せんべいの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と6つのメニュー

スポンサードリンク

子供も大人も大好きなお菓子、せんべい。

パリッとした食感と、塩や醤油の味付けは日本人が大好きな味、昔からある人気のおやつです。

せんべいは袋を開けると、どんどん劣化してしまうので、保存するときはパリッとした食感を損なわないように、保存するのが大切です。

せんべいは長持ちするイメージですが、開封して残ったせんべいはどのくらい保存できるのでしょうか?またどうやって保存すればいいのでしょうか?
ここでは、せんべいをいつまでもおいしく食べられるように、せんべいの保存方法と消費期限、おすすめのせんべいのメニューを紹介します。

 せんべいはどのくらい日持ちする?賞味期限は6ヶ月!

せんべいは長持ちするイメージなので、あまり賞味期限を気にしない人が多いのではないでしょうか?
確かに長持ちする製品が多いですが、一度開封すると劣化が早くなりますし、賞味期限ギリギリに食べると、風味が落ちてしまう可能性もあります。

また、せんべいの種類によっても賞味期限は変わってきます。

通常売られているせんべいは3ヶ月~6ヶ月、揚げせんべいは2ヶ月~4ヶ月、ぬれせんべいになると15日~60日程度の賞味期限になります。

濡れせんべいは、賞味期限が極端に短くなるので注意が必要。

購入するときは、袋に記載されている賞味期限が遠いものを選ぶようにしましょう。

 せんべいの保存方法!

せんべいは袋を開ける前はそのまま常温保存で大丈夫です。

では、開封した後はどういう風に保存したらいいのでしょうか?
せんべいの正しい保存方法について紹介します。

 せんべいの正しい冷凍保存方法

せんべいは一度開けると、湿気てしまう可能性が高いので、すぐに食べないなら冷凍保存がおすすめ。

冷凍庫は湿気がなく冷暗所なので、せんべいの保存に最適なのです。

冷凍庫に保存するときは、冷凍用の保存袋に入れて二重にして、しっかりと封を閉じ、保存します。

冷凍庫に入れておくと湿気ることも凍ることもなく、そのまま冷たいおせんべいとして食べることができます。

凍ったままアルミホイルにのせてオーブンで焼くと、香ばしいおせんべいが食べることができます
せんべいの冷凍保存の目安は1ヶ月です。

 せんべいの正しい冷蔵保存方法

せんべいは冷蔵での保存がむいていません。

冷蔵庫の中は意外と湿気が高いので、おせんべいが湿気てしまいます。

せんべいは、常温で保存するか、長期間食べないときは冷凍して保存してください。

 その他の方法

せんべいは開封前、開封後、基本的に常温保存で大丈夫です。

ただ、保存する場所は気をつけてください。

直射日光が当たらず、涼しい場所、湿気がない、高温にならない場所に保存する必要があります。

台所は、湿気が多いので避けたほうがいいですね。

開封後は、湿気ないように缶や保存袋など、密封できる入れ物に入れ替え、乾燥剤を入れてしっかり密閉して保存しましょう。

日本の気候は季節によって、大きく湿度が変わります。

特に梅雨の時期は湿度が高くなるので、気をつけて保存してください。

 ワンポイントアドバイス

湿気てしまったせんべいも、電子レンジやオーブントースターで乾燥させることで、またパリパリのおいしいせんべいがよみがえります。

アルミホイルの上にのせて、トースターで少し焼くと湿気がとび香ばしさが増します。

またラップをしないで、レンジにかけると水分が飛んでせんべいが復活します。

レンジにかける時間は数十秒くらいで大丈夫です。

 冷凍しておいたせんべいを使った3つのメニュー

スポンサードリンク


冷凍してもせんべいはパリパリなので、そのまま食べることができます。

おせんべいを使った料理を紹介します。

 せんべいから揚げ

おせんべいがあまってしまったときにもおすすめのメニューです。

【材料】
鶏もも肉 2枚
せんべい 適量
薄力粉 大さじ3
ベーキングパウダー 小さじ1
水 適量
卵 1個
★ 酒 大さじ2
★ 醤油 大さじ1
① 鶏肉を一口大に切って★の材料と一緒に袋に入れてよくもみ、3分以上寝かせます。

② せんべいはジップロックに入れて、すりこ木で細かくたたいておきます。

③ おせんべいと薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜ合わせます。

下味をつけた鶏肉の袋に卵を入れてよくもみます。

④ せんべい粉を入れて、もみこんでおきます。

⑤ フライパンに油を1cmくらい入れて、180度くらいにして狐色に揚げます。

 せんべいコロッケ

ポテトサラダとおせんべいで、簡単さくさくコロッケです。

【材料】
残りのポテトサラダ
せんべい(塩味)
小麦粉 大さじ3
水 大さじ1.5
① 残りのポテトサラダを、小さめの俵型に丸めます。

② 冷凍したおせんべいは、電子レンジで乾燥させ、袋に入れて手で砕きます。

③ ①のポテトサラダを、小麦粉と水をといたものにくぐらせて、砕いたおせんべいをまぶします。

④ 揚げ油を170度に温めてさっと揚げます。

軽く色がつけばOKです。

 せんべい汁

子供も大好きなせんべい汁です。

【材料】
鶏肉 1/2枚
高野豆腐 1枚
干ししいたけ 2個
ネギ 1/2本
ごぼう 1/2本
にんじん 1/2本
キャベツ 1/8個
しめじ 1パック
しろせんべい 適量
★ だしの素 大さじ2
★ しょうゆ 大さじ1
★ めんつゆ 大さじ2
① 干ししいたけと高野豆腐は戻しておきます。

② ごぼうは皮をこそげとって、薄切りにして酢水にさらしあく抜きをします。

③ 鶏肉は一口大に切って、戻した高野豆腐、しいたけ、その他の野菜も食べやすい大きさに切ります。

④ 鍋に材料をすべて入れて、水をいれ★の調味料を入れて蓋をして煮ます。

⑤ 野菜が煮えたら、せんべいを割って煮ます。

⑥ せんべいが柔らかくなったら出来上がりです。

 せんべいの作り置きメニュー

せんべいはそのままでも保存がきくお菓子ですが、手をかけて作り置きメニューを作ることもできます。

おすすめのせんべいの作り置きメニューを紹介します。

 かきもち

市販のせんべいもおいしいですが、自分で作るせんべいもおいしいです。

作って保存するときは、冷凍すると長く保存できますよ。

【材料】
切り餅4個
さくらえび 適量
青のり 適量
塩 適量
① もちは2mmの厚さに切って、ざるに広げてよく乾燥させます。

② 桜海老はフライパンでから煎りして、すりつぶします。

③ 揚げ油を中温に熱して、もちをからりと揚げて油を切って、熱いうちに桜海老、青のり塩をまぶして出来上がり。

もちはしっかり乾かしてから揚げてください。

水分が抜けていないと揚げたときに水分がはねます。

 チーズしらすせんべい

変わった素材をせんべいにしてもおいしいですね。

【材料】
しらす干し 50g
いりごま白 大さじ1
ピザ用チーズ 100g
さくらえび 適量
青のり 適量
① しらすせんべいを作ります。

しらす干しといりごまを混ぜ合わせて。

ラップで包んでめん棒を転がして薄く延ばします。

② ラップを広げて電子レンジで2分~2分30秒加熱して乾燥させます。

③ チーズせんべいを作ります。

電子レンジにクッキングシートを敷いて、チーズを大さじ1ずつおきます。

半分には桜海老を乗せ、半分は何ものせないで、同じく電子レンジで加熱します。

④ 何ものせていないほうに青のりをかけて出来上がり。

 ご飯せんべい

スポンサードリンク


ご飯で作る甘くないおせんべいです。

【材料】
ご飯 適量
クッキングシート 2枚
揚げ油 適量
塩 お好みで
① 火やご飯をクッキングシート2枚の間に挟み、棒で伸ばしてご飯がつぶれるくらい伸ばします。

② 濡らした包丁で好みの大きさに切ります。

③ フライパンに2cmくらいの厚さに油を入れて、かりっと揚げます。

④ 表面が固くなったら出来上がり、塩を振って食べます。

 まとめ

せんべいは、長い間保存できるイメージですが、種類によって保存期間が違いましたね。

また湿気に弱いので、保存する場所に注意してください。

せんべいのおいしさは、なんといってもパリパリ感!
湿気の多い季節は、冷凍庫で保存するのがおすすめです。

湿気たせんべいを復活させる方法も紹介していますので、参考にしてくださいね。