妊婦は生姜を食べて大丈夫?妊娠中のショウガ5つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




妊婦は生姜を食べて大丈夫?妊娠中のショウガ5つの注意点とおすすめレシピ

生姜は、昔から薬膳料理や漢方薬に利用され、健康に役立つ食品として重宝されてきました。

実際に食欲不振の改善、血行促進などに期待が持てます。

そんな生姜の効果と妊婦さんが食べる時の注意点、おすすめのレシピについて次の5項目にまとめました。

・生姜の辛み成分がプラスの効果をもたらしてくれる
・妊婦さんは生姜を食べても大丈夫!
・おすすめの食べ方は「生姜を添える料理」
・生姜を食べ過ぎると、下痢や嘔吐などの悪影響が出る
・妊婦さんは生薬の生姜NG

身近な食べ物、生姜についてひとつずつ見ていきましょう。

生姜の辛み成分がプラスの効果をもたらしてくれる

生姜が体にいい、ということはよく聞きます。

しかし、なにがいいのか分からない、という人も多いですよね。

生姜は9割以上が水分で、カリウムやマンガンといったミネラル類、ビタミン類が含まれているものの、ごく微量です。

しかも、私たちが一度に食べる生姜の量はほんのわずか!

生姜が体にいい、と言っても「栄養がある」ということではありません。

プラスの効果をもたらしてくれるのは生姜の辛み成分「ジンゲロール」です。

生姜独特の強い刺激の元になっている成分が、殺菌、代謝促進、消化・食欲増進といった効果を発揮してくれるのです。

食欲をそそる香りと辛みが特徴のしょうが。その辛味成分は食欲増進や新陳代謝をよくする働きがあり、殺菌力も強いとされます。

(引用元:農林水産省

殺菌効果

生姜は古くから強い殺菌効果が香辛料や医薬として利用されてきました。

ヨーロッパなどではコレラやチフスに効くと言われていましたし、日本でも食中毒を予防するため、寿司など生の料理に添えられてきました。

今でも、生姜は喉の痛みや風邪に対する民間療法で活用されていますよ。

(参考:遠藤食品株式会社

代謝促進

生姜の辛み成分には、血管を広げる作用があって血行を良くしてくれます。

これによって全身に酸素や栄養がよく行き届き、代謝力がアップ!

血行がよくなることで体が温まり、冷えを予防できます。

さらに発汗機能も刺激されるので、エアコンなどの空調に頼りがちで低下してしまった体温調節機能もよく働くようになります。

消化・食欲増進

生姜の辛み成分には、肉を柔らかくして消化しやすくしたり、魚の臭みを消す作用があります。

また、独特の刺激で爽快感が得られたり、食欲が増したりします。

さらに刺激で胃がよく動き、消化酵素が多く分泌されて、消化力もアップ!

暑い夏にそうめんなどに添えて食べると、夏バテで弱った胃腸が刺激されて食欲が戻ることも。

生姜の辛み成分はその刺激で体にプラスの効果を与えてくれます。

妊婦さんは生姜を食べても大丈夫!

紹介した生姜の効果は、どれも妊婦さんにとって嬉しいものです。

妊娠中は食中毒を避けたいですし、血行促進で冷えを予防したいもの。

そして、つわりで食事が難しい時に心地良い刺激で食欲が改善すると嬉しいですよね。

妊婦さんも生姜を食べて大丈夫!

生姜を料理に添えて、マタニティライフの健康維持に役立てましょう。

おすすめの食べ方は「生姜を添える料理」

スポンサードリンク


妊婦さんにおすすめの生姜の食べ方は「生姜を添える料理」です。

そもそも生姜は、それ自体をバリバリ食べるものではありません。

下ごしらえに使って肉を柔らかくしたり、魚の臭みを取ったり、薬味に使ったり、スープなどに添えるもの。

調味料やスパイスとして利用しましょう。

豚肉の生姜焼き

生姜を使った料理といえば生姜焼き!

豚肉はタンパク質の塊で、カリウムやリン、亜鉛といったミネラル、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・Cなども多く含まれている食材です。

妊娠中に多く必要になるアミノ酸やビタミン類、ミネラルを簡単に効率良く取れるので、ぜひ食べたいもの!

生姜を利かせた生姜焼きは妊婦さんにピッタリの料理ですよ。

【材料】
豚肉(生姜焼き用)10枚
★しょう油           大さじ3
★みりん               大さじ2
★しょうが           大さじ1(すりおろし)

【作り方】
(1)★を合わせ、豚肉に揉み込む。
(2)15分後、フライパンで焦がさないように焼けば完成!
※妊娠中は塩分を控えたいため、豚肉に塩をしないレシピにしています。

生姜でかけうどん

妊娠中は体を冷やさないのが鉄則!

うどんは温かいかけうどんにしましょう。

温泉卵、ネギ、大根おろし、納豆など。

お好みの薬味を乗せる時に、すり下ろした生姜を小さじ1添えてください。

味を変えるために、最後に生姜を添えるのもおすすめ!

なお、うどんには麺に塩が含まれています。

めんつゆは、しょう油を使って作りますが、妊娠中はできる限り塩分を控えたいもの。

しょう油は極少量にし、昆布だしや鰹だし、いりこだしを使ったつゆがいいですよ。

しょうが湯

生姜といえば、しょうが湯です。

作り方はとても簡単!

水と蜂蜜を鍋に入れ、沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつけてください。

トロトロのお湯にすりおろした生姜を加えれば完成。

生姜の量はお好みで変えてOKですが、水1カップ(200cc)に対して大さじ1弱が目安です。

体がとても温まる上に、カフェイン0で血行を良くしてくれる嬉しい一杯です。

生姜を食べ過ぎると、下痢や嘔吐などの悪影響が出る

生姜は体に嬉しい効果がたくさんありますが、食べ過ぎると胃腸の調子が悪くなります。

生姜の辛み成分は、ほんの少しでも刺激が強いもの!

胃腸が弱い方は、刺激が強すぎて吐き気、胸の不快感、胃が荒れる、下痢などの症状が出てしまいます。

妊娠中はつわりで胃腸が弱っていたり、不快感が強まっていたり。

生姜の刺激がプラスに働くこともありますが、強すぎる刺激がかえって状態を悪化させることもありえます。

まず、少しだけ口にして合うかどうか確認し、合う場合でも1日に大量に口にしないようにしましょう。

通常の食事の中で、調理の下ごしらえや薬味で取るくらいなら問題なし。

生姜は薬ではなく、食材です。

不調を治療したり、不快感をゼロにしたりするものではありません。

摂取すればするほど、いい効果が増えるわけではないので、普通の食事で取るだけにしてくださいね。

妊婦さんは生薬の生姜NG

スポンサードリンク


生姜を口にする際、注意したいのは「生薬として活用される生姜」です。

生薬とは、漢方薬の原料です。

生姜も乾燥させたり、蒸したり、粉末にするなどして生薬にされます。

薬効を期待し、生薬にした生姜は妊婦さんNG!

どうしても利用しないといけない場合は、医師に相談し、必要とされる範囲内で口にするようにしましょう。

生薬の生姜は成分が凝縮されています。

通常の食事で摂取するのとは比べものにならない量の成分を摂取することになるので、絶対に自己判断で口にしないでくださいね。

まとめ

生姜は、辛み成分が体に嬉しい効果を発揮してくれます。

殺菌効果や血行・代謝促進、消化を助け、食欲を増進してくれるので妊婦さんにおすすめの食材です。

おすすめは、料理の下ごしらえに使ったり、薬味として料理にプラスしたりして食べる方法。

豚肉の生姜焼き、うどん、しょうが湯がいいですね。

特にしょうが湯はカフェイン0。

水分がしっかり取れ、体を温められる飲み物です。

ただし、注意したいのは生薬になった生姜。

漢方薬の原料になる生薬は妊婦さんNG!

どうしても利用しないといけない場合は、医師に相談した上で、必要な量だけ口にしてくださいね。

生姜を上手に食べて、妊娠中の健康維持に役立てましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です