妊娠中の一日一食は危険?!妊婦が気をつけたい食生活の影響と3つのポイント

スポンサードリンク
うちハピ

一日一食という健康法をご存知でしょうか?

最近では芸能人でも一日一食を何年も続けているという人が多いですね。

自分の美容や健康の為であれば何も問題はありません。

しかし、妊婦さんとなると話は別です。

妊娠中は特にバランスの良い食事が重要視されます。

  • 妊婦の一日一食はダメ?
  • 生活リズムを整えよう
  • 栄養不足は胎児にも影響が

今回は妊娠中の食生活について紹介します。

妊娠前まで一日一食生活をしていたが、妊娠中はダメ?と気になっている方は是非読んでください。

妊娠中に一日一食は危険!

妊娠中は妊娠前よりもたくさんの栄養が必要になってきます。

自分の美容よりも、お腹の赤ちゃんの成長の為を考えて、食事を摂るようにしましょう。

・妊婦は妊娠前より多くの栄養が必要?

厚生労働省の情報によると、妊娠前と妊娠中ではエネルギー必要量が変わってきます。

具体的な数値は以下の通りです。

  • 妊娠初期は+50キロカロリー
  • 妊娠中期は+250キロカロリー
  • 妊娠後期は+450キロカロリー

お腹で赤ちゃんを育てる為には、これだけのカロリーがプラスで必要とされます。

妊娠中の栄養不足は赤ちゃんの成長を妨げる事にもなりますので、特に要注意です。

・つわりがひどい時には無理をしない

栄養をしっかり摂らなければいけない事はわかっていても、

妊娠初期はつわりに悩まされる妊婦さんもとても多いです。

うちハピ

どうしても一日の食事が不規則になってしまうこともありますよね。

つわりが酷い時には栄養バランスを考えるよりも、まずは何か食べ物を口に入れる努力をしましょう。

固形の物が食べられなければ、ゼリーやスープなどをトライしてみるのも良いです。

それでも食べ物を戻してしまうようであれば、最終的には点滴で栄養を補う方法もあります。

つわりで何も食べられないという方は、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

しっかりと生活リズムを整えて

一日一食のリズムから一日三食のリズムへ変更していくのは、短期間ではなかなか難しいかもしれません。

しかし、お腹の赤ちゃんの為にも根気強く頑張りましょう!

・少しずつ食べる量を増やす

まずは、食べる量を少しずつで構いませんので増やしていきましょう。

朝、昼、晩と最初はつまむ程度でもかまいません。

徐々に量を増やして行き、最終的には一汁三菜のバランスの良い食事を一日三回食べられるようになると理想的です。

ポイントは少しずつ増やして行くという点。

これまで一日一食しか食べていなかったのに、突然三食に増やしてしまうと胃が驚いて体が受け入れてくれない事もあります。

少しずつ体を慣らしていきましょう。

・初めは一度の食事を数回に分けて食べる

一日一食生活の方は、朝に一食分をしっかり食べるという方が多いかもしれません。

まずはこれまで一日に食べていた量を、朝昼晩の三回分に分けて食べる事から始めましょう。

それに慣れてきたら、一回の食事量を少しずつ増やしてステップアップしていくと良いですね。

栄養が足りていないと胎児に降りかかる危険

お母さんからの栄養が足りていないと、母体に影響があるのはもちろんのこと、お腹の赤ちゃんにも様々な危険が伴います。

・二分脊椎症

スポンサードリンク


これは、緑黄色野菜やキウイなどに多く含まれる「葉酸」が不足してしまう事で起こる障害です。

脊椎がきちんと発達せずに、下肢の神経が麻痺してしまったり、様々な神経障害が起こってしまう病気です。

食生活の欧米化により栄誉バランスに偏りがあり、最近は妊娠をしてもスリムでいたいとダイエットする妊婦さんもいます。

それらが原因で葉酸不足になり、日本では二分脊椎症が増加傾向にあります。

二分脊椎症が増加しているのは先進国の中では唯一、日本だけなのです。

・将来成人病にかかりやすくなる

成人病は生活習慣が原因ではないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は胎児の時期や新生児の頃に栄養不足だと、将来成人病を引き起こす確率が高くなるという調査結果もあるのです。

最近ではそのメカニズムも解明されてきています。

赤ちゃんはお腹の中の少ない栄養のみで生き抜こうとする為に、自分の腎臓のネフロンという細胞を減らしてしまうのです。

このネフロンという細胞は尿を作る細胞で、血液の老廃物を濾過する働きがあります。

その重要な細胞が少なくなってしまうと、高血圧をはじめとした成人病を発症しやすくなってしまうわけです。

重要な事はネフロンをはじめ、細胞は生まれた時から数が増える事はありません。

それほど妊娠中の栄養はとても重要ということですね。

まとめ

妊娠中の栄養不足は母体にとっても健康被害が心配されますが、何よりも胎児の発達に影響を与えてしまいます。

妊娠前よりも多くのエネルギーが必要になる妊娠中は、これまでよりも意識をして様々な栄養素を摂取する必要があるのです。

1日1食の生活を続けているという方は、すぐにでも食生活を改善していきましょう。

1日3食の方でも栄養不足が心配される事があります。

お腹の赤ちゃんの為にも少しずつ生活リズムを整える努力をしていきましょう。

うちハピ