妊婦はサロンパスを使っちゃダメ?妊娠中に使える8つの湿布薬と影響

スポンサードリンク

妊娠中の辛い肩こりや腰痛…サロンパスに頼りたくなるけれど、ちょっと待って!

肩こりや腰痛の他、ふくらはぎをはじめとする足のむくみや足裏の痛みにも効果的な湿布。

特に妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんの重みで、足腰にも負担がかかりやすいですよね。

マッサージもなかなか出来ないので、自宅で手軽に貼れる湿布を利用したくなります。

しかし妊婦さんは湿布を使ってはいけない!と聞いたことがある方もいるでしょう。

今回は湿布の中でも有名なサロンパスに焦点を当てて情報をまとめます。

なぜ妊婦さんは湿布を貼ってはいけないのか、妊婦さんでも使うことができるサロンパスはあるのかなど、妊娠中の気になるサロンパスの使い方に関して知りたい方は必見です!

  • なぜ妊娠中に湿布を使ってはいけないの?
  • 湿布に含まれる何が有害なの?
  • 妊娠中でも使えるものはある?サロンパスの種類

なぜ妊娠中に湿布(サロンパス)を使ってはいけないの?

妊娠中の湿布が良くないとされている理由には、3つの成分が深く関係しています。

この事は、妊娠初期から中期、妊娠後期まで同じことがいえます。

・ボルタレン

胎児の動脈管の収縮や閉鎖、徐脈、羊水過少が起きる恐れがあり、胎児が死亡する例もある成分です。

子宮収縮を抑制してしまったり、分娩に近い時期に投与すると胎児循環持続症、動脈管開存、新生児肺高血圧、乏尿といった症状を引き起こす可能性も。

最悪のケースでは新生児が死亡する事もあり、妊娠中や授乳中は使用ができません。

・インドメタシン

妊娠末期に使用することによって胎児循環持続症、胎児の動脈管収縮、動脈管開存症、胎児腎不全、胎児腸穿孔、羊水過少症など、様々な症状を引き起こす成分です。

また、同じく妊娠末期に使用した際、早期出産した新生児に壊死性腸炎が発生しやすくなる他、消化管穿孔や頭蓋内出血など、妊婦さんや赤ちゃんにとって恐ろしい成分であることも分かっています。

動物実験の報告からは催奇性もある為、妊婦さんや授乳中の方は使用不可です。

・ケトプロフェン

湿布に含まれる外用薬としてのケトプロフェンは、一昔前まで妊婦さんでも使用可能でしたが、近年胎児の動脈管収縮や母体の羊水過少症などの報告が出ており、使用に関しての注意が改定されました。

もちろん、全ての湿布にこれらの成分が含まれているわけではありません。

しかし前例がある以上は、他の湿布も注意して使用するべきだという見解です。

妊娠中でも使えるものはある?サロンパスの種類

サロンパスは消炎鎮痛剤の一種で、打撲、関節痛、ねんざや骨折痛といった怪我以外に、肩こりや腰痛にも効果的とされている湿布です。

妊娠前には問題なく使用できていましたが、妊娠中に使えるサロンパスはあるのでしょうか?

本題に入る前に、まずは市販の医薬品の分類について見てみましょう。

薬の副作用や相互作用を観点に、現在市販薬は4つの分類に分かれています。

・要指導医薬品

病院で処方されていたが、市販薬としては初めて売られる医薬品等を指します。

取扱いに注意が必要で、基本的には薬剤師さんへの相談や説明のもと購入することができます。

通信販売では購入できません。

・第一類医薬品

副作用や相互作用に関して、注意が必要な医薬品を指します。

店頭販売でも、箱のみ並んでいたりレジの後ろなどに陳列されていることが多く、店員さんに出してもらわないと手に入りません。

購入時は薬剤師さんからの説明が必要です。

・第二類医薬品

第一類医薬品よりは安全性が高いですが、使用する際に注意が必要な医薬品を指します。

また、第二類医薬品の中でもさらに注意するべき医薬品は、指定第二医薬品の表記がされています。

妊娠中にこの表記の医薬品を使用する際は、自己判断は控え、必ず医師に相談しましょう。

・第三類医薬品

スポンサードリンク


上記の分類の中で最もリスクが低いとされている医薬品です。

通販などでも一番手に入りやすく、妊娠中も安心して使えるものが多いです。

しかし、中には妊娠中に使用できないものもありますので、必ず医師や薬剤師に相談してから購入しましょう。

サロンパスで第三医薬品に指定されており、妊娠中にも使用できるものは、以下の種類のものです。

  • サロンパス
  • サロンパスA
  • サロンパス30
  • ら・サロンパス
  • サロンパス・ハイ

ロールタイプの

  • サロンパスロール

ローションタイプの

  • サロンパスローション

温感刺激タイプの

  • サロンパスホット

上記の物は妊娠中に用法、用量を守って使用する際には問題はありません。

こうしてみると、意外にも使用できるものが多いですね。

ただし、第二医薬品に指定されている

  • サロンパスEX
  • サロンパスEX温感

には注意が必要です。

足裏や足のむくみ、腰痛、肩こりなど、部位や用途によっても選び方は異なるはず。

サロンパスを購入する際にパッケージをよく確認し、万が一使用する際には必ず医師からの判断を仰ぎましょう。

その他、妊娠中の湿布については下記ページで詳しく解説をしています。

妊婦は湿布を使っちゃダメ?妊娠中の湿布の影響と2つの注意点

まずはお医者さんに相談を!妊娠中の自己判断でのサロンパスの使用は控えて

いかがでしたか?

サロンパスは妊娠中でも使用できる物が多いことが判明しましたね。

しかし、第三類医薬品とはいえ、薬という事には変わりないので、安易な自己判断を避け、妊娠中にはなるべく使用する事がないような健康的な生活を送ることを心掛けましょう。