妊娠初期のマッサージは大丈夫?影響や注意点と自分でできる8つの方法

スポンサードリンク

妊娠初期という大切な時期からマッサージをしておくと、その後も快適なマタニティライフが送れます。

でも、妊娠中、特に初期はどんな方法でもよいわけではありません。

『妊娠初期でもマッサージってしてよいの?』

『家で自分や旦那さんが簡単に出来るマッサージ方法を教えて!』

など、妊娠初期だからこそ、知りたいことはたくさんありますよね。

こちらでは、

  • 妊娠初期のマッサージ
  • 妊娠初期に気を付けたいこと
  • 妊娠中もできる簡単マッサージ
  • 妊婦体操や乳房マッサージ

など、妊婦さんが気を付けることや自分でできるマッサージなどポイントを8つ解説します♪

妊娠初期は最も大切な時期?

妊娠期は、

  • 妊娠初期(~4か月)
  • 妊娠中期(5か月~7か月)
  • 妊娠後期、末期(8か月~)

に分けられます。

その中でも、妊娠初期は特に流産が起こりやすい時期なので、大切な時期とされています。

実際、妊娠全体の15%がこの時期に流産をしてしまいます。

ほとんどが、受精卵の染色体異常によるものです。しかし、流産後原因をはっきりさせるのが難しいため、

「初期にたくさん動いたから流産した。」

「初期に風邪を引いたから流産した。」

などと、自分の行動を責めてしまう方も多いです。

また、妊娠初期は、胎児が最も影響を受けやすい時期でもあります。

  • 母体から多くの血液が流れる。
  • 胎児が心臓や肺などの大切な器官を作る。
  • ウイルスや感染症が胎児に影響しやすい。

このようにとても大切な時期です。

では、この時期に、マッサージをしてもよいのでしょうか。

妊娠初期にマッサージしても大丈夫?

今までと同じマッサージでOKというわけにはいきません。

いくつか気を付けなければならないことがあります。

湯船で長時間のマッサージはNG

妊娠中は大変のぼせやすくなっています。

今まで入浴中に念入りにマッサージをしていた人は、気を付けましょう。

同じように、サウナも危険です。

妊娠中の温泉の利用は、禁忌ではなくなりましたが、のぼせや転倒には十分注意しなければなりません。

エッセンシャルオイルでのマッサージ、一部NG

エッセンシャルオイルの中には、ホルモンを刺激するタイプのものがあります。

妊娠初期は、ただでさえホルモンの分泌がさかんなので、過剰になりすぎ気分が悪くなることがあります。

初期は、次のエッセンシャルオイルは使用を控えましょう。

  • ローズマリー
  • フェンネル
  • ジャスミン
  • ペパーミント
  • ラベンダー

などです。

今まで大丈夫だったというものも、効果を確認した上で使用しましょう。

妊娠中はそれだけ敏感になっているということですね。

わたしは、ラベンダーの愛用者だったのですが、初期は使用を控えました。

その代りに、風邪対策としてティーツリーを愛用しました。

皮膚も敏感になっているので、初期はマッサージに使用するのではなく、お湯にたらし芳香浴を楽しみました。

下腹部の強いマッサージ

妊娠初期は、生理痛と同じような下腹部を感じる人もいます。

だからと言って、生理中と同じ対処法では危険です。

お腹を温めようとして下腹部を強くこすったり、カイロを貼ったりするのはやめましょう。

下腹部痛は、子宮や骨盤の拡張などによるものです。

痛みが強ければ、子宮外妊娠の可能性もあるので、早めに受診しましょう。

妊娠初期からできるマッサージ!

初期は、激しい運動はできません。

つわりや不眠などで体調不良にもなりやすくなります。

生活環境も変わり、ストレスがたまりやすい時期です。

そんな時期だからこそ、簡単にできるマッサージを覚えてリラックスしましょう。

初期にできるものは、後期まで続けられるものです。

この時期から取り入れましょう。

足裏マッサージ

スポンサードリンク


足には体全体の反射区がはりめぐらされています。

足裏をマッサージするだけで、全身をほぐす効果があります。

特に、妊娠中は胃腸がもたれやすくなります。

胃をそのままマッサージするわけにはいきませんから、そんな時には「土踏まず」を入念に押しましょう。

頭がすっきりしない時は、足指を念入りにマッサージします。

手と足の指で握手をし、圧迫したり、引っ張ったりしましょう。

股関節のマッサージ

足裏と足裏を合わせ、あぐらのように座ります。

ひざを優しく上から押したり、股関節の部分を上から下にこすったりします。

股関節を柔らかくすることは、お産も楽にします。

肩こり解消マッサージ

妊娠中は、肩こりに悩まされる人も多いです。

肩を自分でもむのは大変なので、次の方法をためしてください。

「ひじの付け根をつぼ押しする。」

ひじから手のひらに沿って押していくと、つぼがわかります。

肩がこっている人は、痛みが強いでしょう。

「親指と人差し指の付け根を押す。」

反対の手の親指と人指で挟むようにしてもみます。

妊娠中はオイルや乳液を使おう!

妊娠中は、皮膚が乾燥しやすく過敏になっています。

直接強くこすると、赤くなったり、妊娠線ができやすくなったりします。

おすすめなのは、オイルや乳液を使うことです。

保湿は、

  • 血行をよくする。
  • マッサージのすべりをよくする。
  • 乾燥予防
  • 皮膚疾患予防

にもなります。

その際に気を付けたいのが、刺激の強いものを避けることです。

次のことに注意しましょう。

  • 新しく化粧品を広範囲に使用しない。
  • オイルやワセリンは、手で温めてから使う。
  • エッセンシャルオイルをそのまま使用しない。

おすすめなのは、赤ちゃんの肌にも使える敏感肌用の乳液です。

出産後は、ベビーにも使えます。

また、白色ワセリンは、純度が高く、顔や唇など様々な場所に塗ることができます。

わたしはこれで、妊娠線ができませんでした。

妊娠初期はむくみ解消法もとりいれて!

妊娠中の悩みで多いのがむくみです。

むくみが原因で血行不良になり、十分に睡眠がとれなくなることも。マッサージに合わせて、むくみ解消を意識しておくと、後期が楽になります。

初期からできるむくみ解消法は…

  • 寝る時に足を少し高くする。
  • 弾性ストッキングをはく。
  • ウォーキングをする。
  • 足浴をする。
  • カリウム、ビタミンB1を多くとる。

妊婦体操もとりいれよう!

妊婦体操のメリットは、

  • 産道を柔らかくする。
  • 血流をよくする。
  • 便秘解消、肥満予防になる。
  • 妊娠後期もできる。

不調も改善し、お産も楽になるのですから一石二鳥です。

次のような妊婦体操があります。

骨盤の運動

スポンサードリンク


仰向けに寝て、ひざを三角に立てます。背中を床から離し、ゆっくり10数えます。

猫のポーズ

よつんばでお腹をひきしめながら丸める。息をはきながら、もとに戻し顔を上げる。

骨盤のツイスト

仰向けになり、両ひざを三角に立ててそろえる。息を吐きながら左右に倒す。

これらは、流産や早産のおそれがあるときやお腹の張りを感じるときは、中止しましょう。

パパもできるマッサージ!

「腰さすり」

ママは椅子の背もたれを抱くようにして座ります。

骨盤部分を中心に、親指で背骨にそって、上下に指圧します。

安心感もから痛みや体のかたさが、より和らぐでしょう。

「お腹をなでなで」

妊娠7か月ごろから、お腹の赤ちゃんは、パパとママの声を聞き分けられるそうです。

話しかけながら、お腹をさすってあげましょう。内回りにマッサージします。

乳房マッサージも!

丈夫な乳首にするためのマッサージです。

次のメリットがあります。

  • 赤ちゃんが吸いやすくなる。
  • 乳管を開き、母乳分泌がよくなる。
  • 乳首を清潔に保つ。

やり方は次の通りです。

  • 乳首にオイルやクリームをぬる。
  • 円をかくようにマッサージする。
  • 乳首を引っ張り出すようにつまむ。

20週以降にすすめられるものですが、実施する際は保健師さんなどに相談しましょう。

乳房を刺激することで、子宮が張ったり胎動が激しくなったりした場合は中止しましょう。

まとめ

今回は、妊娠初期のマッサージについて解説してきました。

伝えたかったのは、次の4つです。

・妊娠初期は大切な時期で、NGなマッサージ法もあること。

・初期に覚えたマッサージ方法を後期まで継続するとよいこと。

・マッサージに加えて、むくみを解消法も合わせると効果が高いこと。

・妊婦体操、乳房マッサージも取り入れるとよいこと。

妊娠中はストレスがたまりやすくなっています。

初期からマッサージを取り入れることで、より快適なマタニティライフを送ることができます。

わたしは、大好きなランニングの変わりにマッサージがストレス解消になりました。

この記事で、妊娠初期のマッサージについて理解を深めてもらえたら幸いです。