妊婦は正座をしちゃダメ?妊娠中の辛い正座4つの注意点と楽な解決策

スポンサードリンク

突然ですが、皆さんはどのように座っていますか?

もしかしたら、その座り方では骨盤が傾いているかもしれません。

妊婦さんにとって綺麗な形の骨盤を保つことは安産への第一歩です。

歩き方や立ち方の姿勢も大切ですが、座るときはどのような座り方が良いのでしょう。

椅子やソファに腰かける時、そして床に座るときのおすすめの座り方を知っておくことで、綺麗な形の骨盤作りに繋がります。

今回は日本人ならではの「正座」についてご紹介します。

「正座って妊娠中にしたら身体に負担がかかるの?」

「もっと楽に正座ができるようになりたい!」

など、正座について知りたい情報をお届けします。

  • 妊婦は正座をしてよいのか。
  • 妊娠中には良くない姿勢や座り方は?
  • 正座をするときの注意点
  • おすすめの便利グッズ

妊娠中の座り方や腰痛、骨盤の形などに疑問や不安を持たれている方の参考になれば幸いです♪

それでは、ひとつずつ見ていきましょう!

妊娠中の正座はいいorダメ?

まず、妊娠中に正座をしても良いのかどうかという点から。

正座は辛いという人もいるので悪いイメージがあるかもしれませんが、

妊娠中は、むしろ正座をした方が『骨盤に良い!』という答えです。

正座をすると、骨盤がしっかりと両足に乗り、体重をバランスよく支えることができます。

また、自然と背筋がピーン!と伸びるので綺麗な姿勢を保つことができます。

正座は妊娠中にもおすすめな座り方なのです。

この他に、「あぐら」の座り方もおすすめです。

マタニティヨガでも「平和のポーズ」として推進されています。

こちらも左右バランスよく座ることができ、さらに骨盤を開く形になるので骨盤周りの筋肉を鍛えることができます。

ということで、妊娠中のおすすめの床への座り方は『正座』『あぐら』です。

関連記事⇒妊婦はあぐらをかいても大丈夫?妊娠中の胡坐の影響と4つの注意点

妊娠中に避けるべき座り方

妊娠中に良い座り方をご紹介したのですが、おすすめできない座り方もあります。

まずは体育座りです。お腹を足で圧迫することになるので、苦しくなってしまいます。

次に横座りです。両足を片方に崩すので、骨盤も姿勢も傾き、身体全体のバランスが悪くなってしまいますね。

さらに、良くない例で最も多いのがペシャンコ座り、または女の子座りです。

正座を崩してペチャっと両方に崩した座り方は、骨盤が緩むような姿勢になるので良くありません。

椅子に座るときの足を組む座り方も骨盤が傾くため避けましょう。

以上のことから、良くない座り方は『体育座り』『横座り』『ペシャンコ座り』『足を組みながら座る』です。

普段何気なくやってしまっている場合もあるので、意識的に気をつけましょう。

正座するときに注意したい4つのこと

では次に、妊婦が正座をしたときに特に注意してほしいことをご紹介します。

ポイントは以下の4つです。

①長時間の正座は禁物

スポンサードリンク


個人差にもよるのですが、長時間の正座はあまりよくありません。

足の血管を圧迫し、足がむくみやすくなるからです。

目安としては、普段足がしびれる時間の5分前からやめるようにしましょう。もっと早くても良いです。

実際にしびれがわかる”5分前”となると難しく感じますが、「しびれそうだな」と思ったらやめるのが安心ですね。

とにかく、足が痺れる前に一旦足を崩すこと。

葬儀やお仕事などで座りっぱなしの場合は、1時間に1回5分ほどの休憩をすると良いでしょう。

足を伸ばしたり、立ち上がって軽く歩いたり、足をマッサージして血行をよくしてくださいね♪

②締め付ける洋服はNG

座り方だけではなく、洋服にも注意をしましょう。

お腹周りをきつく締めるようなズボンやスカートを履いて正座やあぐらをかくと、お腹が圧迫されてしまう可能性があります。

ヨガや体操に向いているストレッチ素材の洋服や、マタニティ服を着ることをおすすめします。

③ただ正座するだけでは効果半減

正座をする際に猫背になってしまうと、背筋が曲がり、姿勢が悪くなってしまいますよね。

椅子やソファに座るときも同様ですが、背筋をピンと伸ばすことが大切です。

猫背気味の方は、肩幅を広げることと、顎を軽く引いて首筋を伸ばすことを意識しましょう。

意識するだけで自然と背筋が伸びてくるので、よい姿勢のことを頭の片隅に置いておいてくださいね。

④無理して正座をしない

単純に正座ができない人もいます。

正座ができない、あぐらがかけないという人が無理に正座をしようとすると、逆に姿勢が崩れて骨盤やお腹に負担をかけてしまう場合があります。

無理に正座をする必要はありませんが、骨盤周りの筋肉を鍛え身体の柔軟性を付ける為に、適度な運動やストレッチを心がけましょうね♪

正座や床座りが辛くなってきたときの対処方法

妊娠後期や体調が悪くなってきたときに、長時間の正座や座ること自体が辛くなる時があります。

そんなときには、いろいろな便利グッズで気持ちよく座れるよう工夫してみませんか?

おうちでは大きめのビーズクッションがおすすめです。

お尻や骨盤の形にフィットしてくれるので楽に座ることができます。

また、外出用には持ち運びできる携帯クッションが便利です。

折りたたみクッションや小さめのクッションが販売されているので、心配な方は持ち運んでおくと安心ですね。

クッションがない場合は、座布団やタオルケットを下に敷くと楽になりますよ。

タオルケットはクルクルと撒いて、正座した足の間に挟むと邪魔せず楽に座れます。

正座椅子も楽なので、身近にあるものや使いやすいものを選んでみてはいかがでしょう。

腰痛が気になる人は、骨盤ベルトを着用してから座ると痛みが少ないので試してみてくださいね。

まとめ

妊娠中の正座は、安産にも繋がるのでどんどんしてください♪

ただし、長時間座らない、きつめの洋服を着ない、背筋を伸ばす、無理にしないことに気を付けて、

正座が苦しいときは、色々な便利なグッズも活用しながら工夫しましょう。

椅子に座って、お尻が痛くなる、恥骨痛がするときにも正座のほうが気持ちよく座れますよ。

関連記事⇒妊婦と恥骨痛〜妊娠中の恥骨痛の原因や影響と4つの対策・予防方法