろそれこそ頑張っている証拠デス。

そんな時には生協さんのトントンボールで作るケチャップ煮を思い出してください。

10分くらいでできる上に案外美味しくて、子どもに喜ばれる味に仕上がっています。

頑張っているママのお助けメニューに、良かったらリストアップしてみてくださいね♪

うちハピ