宙を使った名前22選~宙の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「宙」という漢字について

字画数:8画
音読み:チュウ
訓読み:
主な名乗り:おき・そら・ひろ・みち

「宙」の意味や由来や成り立ちと特徴

「宙」という漢字は、家屋の屋根を表す象形と、底の深い酒つぼの象形からできました。

部首の宀(うかんむり)は家屋を表す時に使われます。

そのため「宙」も建物と考えられますが、底の深い酒つぼから広い、スケールが大きいという意味合いで、「全世界を覆う屋根」というイメージから「大空」という意味を持ちます。

現在は「宇宙」を表す言葉に使われていて、「航宙」「滞宙期間」のように「宇宙」を省略した形で使用されています。

また「宙返り」「宙に浮く」などのように、空中を意味する言葉でも使われています。

「宙」という漢字を名付けに使う時に込められる思い

「宙」という漢字は、大空や宇宙という意味があります。

そのため「宙」という漢字を名付けに使うときには、

「心の広い人になって欲しい」
「汚れのない心のきれいな子になって欲しい」
「包容力のある人になって欲しい」
「頼り甲斐のある人になって欲しい」
「無限の可能性を持った子であって欲しい」

という思いを込められます。

「宙」という漢字から受ける印象

「宙」という漢字からは、宇宙をイメージする人が多いでしょう。

スケールの大きさ、無限の可能性を感じさせる字です。

空はどこまでも続いていて、世界中の人を覆っています。

また月や太陽、星もあります。

その全てを覆う宇宙は、他の漢字とは比べ物にならないほどの包容力と存在感を感じることができます。

オンリーワンで、この世に存在する全てのものが必要としているものというところにも特別な感じがあります。

また「宙」という漢字は、左右対称で字面に安定感があります。

左右対称の字を名前に入れると名前を書いたときのバランス感がよく感じられます。

「そら」「みち」「ひろ」など一字で名付けることもできます。

「宙」という漢字は名付けに使う時には「そら」「おき」「ひろ」「みち」と読ませることができます。

「そら」という響きには、スケールの大きさや広がり、清々しさを感じます。

「おき」という響きには、おおらかで包容力のある優しさを感じます。

「ひろ」という響きには、冷静でクール、知的な印象を受けます。

「みち」という響きには、愛らしさと明るい元気の良さを感じます。

男の子にも女の子にも人気のある「宙」

スポンサードリンク


「宙」という漢字は、大空や宇宙をイメージさせることから、男女問わず名付けに人気のある漢字です。

「そら」という響きも人気が高いことから、近年はこの漢字を使った名付けも見かけるようになりました。

ただ、大空や宇宙というイメージから当て字で名付けに使われることが多いのも「宙」という字の特徴です。

親としては、子供にたくさんの思いを込めてイメージを膨らませて考えた名前かもしれませんが、どうやっても読むことができない名前は、将来子供が苦労する場合があります。

小さいうちはかわいいと感じられる名前も、年齢を重ねるごとに不釣り合いになってしまうこともあるでしょう。

また、名前は子供が一生使うものです。

自己紹介や、口頭で名前を説明する時にも伝わりにくいと困ってしまいますね。

子供の名前を考えるときには、伝わりやすさや読みやすさという点を考慮することも大切です。

「宙」を使った熟語

宙(そら)

大気と宇宙のこと。

宇宙(うちゅう)

全ての空間のこと。

小宇宙(しょううちゅう)

銀河。

惑星の集まりのこと。

宙水(ちゅうすい)

地下水の一部。

地下水面の本体の部分よりも上の部分に局部的に存在する地下水のこと。

宙吊り(ちゅうづり)

空中にぶら下がっている状態のこと。

「宙」の説明の仕方

電話でのやり取りのときに、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「宙」を説明する例を紹介します。

例えば、

A「名前は、〇〇宙未といいます。」

と伝えると、

B「〇〇あきみさんですね。「あきみ」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、宙の部分の説明の仕方としては、

・A「あきは、宇宙の宙です。」
・A「あきは、ウ冠に自由の由です。」
・A「あきは、宙返りの宙です。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、確実に相手に伝わりますよ!

「宙」を使った名前の有名人・芸能人

岩田 宙さん
後藤 宙美さん
清水 茉宙さん

「宙」を使った名付け候補

スポンサードリンク


宙未(おきみ)
希宙(きそら)
綺宙(きひろ)
詩宙(しひろ)
宙(そら)
宇宙(そら)
宙美(そらみ)
宙羅(そらら)
宙梨(そらり)
千宙(ちひろ)
宙(ひろ)
宙風(ひろか)
宙名(ひろな)
真宙(まひろ)
麻宙(まそら)
美宙(みそら)
宙(みち)
宙歌(みちか)
未宙(みひろ)
宙穂(みちほ)
夜宙(よぞら)
李宙(りひろ)

まとめ

大空や宇宙をイメージさせる「宙」という漢字をご紹介しました。

スケールの大きさや、2つと存在しないオンリーワンな印象を与える特別感のある字です。