妊娠初期のウォーキングは大丈夫?歩く距離や時間の目安と4つの注意点

スポンサードリンク




気軽に始められて、健康にとてもいい代表的なウォーキングですが、妊婦にもとても良い効果があります。

有酸素運動でダイエット効果、むくみ解消、ストレス発散……などなどいいことづくしです。

しかしながら、妊婦さんの身体は運動に適さない時期もあります。

妊娠初期がそれにあたります。まだ胎盤が完成されておらず、身体がとても不安定な状態だからです。

無理をすると流産などの悲しい結果になりやすい時期ですので、無理は禁物になります。

しかしずっと引きこもっているのも、ストレスが溜まったりしてとても良いとは言えません。

体調の良い時に少し歩くことは、逆に良いこととされています。

この記事では、妊娠初期のウォーキングのやり方についてご紹介いたします。

ポイントは4つです。

  • 妊娠初期のウォーキング方法って?
  • 距離や時間はどれぐらいがいい?
  • ウォーキングを行うときの4つの注意点
  • ウォーキングマシーンは乗ってもいい?
  • 腹痛に襲われたらどうしたらいい?

最後まで読んでいただければ、安心してウォーキングをすることができるようになるはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠初期のウォーキング方法って?

妊娠初期は胎盤が未完成で身体がとても不安定な状態ですし、つわりの影響も強くでます。

気分が悪い時には無理をせずに、体調が良い時にウォーキングをするようにしましょう。

妊娠中期から後期が、一番身体が楽な時期であり、ウォーキングを推奨している期間です。

妊娠初期はいわばその予行練習のような感じで、ぷらっと散歩程度の気持ちで取り組みましょう。

距離や時間はどれぐらいがいい?

30分~1時間ぐらいが目安です。

まずは15分~30分試してみて、もう少し歩けそうなら増やしていくようにしましょう。

歩く距離は、自宅周辺にしておくほうが無難です。

なにかあったときにすぐ対処できる距離のスーパーや公園などをブラブラするだけでもいい運動になります。

妊娠すると疲れやすくもなりますので、小まめに休憩を挟むことを忘れずに。

なにがあっても慌てないように、外出するときは母子手帳と診察券、タオルなどを持参していくと安心です。

ウォーキングを行うときの4つの注意点

無理はしない

スポンサードリンク


妊娠初期は毎日ウォーキングなどの運動をしなくてもいい時期です。

毎日やると決めると、つわりなど体調が芳しくないときにでも「やらなきゃ」という気持ちになって無理をしてしまいがちに。

そんな現象を避けるために、『体調が良い時にだけやる』『やりたい時にだけにする』このようなスタンスで取り組むことにしましょう。

義務のような感じになってしまうのは危険すぎますので、気楽な心持ちで歩くことにしてくださいね。

小まめに休憩をする

歩いているときにお腹が痛くなってきたらすぐに休憩をするようにしましょう。

しばらく休んでいて痛みが治まってきたら問題ありませんが、ずっと続くようなら病院を受診してくださいね。

お腹に痛みがなくても、ちょこちょこ休憩をとることにするほうが安心です。

妊婦に無理・無茶は厳禁。気ままに散歩を心がけてくださいね。

独りで歩くのが心配なら誰かと一緒にやる

お友達やパートナー、他の家族と一緒にウォーキングをすると安心です。

私も妊娠中期以降ではありますが、パートナーと一緒にウォーキングを行ったのですが、

何か不測の事態が起こってもすぐに対処してくれるという安心感がありました。

他にも、話をしながら歩くと時間があっという間に過ぎます。

独りだと心配だったり退屈な方は、誰かを誘って一緒に歩くのもいいですよ。

不安なら医師に相談をする

ウォーキングをすることに不安や心配が少しでもあるのなら、取り組む前に担当医に相談をしてみましょう。

あなたの身体を一番よく知っている先生なら、アドバイスをしっかりとしてくれるはずです。

ウォーキングマシーンは乗ってもいい?

まずは、担当医にウォーキングマシーンに乗りたい旨を伝え、許可をもらいましょう。

マシーンは速さを調節できたりするので乗ることには問題はないはずですが、『誤操作で急に速くなってしまい転倒』なんてことになる可能性もないとは言い切れません。

ジムですと、マタニティ専門のヨガやエアロ、スイミングなどのプログラムがある場合もあります。

個人的な考えではありますが、ジムに通ってウォーキングマシーンに乗るぐらいでしたら、マタニティ専門のプログラムを受講したほうがいい気がします。

腹痛に襲われたらどうしたらいい?

歩いているときに腹痛に襲われたら、まずは身体を休めてしばらく様子をみます。

それでも痛みがおさまらない場合は、病院に行くようにしてください。

今、自分の身体になにが起こったのか知るためです。痛みの理由がわかれば、対処もできますし、安心もします。

立っていられないほどの激痛や吐き気を感じるほど強い腹痛を感じたら、すぐに病院に行ってください。

自力では無理な場合は、周りに助けを求めましょう。その際、妊婦だとすぐにわかるように、マタニティマークを所持していると安心です。

妊娠初期のウォーキングはたしなむ程度にしましょう

ウォーキングなどの運動が推奨されているのは妊娠中期以降からです。

初期は身体の調子が不安定であり、なかなか体調がいい日がなく、歩きたくても歩けないというのが本音です。

私も初期は食事の買い物をする程度にしていた記憶があります。

中期以降、つわりが楽になってからたくさん歩くようになりました。

中期になると、本当に身体が今までのことが嘘だったかのように楽になりますので、それまではゆったりと過ごす時間だと思うようにしてください。

ちょっと身体を動かす程度に考え、体調の良い日にウォーキングを楽しむようにしてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です