妊娠初期の喉の痛み原因や影響と3つの対策~薬やトローチは服用して平気?

スポンサードリンク




妊娠初期になんだか喉に違和感がある、なんだか喉が痛い。

と、体の不調を感じる方は多くいらっしゃいます。

妊娠をすると、黄体ホルモンが大量に分泌されますのでどうしてもホルモンバランスが乱れて、体に様々な変化を与えてしまうのです。

しかし、妊娠を継続する為には必要な事ですので、お母さんのまず最初の頑張りどころとも言えますね。

今回は妊娠初期の喉の痛みについてです。

  • 妊娠初期に喉が痛くなる?
  • 妊婦さんは薬を飲んで良いの?
  • 喉の痛みを改善するには?

まさに今、喉の痛みに悩んで居るという妊婦さん。

是非参考になさってくださいね。

妊娠初期に喉が痛くなる事はある?

妊娠初期は体のあちこちに変化が起こります。

そんな中、喉に痛みが走る事もあるのでしょうか?

原因はなに?

妊娠初期に喉が痛くなるのは、免疫力の低下から体調不良に陥ってしまっている可能性があります。

妊娠初期は風邪のような症状が起こる方も多いのです。

中には熱っぽい、喉が痛い、などの症状が続くことから自分の妊娠に気づくという方も少なくはありません。

妊娠すると免疫力が低下するのはどうして?

妊婦さんは体調を崩しやすいと言われますが、それはお腹の赤ちゃんを守る為です。

私達の体は、自分の体をしっかりと守るように日々働いてくれています。

しかし女性の体は妊娠をしてお腹に赤ちゃんが宿ると、自分の体だけでなくお腹の赤ちゃんも守ろうと働きます。

このように、体がしっかりとお母さんの体に変わっていく為に一時的に免疫力が低下してしまう訳です。

その他にも、ホルモンバランスの乱れやストレスも免疫力を低下させてしまう原因として考えられています。

妊娠中に薬は服用していいの?

妊婦さんは食べ物や飲み物、嗜好品など制限がいくつもありますが、薬は服用しても良いのでしょうか?

市販の薬はNG

妊娠がわかってからは、自分の判断で薬を服用する事はやめましょう。

赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう薬は多くはありませんが必ずかかりつけの産婦人科医へ相談をしましょう。

特に妊娠4週~9週ごろは、赤ちゃんの中枢神経や心臓や四肢、目や鼻などといった重要な器官がつくられる時期です。

その時期に万が一何か影響を及ぼす薬を飲んでしまった場合に、形態異常を起こしてしまう可能性も考えられます。

どんな薬も絶対に安全!とは言い切ることができません。

赤ちゃんの為にも勝手な自己判断はやめてくださいね。

トローチは大丈夫?

妊娠中は風邪をひいてしまっても、市販の風邪薬を飲めないのでなんとか自分で風邪を治すか、病院へ行く事が必要です。

風邪薬はダメでも、喉の炎症を抑えてくれるトローチは大丈夫なのでは?

と考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

のど飴のような感覚かもしれませんが、実はトローチにも種類があり中には妊婦さんが服用してはいけない成分が含まれているものも多いのです。

一番安心なのは、病院を受診してきちんと妊婦さんが服用して良い薬を処方してもらい早く風邪を治す事。

自分一人の体ではありません。しっかりと体調管理をしましょう。

喉の痛みにオススメな対策!

薬やトローチを服用できない妊婦さんにオススメの対策方法をご紹介します。

喉をあたためる

スポンサードリンク


喉の痛みがひどい時には、ホットタオルなどで喉を温めてあげましょう。

温める事で細菌やウィルスの活動を抑える事ができ、痛みが和らいできます。

外出している時などは、マフラーやネックウォーマーを使用しましょう。

とにかく首元、喉を温かくしておく事を心がけてください。

朝起きた時に喉が痛いという方は、寝るときもしっかりと首を温めておく事をオススメします。

乾燥させない事

乾燥は細菌やウィルスにとって、菌を繁殖させるとても良い環境と言えます。

部屋にいる時には加湿器を使用する、マスクを着用するなどの対策がオススメです。

外出するときにはマスクは特にオススメ。

外からのウィルスの侵入を防ぐ事や、ホコリからも守ってくれますよ。

最近はマスクの種類もとても多く、高機能なマスクもあります。

自分にあった物を選び着用してくださいね。

ハチミツがオススメ

甘くて美味しいハチミツは、実は殺菌効果や消炎効果などがある事をご存知でしょうか?

体の免疫力を高めてくれる食材なので、妊婦さんにはオススメです。

喉が痛い時には、寝る前にお湯にといて飲む事で痛みを和らげてくれます。

薬を服用する事ができない妊婦さんの強い味方とも言えますね。

しかし、カロリーが高いので食べ過ぎには注意してください。

まとめ

妊婦さんは免疫力が落ちているので体調を崩しやすい状態です。

しかも、市販の薬は飲む事ができませんので、いかに体調管理が大切かを実感します。

外から戻った時には、手洗いうがいを心がけるなどしっかりとご自身で予防を行って下さいね。

参考資料

「たまひよ新・基本シリーズ 初めての妊娠・出産」

「HUMAN+ Baby+ お医者さんがつくった妊娠・出産の本」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です