妊婦は整体に行っちゃダメ?妊娠中のマタニティ整体の影響と効果5ポイント

スポンサードリンク
うちハピ

産後の骨盤ケアで整体に通われている方は、一般的に多くいらっしゃいますが、最近では、妊娠中の骨盤ケアや腰痛、恥骨痛、股関節痛、むくみ、肩凝りなどのマイナートラブルのケア、逆子や早産を防ぐためにマタニティ整体を受ける妊婦さんが増えてきました。

しかし、妊娠中の身体はとってもデリケートなので、「本当に整体を受けてもいいの?お腹の赤ちゃんに影響はないの?」と不安になるかもしれません。

そこで、今回は、妊娠中でも安全にマタニティ整体を受けて頂くための5つのポイントをご紹介します。

・マタニティ整体とは

・マタニティ整体の目的や効果

・安全なマタニティ整体院の選び方

・いつから施術を開始したらいいの?

・どの位の費用がかかるの?

マタニティ整体を利用する際は、5つのポイントを参考に、安心、安全な施術を受けて下さいね。

・マタニティ整体とは

マタニティ整体は、妊娠中の身体のことを詳しく理解している整体師の方が行うマッサージですので、通常の整体とは異なります。

そのため、一般の整体院では施術を受けられない場合があります。

安心して施術を受けるためにも、事前に妊娠中であることを伝え、施術を受けられるかを確認してみて下さいね。

お腹の赤ちゃんに負担を掛けないように、妊婦さんの身体の状況を確認した上で、仰向けや横向けになって、身体の筋肉をマッサージで揉みほぐしながら、骨盤の歪みを整えたり、腰痛などの痛みを改善していきます。

もし、施術中に痛みが出たり、お腹が張るなど体調が思わしくない場合は、お腹の赤ちゃんのためにも無理をせず、途中で控えるようにしましょう。

うちハピ

・マタニティ整体の目的や効果

妊娠3ヶ月頃から、リラキシンという女性ホルモンが分泌されます。

リラキシンには、赤ちゃんがスムーズに産道を通り抜けられるよう、骨盤の関節や靭帯を緩める効果があるため、出産には必要不可欠なものとなります。

しかし、リラキシンの分泌量が増えることによって、骨盤の下の方にある、左右の骨盤をつなぐ恥骨結合という部分が緩んでしまい、身体を支えることが困難になってしまいます。

そのため、骨盤周辺の腰に負担を与えてしまうので、腰痛や恥骨痛などを引き起こしてしまうのです。

マタニティ整体には、骨盤の歪みによって引き起こされた腰痛や股関節痛、恥骨痛、尿漏れなどの改善、切迫早産を防止する目的があります。

その他にも、肩こりや浮腫み、頭痛の改善、逆子の防止効果にも期待できるとされています。

・安全なマタニティ整体院の選び方

整体師は、鍼灸師や柔道整復師などと違って国家資格を保有しませんので、最近では、多くの整体院が街中に溢れています。

数ある整体院の中から安全なマタニティ整体を選ぶのも中々大変ですよね。

また、妊娠中の身体はとってもデリケードですし、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性が高いです。

継続して施術を受ける場合は、毎回違う整体師さんに診てもらうより、身体の状況をきちんと把握している1人の整体師さんに診てもらう方が安心です。

施術の腕が良いのはもちろんですが、知識も豊富で何でも相談でき、信頼のできる整体師さんに診てもらうことをお勧め致します。

痛みや揉み返しが強いなど不快な思いをした場合は、なるべく控えるようにしましょう。

・いつから施術を開始したらいいの?

妊娠初期の場合は、まだ胎盤もできていなく、とても不安定な状態です。

整体の施術により母体やお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がありますのでお勧めはしません。

しかし、妊娠初期でも施術を受けられる所もありますが、必ず掛かりつけの医師に相談をし、許可を貰ってから受けるようにしましょう。

妊婦さんが、マタニティ整体を受けるのは、胎盤が出来上がってきた妊娠16週目以降の安定期に入ってからの方がいいでしょう。

しかし、安定期に入っているからと言っても、やはり妊娠中の身体は、とても敏感です。

必ず事前にお医者さんに許可を貰ってから受ける方が安心です。

その日によっても体調は異なりますので、整体師さんに相談しながら、その日の身体の状況にあった施術を受けるようにしましょう。

また、いつまで受けていいのかは、掛かりつけのお医者さんと整体師さんと相談をして決めて行きましょう。

妊娠後期になると、お腹が大きくなり、整体院まで通うのも難しくなってきます。

場所によっては、自宅まで出張してくれるところもあるので上手に利用して行きましょう!

・どの位の費用がかかるの?

スポンサードリンク


整体の種類や時間、場所によって変わりますが、1回5,000円〜10,000円位です。

この他に、初診料や出張料などプラスされる所もありますので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。

また、マタニティ整体は、妊娠中の身体のケアとなり、病気や怪我には当たりません。健康保険は使えないことが多いので注意しましょう。

まとめ

妊娠中は、お腹が大きくなるのとともに、思い通りに身動きが出来なくなったり、マイナートラブルも増えて、妊婦さんはストレスが溜まりがちです。

マタニティ整体には、身体の改善だけでなく、リラクゼーション効果もあります。

マタニティ整体を上手に活用して、心も身体も豊かにするマタニティライフを過ごしてみませんか?

うちハピ