鈴鹿サーキットは子ども連れでも楽しめる一大アミューズメントパーク♪

スポンサードリンク

三重県鈴鹿市にある、鈴鹿サーキット。日本有数の国際レーシングコースがあると同時に、遊園地やホテルなどを併設する一大アミューズメントパークでもあります。

今回は、特に親子で楽しめるアトラクションを中心に、鈴鹿サーキットの魅力に迫っていきます。

目次

鈴鹿サーキットの3つのエリア

鈴鹿サーキットは大きく分けて3つのエリアがあります。

国際F1レースも開かれるモータースポーツエリア、ホテルやキャンプ場からなるホテルエリア、そして親子で楽しめる遊園地があるモートピアエリアです。

まずはそれぞれのエリアの特徴を見ていきましょう。

モータースポーツエリア:様々なレースが開かれる本格サーキット

もともと鈴鹿サーキットの中心と言えるのがモータースポーツエリアです。4輪用国際レーシングコースがあり、F1カーやバイクなどのレースが行なわれています。

主要レースの日程は公式サイトをご確認ください。

ホテルエリア:ホテルだけでなくキャンプも楽しめる

鈴鹿サーキットのホテルエリアには、親子で泊まれるファミリールームも完備した宿泊施設があります。

また、手軽にキャンプを楽しめる施設も用意されています。

テントや電源が最初から用意されているコースもあり、初心者でも手軽にキャンプを楽しむことができます。

モートピアエリア:親子で楽しめる、乗り物とプールの遊園地

今回、特集するのが親子で楽しめる遊園地、鈴鹿サーキットのモートピアエリアです。

鈴鹿サーキットのモートピアエリアは乗り物をテーマにしたアトラクション施設。お子様が喜ぶ乗り物がたくさんあり、1日では乗り切れないほどです。

 

また、夏はプールも楽しめ、水着のまま遊園地で遊ぶこともできます。

鈴鹿サーキット・モートピア、オススメ10の乗り物アトラクション

スポンサードリンク


鈴鹿サーキットのモートピアには魅力的な乗り物アトラクションが多数あります。今回はその中から10個のアトラクションをピックアップしてご紹介します。

プッチグランプリ:2人乗りのレーシングカーでタイムアタック

本物そっくりなミニ鈴鹿サーキットを親子で協力して走りきりましょう。

コース途中の青いポイントを通れば、スピードアップ時間が延びるなど、ゲーム的な演出が盛りだくさん。

お子様はもちろん、お父様もついつい熱くなってしまうミニサーキットです。お子様とお父様が協力して、記録更新を目指しましょう!!

こちらドライビングスクール:交通ルールを勉強しよう

保護者の方に先生になってもらい、交通ルールを学ぼうというコンセプトのアトラクション。

標識にあわせてボタンを押すゲームをやっているうちに、自然とお子様は交通ルールやマナーを身につけていきます。

運転する側の気持ちを理解することで、歩行者として安全な行動を取ることもできるようになるのです。

プッチパトロール:パトカーに乗ろう

お子様だけでパトカーに乗って冒険しましょう。上手く猫の足跡を踏むと、ネコちゃんが顔を出してくれますよ。

チクタクトレイン:電車の運転手になろう

鈴鹿サーキットで運転できるのは車だけじゃない! 電車も運転できちゃいます。

トンネルや鉄橋を越えて、上手に運転しましょう。アクセルやブレーキを使い分けて、予定通りの時間につけるかな?

テストフライト:飛行機にのって大空へ

スポンサードリンク


飛行機に乗って、テイクオフ! 2人1組で操縦して、ターゲットをシューティング!!

ピピラのモトフィールド:お子様のレベルに合わせたバイクに乗ろう

ピピラのモトフィールドではお子様のレベルにあわせてバイクを運転できます。

自転車に乗れないお子様はピピラのピンキーバイク。転倒しない三輪車ですから、小さなお子様でも安心です。

ですが、アクセルやブレーキはバイク特有の手を使ったモノ。三輪車とはいえ、結構本格的ですよ。

補助輪なしで自転車に乗れるようになったらキッズバイクにチャレンジ。

スタッフの方に手伝ってもらって、初めてのバイクに挑戦してみましょう。もちろん、安全には最大限に配慮されて作られています。

キッズバイクでA級ライセンスをゲットしたら、お父さんやお母さんと一緒にツーリングに挑戦できます。

トンネルや丸太ゾーン、ガタガタゾーンなど楽しい仕掛けが盛りだくさん。お父さんやお母さんも油断してはいられませんよ。

ぶんぶんばち:かごに乗って跳び回る

スポンサードリンク


ハチの気分になって空を飛ぶアトラクションです。

上手く操作すると、かごの高さを変更することもできますよ。

ene-1:限られたエネルギーを上手く使おう

限られたエネルギーを効率よく使って、少しでも遠くまで車を走らせましょう。

地球の限られたエネルギーを大切に使う気持ちを養うこともできます。

ロッキーコースター:木製の本格的ジェットコースター

ロッキーコースターは本格的なジェットコースターです。

勢いよく走るコースターにのれば、日々のストレスも吹き飛んじゃいます。親子で一緒に乗って、大声で叫びましょう。

アドバンスカート:モータースポーツを体験

アドバンスカートは本格的なモータースポーツ体験!! どちらかというと高校生以上向けのアトラクションで、お子様よりもお父さんが熱中してしまうかもしれません。

※身長140cm以上でないと乗れません。
※運転免許証がない場合、「アドバンスカート ステップ講習」の受講が必要です。

サーキットホイール:大型観覧車でレーシングコースを一望

大型観覧車からは、鈴鹿サーキットの全景を一望できます。国際レーシングコースを上空からゆっくり眺めるのも楽しいものですね。

夏限定! プールで楽しむアクア・アドベンチャー特集

スポンサードリンク


鈴鹿サーキットのアクア・アドベンチャーはプール遊技場。屋外プールなので夏の間しか楽しめませんが、とても楽しい仕掛けが盛りだくさんです。

暑い夏。お子様と一緒に鈴鹿サーキットのプールで涼みませんか?

アクア・アドベンチャーベイビー:赤ちゃんでも安心のプール

アクアアドベンチャーベイビーは赤ちゃんでも安心の水深15cmのプールです。赤ちゃんのプールデビューにぴったりですし、ご両親も足下が涼やかですね。

アドベンプッチ:キッズプールで遊ぼう

ベイビープールを卒業したら、キッズプールへ。探検家や乗り物になりきって冒険することができます。

パワーバトルスライド・ミニは小型の水のすべり台。お友達と競争して遊ぶこともできます。

アドベンチャープール:様々な仕掛けがもりだくさん

噴水火山『アクアマウンテン』を中心にした楽しい水の遊び場、それがアドベンチャープールです。


勢いよく流れ落ちる勇者の滝や、巨大水鉄砲、ウォーターキャノンなど楽しい仕掛けが盛りだくさん。

渓流の水に乗って滑り降りるスライダーは、とっても気持ちがいいですよ。

アドベンチャープールでは安全面も徹底的に考慮しています。たとえば、水深は最も深くても60cmですから、お子様だけで遊ばせても安心です。

もちろん、水の衛生面も十分配慮しています。

アドベンチャースライダー:水のすべり台でタイム競争も

スポンサードリンク


アドベンチャースライダーは水のすべり台。110mもの長さを一気に滑り降りる快感は、一度味わったらやみつきですね。

2人の合計タイムを競うパワーバトルスライドもあります。こちらは目標タイムをクリアーすると『パワーバンド』をゲットできます。是非チャレンジしてみてください。

アドベンチャーリバー:流れるプールにぷかぷかと

スポンサードリンク


アドベンチャーリバーはいわゆる流れるプールです。浮き輪にのってぷかぷか浮いているだけでも楽しい空間です。

もちろん、流れに乗って泳ぐのもとっても気持ちがいいですね。

鈴鹿サーキットへのアクセス

鈴鹿サーキットは三重県鈴鹿市稲荷町7992にあります。

電車の各路線の駅からはやや距離があり、どちらかというと車での来園をオススメします。ただし、イベント開催時は駐車場が満車になることもあります。

車で来園する場合

鈴鹿サーキットに車で来園する場合、東名阪自動車道の亀山ICまたは鈴鹿ICからが便利です。

駐車場情報

乗用車の駐車料金は、1日1,000円になります。ただし、全長5m以上のキャンピングカーなどは2,000円です。

駐車場は通常の日は止められないほど混むことはまずありません。しかしながら、鈴鹿サーキットでレースやイベントが行なわれる日はかなりの混雑が予想されます。

それらの日は避けるか、前売り駐車券の購入を検討された方が安心だと思われます。

詳細は公式ページの駐車場情報をご参照ください。

電車で来園する場合の案内

鈴鹿サーキットに最も近い駅は、伊勢鉄道の鈴鹿サーキット稲荷です。それでも駅より徒歩30分(1.5km)あります。

それ以外ですと、近鉄名古屋線の白子駅から路線バスがございます。


なお、白子駅~鈴鹿サーキット間の路線バスは大人400円、小児200円となっています。

鈴鹿サーキット・モートピアの料金

鈴鹿サーキットのモートピアの基本料金は以下の通りです。

大人 子ども 幼児
モートピアパスポート
(入園+のりものパスポート)
1,700 800 600
4,300 3,300 2,100
※シニア(60歳以上)
シニアパスポート
(入園+のりものパスポート)
3,000
※夏限定プール
プール券
(入園+プール入場)
2,900 2,000 1,400
サマーパスポート
(入園+のりもの+プール入場)
5,400 4,100 2,700
シニアサマーパスポート
(入園+のりもの+プール入場)
3,800
※アドバンスカート
アドバンスカート利用
(入園+アドバンスカート5周1回)
2,600円

鈴鹿サーキット・モートピアをお得に利用するためのクーポン情報

スポンサードリンク


鈴鹿サーキットのモートピアをもっとお得に楽しみたい方のために、クーポンや割引情報を公開します。

当日券なら『いこ~よ』のクーポンでお得になる

当日券を購入するならば『いこ~よ』のクーポンをご利用になるとお得です。

使い方は簡単。スマホにクーポン画面を出すか、事前に印刷してチケット売り場で提示するだけ。これだけで、当日券の割引が受けられます。

なお、クーポンの内容は時期によって異なりますから、いくら割引になるかは事前にいこ~よのサイトにてご確認ください。

前売り券でお得に利用する

鈴鹿サーキットを安く利用する、もっとも分かりやすい方法は前売り券を利用することです。

鈴鹿サーキットのオンラインショップやコンビニにて、前売り券を購入した場合、入園+パスポートのお値段が100円お得になります。

また、夏期期間のプール料金は200円お得に、プールと遊園地のパスポートを合わせた場合最大500円お得になります。

詳細は公式ページをご覧ください。

グループ割引でお得に利用する

前売り券を購入するとき、グループ割引を利用するとさらにお安くなります。具体的には5枚(5名)以上利用の時は、グループ割引を使うと通常の前売り券よりもお得です。

お誕生日月ならハッピーバースデーパスポートがお得

お子様(小学生以下)のお誕生月にはWeb限定でハッピーバースデーパスポートを購入することができます。

グループ割引よりもさらにお得なので、是非ご活用ください。

夕方からの来園ならトワイライトチケットがお得

夕方から来園するならば、トワイライトチケットもあります。こちらは時期によって割引額が異なりますので、チェックしてみてください。

年に何度も訪れるなら年間パスポートがお得

モートピアに年に何度も訪れるならば、いっそ年間パスポートを購入してしまった方がお得です。具体的には、1年に4回以上来園するならば、年間パスポートを購入した方がいいでしょう。

大人 子ども 幼児 シニア
年間パスポート 15,000円 11,500円 7,400円 9,000円

鈴鹿サーキット・モートピアの口コミ・評判

乗り物がいっぱい。家族みんなで楽しめます

乗り物がいっぱいあって、家族みんなで楽しめます。息子は本当に楽しそうで、特に男の子ならば絶対に喜ぶ施設だと思います。

乗り物は男心をくすぐるようで、実は息子と同じくらいお父さんも楽しんでいました。

水着のまま遊園地で遊べます

プールで遊んで、水着のまま遊園地で遊ぶことができます。実はこれって結構珍しいと思うんですよね。汗をかいても水着なら問題ありません。

息子も娘も、プールと遊園地をとても楽しんでいました。

夏休みなどは混雑します。フリーパスを無駄にしないように注意

とても楽しい施設なのですが、夏休みなどは結構混雑します。

あまり待ち時間が長いとフリーパスがもったいないですから、混雑期はあえてフリーパスを持たずに遊ぶのも手だと思います。

我が家の場合は、混雑期はフリーパスではなく入園券のみで、アトラクションごとに別途お金を払っています。

ゲーム的な乗り物が多いですね。大人も楽しめます

大人も子どもも楽しめる施設です。たんなる乗り物ではなく、ゲーム的な要素があったり、親子で一緒に楽しめる乗り物があったりと、盛りだくさんなのが嬉しいです。アドバンスカートなどは子どもよりも親が楽しんでしまいました。

アトラクションが多くてとても1日では回りきれません。夏はプールもありますが、それ以外の時期でも十分楽しめると思います。

幼児から小学生、大人まで楽しめる遊園地

鈴鹿サーキットというとレース場のイメージが強いですが、併設された遊園地は幼児から大人まで楽しめる施設です。

幼児向けのバイクやジェットコースターなど、盛りだくさんです。夏場はプールもいいですね。

値段もそこまで高くありませんが、交通の便はあまりよくなく、イベント開催時は周辺の道路も混雑しますので注意してください。

まとめ

鈴鹿サーキットというと、F1レースなどのイメージが強かったのですが、実際には親子で楽しめる遊園地もあります。

サーキット場に併設されている遊園地らしく、乗り物にこだわったアトラクションがとても多いですね。

自分で運転をしてみたいお子様、特に男の子にはたまらない遊び場と言えると思います。東京や大阪からはかなり距離がありますが、一度は親子で訪れてみたい場所ですね。