妊娠初期に腰が痛い!腰痛はいつからいつまで続く?4つの対策方法

スポンサードリンク




妊娠するとお腹が大きくなってから腰痛が出ると思われがちですが、実は妊娠初期にも腰痛は起こります。

いつもの生理痛とは違う…と異変に気づき、妊娠に気付く方もいます。

妊娠初期の腰痛の原因とは?いつまで続くの?と感じている疑問や腰痛の対策に関してご説明していきますね。

妊娠初期は腰痛が起こりやすい?

妊娠初期にも分泌されるホルモン「リラキシン」の影響を受けて、骨盤周辺のじん帯が緩んでしまいます。

その為、妊娠初期には骨盤を支えようと腰回りや骨盤周辺の筋肉が働き負荷がかかってしまう為、妊娠初期にも腰痛に結び付きやすくなります。

骨盤が安定しない状態で態勢をキープしようと試みる結果、腰痛だけに限らず足の付け根や背中が痛みを伴う場合も見られます。

更には、非妊娠時から腰痛が生じていた方や筋力がない方は、妊娠初期から腰痛に見舞われやすいということです。

妊娠初期の腰痛の原因とは?

妊娠初期はホルモンの影響から骨盤周辺の筋肉に負担がかかってしまうものです。

その他の原因としては、冷えや筋力の低下などが挙げられます。元々冷え性、筋力が少ない方は注意しましょう。

  • 骨盤の緩み
  • 冷え
  • 筋力

妊娠初期の腰痛はいつまで続く?

人それぞれで差が出ますが、妊娠初期に起きた腰痛は当分の間継続します。

子宮が成長すると、重圧がかかって背骨へかかる負担が腰痛として現れます。

体重が増す事や成長した腹部をサポートする影響で反り腰となることもあり、腰痛に繋がります。

その他には、時間が掛かる方は産後3年を経っても痛んで残るという研究の報告も存在するほど、大勢の方が腰痛に苦しんでいるのです。

長期間苦しまない為にも、対策をきちんと行なっておくことが重要となります。

妊娠初期の腰痛!危険性ある症状は?

妊娠初期の腰痛の原因には、ほとんどは心配のいらないものばかりですが、中には流産の兆候になる事もあります

妊娠初期の流産は、いくらママが動かないで用心していても胎児側の問題で起こる事が大半です。

流産の兆候には、出血に続き、下腹部痛が起こる状態で強い腰痛が伴う事もあるのです。

そのような症状がある時には、医療機関へ受診しましょう。

妊娠初期の腰痛の4つの対策方法

妊娠初期の腰痛、この時期はつわりと重なるととても辛いですよね。

少しでも改善できる方法をご紹介していきますね。

冷え改善

スポンサードリンク


妊娠初期だけに限らず妊娠中は体を冷やさないように気を付けましょう。

腰痛の原因にもなりますので、常日頃の暮らしで特に腹部、腰は冷やさないように心がける必要がありますね。

腹部をしめ付けないというのも重要ですので、やや大きい下着を重ねて履く、柔らかい生地の腹巻きを身につけても快適です。

消耗品のカイロでも問題ないのですが、低温火傷に要注意です。

何でもかんでも身体に貼ら無いようにした方が良いでしょう。

お風呂に入る際はシャワーだけにしないで、可能ならばお風呂につかって、身体を温かくし他方が賢明です。

血液循環が快方に向かうと腰痛も改善していきますよ。

骨盤の緩み改善

骨盤の緩みからくる腰痛については、骨盤の緩みを治していく事に注意を向けることが基本です。

骨盤の近辺を、さらしの腹帯でサポートする風に巻いてみると、骨盤が引き締まって落ち着きます。

助産師に正確な腹帯の着用法を教わってみると良いですよ。

さらしを巻くのは大変という方を対象にしてみると、妊婦さん専門の腰痛予防の骨盤ベルトが使いやすいと考えられます。

骨盤近辺だけに限らず腹部全面も締め付けるガードルだと、それほど成果は望めないでしょう。

あなた自身に適したものを探し出してみて下さい。

態勢に注意

腰を曲げる態勢は、腰に負荷を加えます。

しゃがむ時は片ひざを付いてしゃがむなど、気にかけて腰を曲げ無いようにした方が良いでしょう。

更に、ヒールは反り腰になる為、控えた方が賢明です。

ペタンコ靴を履くようにしましょう。

そう簡単には症状が良くならないきは、辛抱しないで速やかに医師に相談するようにしましょう。

適度な運動

丁度良い運動で筋肉を働かせると無駄な緊張状態が無くなって、腰痛の改善が望めます。

妊婦さんに適した腰痛体操やスポーツもチャレンジしてみて構いません。

腹部に負荷が掛からないようにご注意ください。

更に、辛い事を辛抱して強引に働かせると、反対に身体を悪くすることも考えられますからお気を付けください。

妊娠前から筋肉がある方は、妊娠初期に骨盤の緩みが出ても筋肉のお蔭できちんとサポートすることが叶うので、腰痛に見舞われにくいです。

つわりが落ち着いてからでも、段階的に運動を始めていった方が良いでしょう。

まとめ

妊娠初期の腰痛は思っていたよりも辛いですよね。

妊娠が判明して何週間か経過すると次第につわりも激しくなって、気持ちも優れない日があります。

そんな時、更に腰痛も起きると困ってしまう気分になりますが、暖かい格好をして体を冷やさないよう、湯船にゆったりと入浴して心と身体共に一息ついてみて下さいね。

妊娠期間中はずっと腰痛を起こし易いので、早い時期から腰痛対策法に努めて頂きたいと思います。

良化しない時やどのようにしても耐え難い時は、産婦人科の医師にも相談してみることをお勧めします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です