シェーン英会話の評判って?子供は受講できる?英会話スクールの料金と勉強方法

スポンサードリンク
うちハピ

突然ですが新たにママになった皆さんに質問があります。2020年度に学習指導要領が改訂されることをご存知ですか?

学習指導要領とは文部科学省が、全国の小中学校や高校で学ぶべき内容を示したものです。小中学校は学習指導要領にもとづいて授業をおこないます。

2020年の学習指導要領の改訂で、特に注目されるのが英語学習で求められる内容の変化です。英語教育の大きな変更点は二つあります。

一つ目の変更点は学校で英語を教えるのが、小学校3年生からに前倒しされるということです。より早い年代から子ども達を英語に触れさせるのが狙いでしょう。

二つ目の変更点は、これまで重視されてきた『読む』『書く』『訳す』だけでなく、『聞く』『喋る』『相互に会話する』能力がより重要視されるようになります。

これからの時代、お子様達は少しでも早く英語に触れることと、実践的な会話ができる能力が求められるのです。

お子様の将来を見据えた英語・英会話教育を受講させようとするならば、シェーン子ども英会話が一つの選択肢になるでしょう。

シェーン子ども英会話はどのような英語教室なのでしょうか。料金はどのくらいかかって、どんな勉強方法で子ども達に英語を教えているか見てみましょう。

目次

シェーン英会話とシェーン子ども英会話

そもそもシェーン英会話というと、大人向けの英会話教室ではないのかという疑問が頭に浮かぶかもしれません。

確かにシェーン英会話は大人の生徒もたくさん通っている英会話教室です。ビジネスや旅行、海外留学で使える実践的な英語を学びたい大学生や社会人の皆様が、ネイティブの先生の指導を受けて確かな英語力や英会話力を身につけています。

しかし、シェーン英会話は大人だけの塾ではありません。シェーン子ども英会話と呼ばれる子ども向けの英会話レッスンもおこなっているのです。

大人が実戦で使える英語を教える実績を持ったシェーン英会話による、シェーン子ども英会話の特徴はどのようなものなのか、これから見ていきましょう。

シェーン子ども英会話の5つの特徴

シェーン子ども英会話の特徴を見てみましょう。是非、英会話教室を選ぶ基準にしてください。

子ども英語指導の専門技能を磨いたネイティブ講師

シェーン子ども英会話の講師は原則ネイティブの先生が担当。授業中は日本語は一切無し。英語だけの空間で、子ども達を英語に親しませます。

もちろん、単に英語ネイティブというだけでシェーン子ども英会話の講師になれるわけではありません。英語指導の国際資格を有している講師が多数在籍していますし、全ての講師は56時間におよぶ独自の英語指導コースを修了することが義務づけられています。

ネイティブの英語教育の専門家達が、あなたのお子様の英語力向上を導きます。

楽しいから続けられる。体験できるから続けられる

シェーン子ども英会話の授業は、『英語って楽しい、面白い、もっと話せるようになりたい』と子ども達が心から思える工夫がいっぱいあります。ネイティブ講師のリアルな英語を聞きながら楽しく学べるのです。

英語教育で最も大切なことは、続けられることです。それも、親や講師にいわれて嫌々続けるのではなく、心から『英語が楽しい』、『英会話が楽しい』と感じて続けるのが理想です。

学習者が大人の場合『必要だから』という動機でもある程度まで英会話力は向上します。仕事で必要と必死になれば、つまらなくても効率よく勉強できるでしょう。

しかし、子どもの場合は将来の目標の前に、まず、今楽しく学べることが大切なのです。どんなに優れた学習内容を提示しても、途中でお子様が嫌になってしまっては、学習効率は一気にダウンしてしまいます。

シェーン子ども英会話では、英語や異文化交流の楽しさを子ども達がたっぷり味わえる工夫が盛りだくさんです。

ネイティブ講師と生徒・保護者の間に立つ日本人スクールカウンセラー

授業はネイティブ講師にお願いするとしても、お子様の指導内容の相談や、困りごとの訴え、将来の目標などについてのお話は、日本人としたいですよね。

シェーン子ども英会話では日本人のスクールカウンセラーが教室に常駐しています。保護者の皆様や実際に学ぶお子様とネイティブの講師との間に立って、授業方針などの相談に応じてくれます。

予算や目標に合わせた授業計画を、日本人スクールカウンセラーと一緒に立てることもできます。他にもお子様の様子を見ていて心配なことがあったら、なんでも日本語でお気軽に相談できます。

『振替』、『転校』も可能な通いやすいシステム

スポンサードリンク


お子様が急に熱を出してしまったなどでレッスンをお休みをしたとき、別の日に振替できるシステムがあります。だからレッスン料が無駄にならず、休んだために授業で置いてきぼりになってしまうこともなく、お子様はずっと通い続けることができるのです。

うちハピ

シェーン英会話は全国に210校展開中。急な引っ越しによる転校にも対応しやすく、お父様の転勤が決まったからこれまでのレッスンが無駄になってしまったなんていう事態を極力減らすことができます。

また、お支払い方法は月謝制が原則ですから、初回に半年分や1年分を一度に入金する必要はありません。

国際基準の第三者委員会が認定しているから安心して任せられる

シェーン英会話は日本の語学学習塾としては初めて国際基準であるISO29990とISO29991の両方の認証を取得しました。これは国際的にも健全で実績のある英会話教室だと認められたからこそ実現できた認証です。

また、シェーン英会話は全国外国語振興協会に加盟して、倫理規定厳守を徹底しています。

国内的にも、国際的にも認められた英会話塾ならば、お子様達を安心して預けることができるでしょう。

年齢・目的別コースと勉強法ご紹介

シェーン子ども英会話では、年齢やレベル、目的に合わせて様々な授業をご用意しています。

2~4歳の幼児を対象とした『Play』

シェーン子ども英会話は、2歳児から英会話教育を受けることができます。世の中に英会話学校は様々ありますが、2歳から受け入れている教室は珍しいのではないでしょうか。

英会話の学習開始は早ければ早いほど効果的と言われます。シェーン子ども英会話の『Play』教室では2~4歳までのお子様を対象として、週1回40分の授業をおこないます。

『Play』で重視されるのは英語を聞く力。簡単な挨拶や単語を聞き分け、英単語の音を自分のものにしていきます。

小さなお子様でも楽しめるよう、絵本を使った読み聞かせやアクティビティ(遊び・活動)を通してネイティブ講師の発音を自然と自分のものにしていく工夫が盛りだくさん。

日本語ではなく英語だけの世界でお友達との協調性を身につけながら、お子様達は学んでいきます。

5~6歳のお子様を対象とした『Kinder』

5~6歳のお子様を対象とした『Kinder』では、身近なものの単語を言えるようになることが第一目標。子ども達にとって馴染みやすい、食べ物や動物などの英単語を聞き取り、話せるようになります。

英単語を身につけるとともに、短くシンプルな文章を聞き分けて、自ら発話できるようになる訓練を積みます。また、この年齢からアルファベットや簡単な単語を書く練習も始まります。

自分で考えて英語を喋れることを目指す、小学生向け英会話

スポンサードリンク


小学校低学年ではロールプレイング、つまり仮の状況を想定して演じることを通じて、質問と答を英語で聞き取り、表現する力を養います。

教科書に書かれている答を丸暗記したり、講師の話した英語をオウム返し的に繰り返すだけではなく、自分なりに考えた思いを英語にする訓練を積んでいきます。

2020年に施行される新学習指導要領では小学校でも3年生から英会話の授業が始まります。できれば2年生までには、お子様が何らかの形で英会話の経験を積んでいると授業が楽しくなるでしょう。

小学校高学年になりますと、少しずつ文法の項目が増えていきます。これまでは英語を楽しいと感じることが一番でしたが、ここからは『学び』の側面が増えてきます。

ネイティブ講師とやりとりをしながら、『聴く』、『話す』、『読む』、『書く』の4つの技能の向上を目指します。また、家庭用オンライン学習教材もご用意して、子ども達が英語に親しみ、中学以降本格化する英語教育の下地を作っていきます。

学校の授業を土台に、高校入試にも対応している中学生向け英会話

中学生になると、学校の英語教育も本格化してきます。シェーン子ども英会話でもそれにあわせて、中学生になると学校の授業で学ぶ内容に注目。

中学校で学ぶ文法に注目して、自分の力で『話す』、『書く』ができるようになる授業を展開しています。

外国人講師と自分の力で会話ができたという実感は、中学校での英語の勉強や、高校入試でも大きな自信に繋がることでしょう。

また、中学生になるとお子様の理解度もそれぞれ違ってきます。理解がすすんでいるお子様向けの『Advancedクラス』もご用意しています。こちらのクラスでは、現在完了系や比較など、やや複雑な文法も理解できるようになることを目指します。

海外生活を体験してきたお子様が英語力を維持するための帰国生向け英会話

英語圏にて暮らして帰国したお子様向けの特別クラスもご用意しています。英語圏で暮らしていたお子様は、当然ながら幼い頃から英語学習が進んでいます。しかし、それに安心して気を許していると、日本で暮らすうちにどんどん英会話の技能は落ちてしまいます。

せっかく身につけた英語力を失ってしまっては、もったいないです。日本に帰国した後も、シェーン子ども英会話でネイティブ講師と英語で会話する習慣を続けましょう。

日本人講師による読み書き強化コース

日本の中学校、高校のペーパーテストで点数を取るための教育は、やはり日本の学校の現状をよく理解した講師による日本語での授業も必要です。シェーン子ども英会話ではネイティブ講師の授業とセットで、日本人講師による『読み書き強化コース』を受講することができます。

確かに2020年度の学習指導要領改訂により、学校の英語教育でも会話力(英会話)が重視されるようになります。しかし、やはり学校教育の中心が『読む』、『書く』であることに変わりはありません。

これからも中間期末テストや、高校・大学の入試ではペーパーテストで点数を取る能力が求められ続けることでしょう。実践的な英会話はもちろん大切ですが、それと同時に学校の英語で点数を取るためには、やはり読み書きの能力が重要であることに変わりありません。

なお、『読み書き強化コース』のみの受講はできません。

海外留学前に英語になれるための、渡航前準備集中レッスン

海外に留学すればすぐに子どもは英語を話せるようになるだろう。そう考える方も多いようですが、世の中そこまで甘くありません。

海外留学をしたはいいが、周囲の言葉がまるで理解できなくてビクビク暮らすことになったり、日本人だけで集まって英会話の経験はほとんど積まずに終わったりなどということも往々にしてあります。

海外留学をする前に、実践的な英会話を学んでおかないと、海外で友人を作ることなど難しいでしょう。

シェーン子ども英会話では留学を考えているお子様向けの『渡航前準備集中レッスン』をご用意しています。お子様が海外に行っても明るく元気に、現地の人達と楽しく学べるように、日本にいるうちから十分な準備をしておきましょう。

英検®&TOEIC®対策コース

シェーン子ども英会話では、英検®やTOEIC®の受験を考えているお子様向けに特化したコースもご用意しています。

それぞれの検定に合格するためには、基礎的な英語力の他にテストに向けた専門の学習・訓練を積んでいた方が圧倒的に有利です。

大人向けのシェーン英会話にも目的別にたくさんのコースがあり

高校生以上になりますと、シェーン子ども英会話ではなく、シェーン英会話の大人向けクラスで学びます。

大人向けのシェーン英会話も、現在の実力と目的に合わせて様々なコースをご用意しています。ビジネス向け、旅行向け、海外留学、基礎からゆっくりなど、用途に合わせたクラスに入ることができます。

社会人の学習者と一緒のクラスで学ぶことで、現代社会のビジネスの場においてどれだけ英語が必要かなどを肌で感じることもできるでしょう。

シェーン子ども英会話の料金

スポンサードリンク


シェーン子ども英会話の料金はどのくらいかかるのでしょうか。細かく色々あるのですが、ここでは月謝を中心に見ていきます。なお、ここで示す料金は全て税込みです。

入会金・スクール管理費・教材費など

全ての年齢、コースで共通して必要な料金は以下の通りです。

入会金 16,200円
スクール管理費  1,350円(月額)
教材費 別途(クラスによって異なる)

なお、公式ページから無料体験授業を申し込むと、入会金が半額になるキャンペーンがおこなわれています(2018年6月現在の情報)

2~4歳児(Playクラス)・5~6歳児(Kinderクラス)

月謝制グループレッスン 10,260~14,310円
月謝制個人レッスン 27,486円
回数制個人レッスン 141,264円~(20回単位で購入)

小学生・中学生

月謝制グループレッスン 10,260~14,310円(小学生)
11,286~14,526円(中学生)
月謝制個人レッスン  27,486円
回数制個人レッスン  141,264円~(20回単位で購入)
プライベートプラス
(1回ごとの追加個人レッスン)
 5,400円(ネイティブ講師)
4,860円(日本人講師)
読み書き強化コース  7,560円
英検®対策グループレッスン  7,560円
英検®対策グループレッスン  16,200円

※帰国生は原則として全て個人レッスンになります。

渡航前準備集中レッスン

全8回 54,000円

シェーン子ども英会話に不満点や欠点はないの?

ここまでシェーン子ども英会話のオススメポイントを中心に見てきましたが、本当に良いところばかりなのでしょうか? シェーン子ども英会話に欠点は一切無いのでしょうか?

ここではよく聞かれる不満点を見ていきたいと思います。

授業料はやはり高い? 他の習い事までは手が回らない可能性も

何を基準に判断するかによりますが、やはりシェーン子ども英会話のお値段は高いという声も聞かれます。

専門教育を受けたネイティブ講師によるレッスンと考えれば、相場通りだと思うという声もある一方で、月に1万円以上の負担はやはり苦しいという声も多く聞かれました。

英語以外の習い事もさせたいのに手が回らないという意見や、ホームページには記載が無かった教材費が予想以上にかかるといった意見も見受けられますね。

突然講師が変わってしまうことがある? 講師の能力に格差がある?

先生方にも都合があるでしょうからしかたがないことですが、講師が突然変更になってお子様が戸惑われたという声も聞かれました。

レアケースだとは思いますが、入学して2ヶ月で3人目の変更などという例もあるようです。特に小さなお子様の場合、コロコロ講師が変わってしまうのはちょっと困りものですね。

また、講師の指導力に差があるという意見もありました。いくら研修をつんだ講師でも人間ですから、まったく同じ指導力というわけにはいかないのでしょう。

保護者が授業を見学できない?

年に数回授業参観日はありますが、それ以外の日の授業は保護者の見学不可です。当たり前と言えば当たり前だと思うのですが、お子様がどんな授業を受けているのか見たいというご意見もあるようですね。

入会時、テキストが届くまで1週間近くかかることがある?

いざ入会しようと思ったら、テキストが届くまで1週間もかかったという体験談がありました。全ての場合においてそうだというわけではないと思いますが、テキストの準備に時間がかかりすぎるのは困りものですね。

英会話を始めようとせっかく決意したのに、1週間もおあずけを喰らっては、モチベーションの維持が大変かもしれません。

外国人講師が日本語をほとんど話せないので、いざという時心配?

レッスンが英語だけの空間なのは素晴らしいのですが、ネイティブ講師の中にはレッスン中だけでなく普段から日本語がほとんど話せない方がいるようです。

事故や災害等の時、日本人スクールカウンセラー以外の大人が、日本語を話せないのは心配だという声も聞かれました。

シェーン子ども英会話の評判・口コミ

ここでシェーン子ども英会話にお子様を通わせている保護者の方々の声を見てみましょう。

熱心に指導してもらっている

小学生の娘が通っています。ゲーム形式のレッスンで楽しく学べています。先生が熱心で、丁重な教え方をしてくれるようです。

仕方が無いのでしょうけど、欠席して振替をお願いすると別の教室に廻されることがあるのがちょっと不便ですね。

ネイティブな発音が学べるのが良い

外国人の先生のネイティブな発音が学べるのが良いですね。幼稚園の息子でも英語に親しみやすいようです。1クラス3人ほどで、お友達とも仲良く楽しんでいるようです。子どもに対しても丁重に接してくださるのもうれしいと感じます。

我が子が通っている教室の周辺は交通量が多いので、もうしばらくは送り迎えが必要かなと思います。外階段なので雨が降ると子どもが滑りそうでちょっと危ないかも。

ゲーム形式のレッスンで小学生の息子も楽しそうです。ちょっと割高なのが気になります

スポンサードリンク


先日は保護者参観日でした。ゲーム形式のレッスンで子ども達が楽しそうだったのが印象的です。教室はアットフォームな雰囲気で通いやすいですね。

お値段はちょっと割高に感じます。教材費が思った以上に高いのが痛かったです。月謝だけではなく教材費もきちんと確認してから入会された方が良いかもしれません。

学校の授業を先取りして英会話を習わせています

少人数制で、一人一人のレベルにあわせて指導していただけて助かります。我が子の小学校ではまだ英会話の授業は始まっていませんが、先取りして学ばせています。

値段は確かに安くはないですが、内容を考えると妥当なところかなとも思います。将来は英検®の学習もさせたいです。

学校の授業の補助なら、英会話の授業だけでは不足かなと感じます

ネイティブの先生の英会話レッスンと、読み書き強化のレッスンは完全に別ものになっています。英会話だけに集中するといえば聞こえは良いですが、学校の授業の補助とするならば、読み書き強化のレッスンも取得する必要があります。

両方取得すると月謝もかなりかかりますから、その点は良く検討されることをお奨めします。レッスンの内容はとてもよいですが、英会話だけでは中学以降のテストで点を取るのは難しいようです。

まとめ

グローバル化社会という言葉が生まれてからずいぶん経ちましたが、これからも国際化はどんどん進んでいくでしょう。お子様達が社会で生きていく中で、英会話は必須の技能になるはずです。

大学入試ではまず間違いなく英語のテストがあります。お子様が大学生になる頃には、筆記テストだけでなく英会話の技能も必須になる時代が来るでしょう。現在でも面接で英会話の技能を問われる学校もあります。

お子様が将来、学びたい学部、やりたい仕事をふまえた進路に行けるようにするためにも、小さなうちから英会話に親しませておくべきなのかもしれませんね。

うちハピ