スマイルゼミ8つの特徴と評判、キャンペーンコードGETの方法

スポンサードリンク




タブレットを使った小中学生向けの通信講座、スマイルゼミ。
テレビCMでもおなじみですよね。

もうすぐ小学生になるお子様をお持ちのお母さんお父さんなら、興味があるのではないでしょうか。

  • CMでは良い風に言っているけど、本当に学力UPするのかしら?
  • 先生が目の前にいないで、子どもがすすんで勉強するのか不安
  • 勉強って言うのは鉛筆を持って紙に書くものじゃないの?
  • タブレットで遊んじゃうだけなんじゃないかしら
  • そもそも、学習内容はちゃんとしているの?
  • 塾の方が成績が上がるんじゃないの?

皆様の疑問に答えるためにも、今回は『スマイルゼミの特徴』、『タブレット講座と学習塾の徹底比較』、『スマイルゼミの評判、口コミ』を取り上げてみたいと思います。

もくじ

スマイルゼミ8つの特徴

ここではスマイルゼミの特徴を挙げてみます。
スマイルゼミがなぜ選ばれるのか、本当に学習効果があるのかなどの判断材料にしてください。

タブレット通信を使った家庭用学習教材

改めて申し上げますが、スマイルゼミはタブレットを使った通信教育です。
勉強をする場はご自宅になります。
塾に通うことなく、自宅のリビングや子ども部屋で予習復習や体験学習を積むことができます。

タブレット学習には同じ学習を何度も繰り返したり、ゲーム感覚で自然と勉強が身についたりと良いことがたくさんあります。

お子様が勉強を続けたくなる工夫がいっぱい

お母さんお父さんも経験があると思いますが、勉強というのは『つまらないな』『やりたくないな』と思っていると、いくら無理矢理机に座らされても能率があがりません。

わかりやすい例を出しましょう。
お子様にとってポケモンの名前を200匹覚えることは難しくありません。むしろ楽しく暗記してしまいます。
なぜなら、自分でやりたい遊びだからです。

ですが、授業で習った漢字や英単語を10個覚えるのは大変です。いくらお母さんが『覚えなさい』と言っても覚えられません。
なぜなら、自分ではやりたくない苦行だからです。

お子様が自ら勉強したいなと思ってこそ、学習効率は格段に上がります。
スマイルゼミにはお子様が楽しく勉強できる仕組みがたくさんあります。
だから、学習効果が高いのです。

動く動画で学びが楽しい

スマイルゼミの講座は参考書と違って、動きがあって声も出ます

文章を読むだけでなく、視覚的なインパクトや聴覚からの刺激があるから、飽きずに楽しく学習することができます。
もちろん、動きのある授業は頭に残りやすいという効果もあります。

勉強すると楽しいアプリのご褒美あり

飴と鞭ではありませんが、勉強をした結果、ご褒美がもらえるとうれしいですよね。
スマイルゼミでは勉強をした子ども達にはご褒美が与えられます。

各講座には『スター』が設定されています。
問題を全問正解するまで繰り返すと、『スター』をもらうことができます。
『スター』を溜めると、楽しいアプリが解禁されるんです。

ただし、遊べる時間は集めたスターの数によります。
だから、子ども達がアプリで遊んでばかりなんていうことにはなりません。

他社のタブレット講座の中には、スマイルゼミと違って通常のアプリが普通に使えてしまうものも少なくありません。
これでは、いくら勉強のためにタブレットを渡しても、子ども達は遊びにしか使いません。

スマイルゼミの場合、学習し問題に正解するともらえる『スター』を集めて初めて、タブレットを一定期間遊びにも使えるようになるのです。
この仕組みが、スマイルゼミで子ども達に自ら『勉強したい』と思わせます。

子どもというのは、何かを収集することが大好きです。
お父さんやお母さんも、昆虫、シール、漫画、切手、メンコ、リカちゃん人形、ポケモンなど、子どもの頃何かを集めるのに夢中になりませんでしたか?
勉強をして結果を出すことで、楽しみが増える『スター』を収集できるので、子ども達はむしろすすんでスマイルゼミをやりたがります。

『みまもるネット』でお母さんが勉強の状況を閲覧。声かけもできる

スマイルゼミには『みまもるネット』という機能が付いています。
お子様が学習を終えると、ご両親のスマホに報告されます。

連絡が来たら、是非お子様を褒めて上げてください。
仕事中で時間が無いなら、タップ一つでスタンプを送ることもできます。

お子様にとって、一番のやる気の源はご両親が褒めてくれることです。
お母様だけでなく、お父様もスマホ越しに見守って、頑張ったお子様に拍手することで、お子様はどんどん勉強が好きになりますよ。

お子様が1人で学習できる工夫がいっぱい

スポンサードリンク


先生が目の前にいないタブレット学習だと、子どもが勉強を理解できないのではないかと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんね。
スマイルゼミではお子様が1人で学習できる工夫がたくさんあります。

教材は学校ごとの教科書準拠だから、予習復習に最適

学校ごとに使っている教科書は異なります。
スマイルゼミでは、学校で使っている教科書ごとに合わせたカリキュラムを自動作成してくれます。

だから、子ども達は学校の授業にあわせて予習復習ができるのです。

学習塾や紙の通信教育だと、学習指導要領にはそっていても、教科書ごとの内容にまでは対応していないことも多いです。

むしろ、塾の独自のカリキュラムに子ども達を合わせようとすることも多いくらいです。
その理由は、もちろん塾の独自のカリキュラム通りに授業を進めた方が先生がやりやすいからなのですが、その結果子ども達は学校と塾とで勉強しているカ所が違って二重の負担になってしまうのです。

もちろん、長い目で見れば教科書外の勉強をする意義は十分あります。
しかし、学校の成績を上げようとするならば、やはり教科書にあわせた予習・復習をした方がずっと効果的です。

教科書外の勉強をするにしても、子ども達が自分で勉強したいと思った内容や、ご両親が特に勉強して欲しいと思う内容を学ぶべきです。
塾の先生の都合で決められるのはちょっと理不尽ですよね。

1講座が15分だから、気軽に勉強できる

スマイルゼミの講座はほとんどが15分です。
そんなに短くて効果があるのかと思うかもしれませんが、むしろ短いからこそ効率的に学習ができるのです。

学生時代50分の授業を聞いていると、途中で眠くなってしまった経験はありませんか?
個人差はありますが、子どもが集中して学べるのはせいぜい20分が限度。
1つの講座が15分未満だから、無理なく休憩しつつ自分のペースで学習を続けることができます。

しかも、『スター』集めなど、早く次の講座を見たい、問題を解きたいと子ども達に思わせる仕組みがたくさんあります。休憩を挟みつつも子ども達はどんどん次の講座に向かうことでしょう。

学習内容の結果を分析して、お子様に合ったカリキュラムを作成

スマイルゼミは単に講座を垂れ流して勉強させるわけではありません。
これまでの学習内容を分析して、個々人にあったカリキュラムを自動作成します。

お子様の苦手をなくし、得意を伸ばす講座が自動的に選ばれるから、学習効果はさらに上がります。

遊び心のあるミニゲーム形式の教材だから、自然に反復勉強できる

勉強で一番つらいのは反復学習ではないでしょうか。
漢字を覚えるために100回書かされたり、計算問題を100問解かされたり……
ご両親もきっと学生時代にご苦労されたと思います。

スマイルゼミでは辛くなりがちな反復学習をミニゲーム感覚の教材に仕上げています。

計算問題を100問解くのはウンザリしても、ゲームを100回やるのはむしろ楽しめますよね。
ミニゲームをやっているうちに、いつの間にかお子様の学力が伸びていくんです。

2020年から実施される新学習指導要領にも対応

スポンサードリンク


2020年から学習要領が変わります。
特に大きく変わるのは、小学校で英語の授業が本格スタートすることと、プログラミングの授業が始まることです。

小学生から英語教育を

新学習指導要領では、小学校3年生から英語が必修になります。
そして、5年生以降では成績表に英語の結果がのるようになります。

スマイルゼミではいち早く小学生の教育に英語を取り入れています。

英語はお父さんお母さんが教えようとしてもなかなか難しい教科です。
10年前のような、書かれた英語を日本語に、日本語を英語に訳せればテストで点が取れる時代は終わりました。

これからは、英語を聞いて、英語で話すというヒアリングとリスニングが重視される時代です。

ヒアリングやリスニングは、海外留学経験や海外在住経験が無い限り、ご両親もなかなか教えにくいでしょう。
スマイルゼミはヒアリング教材はもちろん、お子様のリスニング能力も機械で判定&アドバイス。
読み書きだけではない英語の学習が可能です。

プログラミング講座はやっぱり実際に動かしてこそ

英語以上にご両親が困ってしまうのがプログラミング講座でしょう。
ひょっとすると教育現場の先生方も本音では困惑しているかもしれません。

プログラミングというと、昔は機械言語をひたすら打ち込む作業でした。
そんなことを小学生にやらせてどうするんだと思われる方もいるでしょう。

実際のところ、新学習指導要領で示されているプログラミング能力はそのようなものではありません。
もっと概念的な論理的思考能力が求められています。

具体的にスマイルゼミのプログラミング講座を見ていただいた方が早いでしょうね。

今子ども達に必要なのは、プログラミング言語(例:JavaやC言語など)を覚えることではなく、論理的思考能力を使って、機械に正しい手順で仕事をさせる能力です。

もしかすると、ご両親は子ども達よりも苦手に感じるかもしれませんね。
プログラミング講座は、学習塾で先生に講義してもらっても伸びません。
実際に動かしてみて、失敗や成功を繰り返して初めて能力がつくものです。
プログラミング授業に対応するにはタブレット学習が最適でしょう。

こだわりのタブレットとタッチペンで、紙に書くのと同じ感覚で勉強できる

タブレットをただタップしているだけで勉強になるのかといえば、やはりそれは難しいでしょう。
勉強というのは、書いて初めてできるようになる部分もあります。

スマイルゼミのタブレットとタッチペンは、まるで紙のノートに書いているかのような感触。

紙と鉛筆で勉強するのと同じか、それ以上の効果が期待できる教材です。

難関高校攻略のための特進クラスもあり

小学生のうちはともかく、中学生になって高校受験を控える時期になると、学校の授業について行くだけでは不安です。
特に難関高校受験にチャレンジする場合、教科書の勉強だけができていても合格はおぼつきません。
スマイルゼミには難関高校の受験を目指すお子様のための『特進コース』も用意されています。

教科書の内容は中学3年生の8月までに終わらせて、それ以降は受験に向けた実践教育を行なうカリキュラムです。

『みまもるネット』でも、保護者の皆様に高校受験のための情報を逐次配信。
お子様と一緒に受験対策に乗り出しましょう。

お手頃価格だから、ずっと続けられる

スポンサードリンク


勉強というのは継続してこそ価値があります。
お子様のためならばお金なんて惜しくないと今は思っていても、厳しい現代社会では今後の生活がどうなるかは分かりません。
また、教育費で家計が圧迫されて、お子様に満足な食事や家族旅行などの経験を与えられないなんてことになったら本末転倒です。

現実問題として、お子様にかかる教育費というのは馬鹿にならない金額です。
最初は意気込んで値段の高い学習塾や家庭教師を頼ったけど、肝心の高校受験前にこれ以上は払えないなんてことになってしまったのでは、意味がありません。

スマイルゼミはお手頃価格でお子様に最高の教育をお送り致します。
お父様の収入に若干の不安があっても続けられるから、子ども達のためになるのです。

学習塾では不可能なこの価格

スマイルゼミは月々2980円(税抜)から開始できます。
これは学習塾や家庭教師ではまずありえない金額です。

金額の詳細は公式ページの会費シュミレーションでお確かめください。

満足いかない場合は全額返金保証

スマイルゼミのタブレット講座が、本当に自分の子どもに合っているのか不安だという方もいらっしゃるでしょう。
スマイルゼミでは自宅で気軽に講座内容を試せる全額返金保証キャンペーンを実施しています。

まずは実際に見て、触って、スマイルゼミがお子様に合っているかどうかお確かめください。

兄弟&お知り合いご紹介キャンペーンもあり

ご兄弟やお友達をスマイルゼミに招待すると、1000円分のギフト券に交換できるギフピーをプレゼント中です。

こちらも上手く使って、すこしでも家計を楽にしたいですね。

小中学生向けタブレット教材として抜群の実績

スマイルゼミは小中学生向けタブレット教材として抜群の実績を誇ります。

誰もが楽しく、確実に学力アップできる講座、それがスマイルゼミなのです。

1999年からIT学習教材に取り組んできたジャストシステムの経験と実績

スポンサードリンク


スマイルゼミを運営しているのは『ジャストシステム』
日本製ワープロソフト一太郎でもおなじみの会社ですね。

ジャストシステムは1999年から『ジャストスマイル』という小学生向け授業支援ソフトを運用してきました。

先生方の圧倒的支持を背景に、現在では8割の公立小学校で『ジャストスマイル』が使われています。

徹底比較 学習塾VSタブレット講座

スマイルゼミの特徴をご理解戴いたところで、次は学習塾とタブレット通信講座とを比べてみましょう。
あなたのお子様にあっているのがどちらなのか、判断の材料にしていただければ幸いです。

勉強の楽しさ対決

勉強は楽しいと感じるからこそ伸びます。
学習塾の場合、先生に褒められたりすると楽しいと感じるでしょう。
また、良い先生に当たればとても面白い授業を展開してくれるかもしれません。
ただし、良い先生に偶然当たれる可能性がどれだけあるかは未知数です。

タブレット講座の場合、動きや音のある講座でお子様達に楽しく知識を身につけてもらえます。
スマイルゼミではゲームを攻略するような楽しさを感じながら、自然と知識や思考能力を身につける工夫がなされています。
そして、全国どこで暮らしていても講座の質は変わりません。

この対決の勝敗は難しいところですが、『素晴らしい先生に偶然出会えた場合』のみ学習塾の方が有利。大多数の場合はタブレット講座の方が有利かなと思います。

勉強以外の学び対決

お子様にとって学びとはテストの点で現れる教科書的な勉強だけではありません。
いくら学歴が良くても、社会に適応できない大人になっては困りますね。
日々生活する全てが学びであると言えます。

学習塾では、先生や他校の子ども達とのふれあいの中で、人と人との関係性について学ぶことが期待できます。これは自宅でのタブレット学習ではほとんど身につけられない貴重な体験といえましょう。

タブレット講座では、器機を使っているうちにタブレットの使用方法を学べます。これからの時代、タブレットなどのIT器機の使用になれておかないと、大学や社会に出てから困ることになります。

この対決は学習塾が有利かなと思います。やはり対人スキルというのはこれからお子様が社会に出て行く中で必須のものですから。

スマイルゼミを使う場合は、たとえば勉強以外の習い事をやらせる、地域の活動に参加する、家族旅行の計画を立てるなど、お子様に家の外へも興味を持ってもらう工夫をすると良いでしょう。

時間の効率対決

これは圧倒的にタブレット講座が有利です。
何故そういえるのかといえば、学習塾に通うということは家から塾まで毎日歩くことになるからです。

たとえば、塾まで往復で15分かかるとしましょう。
毎日塾に通った場合、1週間で105分(1時間45分)、1ヶ月で450分(7時間30分)もの時間を、ただ通塾の為だけに使うことになります。

タブレット講座なら、家で全ての勉強ができますから、通塾に使う時間を他のこと――たとえば習い事だったり、家のお手伝いだったり、読書だったり、そしてもちろん勉強だったり――にあてることができるのです。

学習内容対決

一番肝心な学習内容は、学習塾とタブレット講座とどちらが有利でしょうか?

これはなんともいえません。
といいますのも、学習塾というのは本当にピンキリなんです。
本屋さんで売っている適当な参考書と問題集を子ども達に与えて、質問があったら来なさいと放置しているようのな塾もあります。
いっぽうで、子ども達1人1人に親身になって分かるまで教えてくれる塾もあります。

あるいは東京や大阪など大都市で本気で良い先生を探せば、タブレット講座よりもずっと優れた授業を受けられる可能性もあります。
ただし、良い先生に出会うのには大変な労力と運が必要です。
地方に在住している場合は、そもそも選ぶ余地がないことも多いです。

タブレット講座ならば全国どこでも安定した学習ができます。
最高の学習塾に比べればともかく、近所の適当な個人経営の塾などに比べればタブレット講座の方が良い授業である可能性が高いです。

誘惑にが少ない対決

勉強の最大の敵は『誘惑』です。
大体、テスト直前ほど遊びが楽しい時期は無いんです。

学習塾の場合、先生が一緒に勉強しますし、遊びの道具は基本的にありませんから誘惑は少なそうです。
ただし、塾が終わった後、友達同士でどこかに遊びに行ってしまったり、そもそも塾をサボってしまう子どもは一定数います。

タブレット講座の場合、タブレット自体が誘惑になります。
タブレットの他のアプリで遊んでしまったり、ネットにはまってしまったり等です。
他社のタブレット講座の中には他のアプリの起動に制限がない場合も多く、勉強せずにゲームやネットで遊び続けてしまうお子様も一定数いるようです。

ただし、スマイルゼミの場合は別です。
スマイルゼミでは学習教材以外のアプリは『スター』を溜めないとできませんし、ネットには保護者制限がかけられますから、タブレットそのものが誘惑になる可能性は低いでしょう。

もっとも、家にいるということは、漫画やおもちゃ、ゲーム機などがある環境で勉強するということです。さすがにタブレット以外の誘惑に関してはスマイルゼミでもどうにもなりません。

この対決に関しては、結局の所どのような学習方法でも誘惑はあるわけで、勉強がどれくらい面白いかという問題になるのでしょう。
スマイルゼミの講座はお子様が面白いと感じる要素がたくさんあります。

褒めてもらってやる気にさせる対決

スポンサードリンク


お子様にとって褒めてもらうことは、勉強のやる気を引き出す最大のエネルギー源です。

学習塾では先生が直接教えますから、褒めてもらう経験をたくさん味わえます。
ただし、これも良い先生に出会えればです。
生徒を褒めるなんて一切しない先生もいます。さすがに今時、体罰をウリにするような学習塾はほとんどないにしても、先生だけでは多くの子ども達1人1人全てを見るのは難しいかもしれません。

タブレット講座の場合、相手は機械ですからいくら機械に『頑張りました』と言われても、お子様のやる気はなかなか引き出されないかもしれません。

スマイルゼミでは『みまもりネット』で、ご両親がどこにいてもお子様の頑張りを褒めることができる仕組みを作り上げました。
是非、お子様を褒めてください。無理矢理勉強させるよりも、勉強した結果を褒めることでお子様はどんどん伸びていきます。

費用対決

これは圧倒的にタブレット講座の勝ちです。
やはり人件費や家賃などを考えれば、タブレット講座のような安さを学習塾で実現するのは難しいでしょう。

お子様の安全対決

学習塾の危険性は、通塾時に誘拐される、交通事故にあうなどでしょう。
お子様だけで19時以降まで塾に通わせるのは不安ですよね。
夜中の20時近くに、学習塾帰りの子どもだけで暗い夜の街を歩いている姿を見かけることがあります。私も人様のこととはいえ不安になってしまいます。

タブレット講座の危険性は、やはりインターネット上でのトラブルでしょう。
お子様が個人情報を安易にSNSに書き込んだり、炎上してしまわないか、ご両親は不安になると思います。

危険の種類が違いますから、一概にどちらが安全とは言いがたいですが、スマイルゼミならばネットに制限をかけられます。インターネット上でお子様が危険な目にあうリスクは減らせるでしょう。

スマイルゼミの評判・口コミ

それではスマイルゼミを使っている方の口コミを見てみましょう。
実際の感想を聞くことで、スマイルゼミがどういう物なのか、よりわかりやすくなると思います。

楽しみながら学習しているようです。サポート態勢がしっかりしているのも嬉しいですね

中学生の息子は楽しみながら学習しているようです。
タブレット講座ということで、タブレットだけ渡されて放置されるのではないかと思っていましたが、マメに連絡が入って褒められると喜んでいます。

学校の教科書にあわせて講座を組み立ててくれると喜んだのですが……

学校の教科書にあわせて講座を組み立ててくれるのはありがたいです。
が、我が子の場合肝心の学校側が教科書通りの授業ペースではないようなのです。
といいますのも、私学だからか、教科書よりも参考書を学校の先生が主に使っているらしいのです。
結果的に教科書にあわせてくれるスマイルゼミと、学校の授業との間に乖離が出てしまっているようです。

スマイルゼミというよりは、学校側の問題なので仕方が無いですが、子どもはちょっと困惑している様子です。

通信システム障害にもしっかり対応してもらえました

私はIT器機の取り扱いになれておらず、タブレット端末が通信障害を起こしたときは慌ててしまいました。
ですが、スマイルゼミのサポートセンターはとても分かりやすく、丁寧な対応で助かりました。
タブレット講座では障害時の対応が迅速であることも重要だと思います。

何度もゲーム的に繰り返せるのは◎ ただ、適当にやっていてもそのうち正解してしまうのがちょっと問題かもしれません

ゲーム的な感覚で何度も繰り返し学習ができるのは嬉しいですね。
一方で、4択問題などは何度も適当にタップしているだけでも偶然正解してしまうので、そういう解き方をしていないか保護者がチェックした方が良いですね。

勉強しなさいと言わなくなりました

スマイルゼミを始めるまでは、本当に勉強嫌いだった息子。
私もついつい『勉強しなさい』『宿題はやったの?』と怒鳴ることがしばしばでした。
スマイルゼミは子どもがすすんで勉強をしてくれるのがいいですね。
『スター』集めに夢中になっているようで、私もイライラしないですむようになりました。

まとめ

タブレット通信講座なんていうと本当に勉強できるのか、遊んでしまうのではないかと不安になってしまうご両親も多いと思います。
ですが、スマイルゼミはお子様が自然に勉強をしたがる仕組みをたくさん取り入れています。

勉強を『やらされる物』から『やりたい物』に変えるのが、スマイルゼミの最大の魅力です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です