旬を使った名前15選~旬の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「旬」という漢字について

字画数:3画
音読み:しゅん、じゅん

名乗りの場合には、「ただ」「とき」「ひとし」「ひら」「まさ」という読み方があります。

他の漢字と組み合わせて様々な名前に使うことはもちろんのこと、「旬」一文字で名前にすることもできますよ。

太陽が毎日変わらず昇ってくることを表す

「旬」という漢字は「ひとしい」ことを表す「匀」と「太陽」を表す「日」を組み合わせてできた漢字です。

このことから、太陽が毎日のように変わらず昇ってくるというような、太陽の運行を表す漢字となりました。

私たちは毎日太陽が昇ってくると1日のはじまりを感じ、太陽が沈んでいくと1日の終わりを感じていますよね。

そんな太陽がもしも昇らない日があったら…。

もしくは、太陽が沈まない日があったら…。

きっと不安で仕方がなくなってしまうことでしょう。

毎日のように太陽が昇ったり沈んだりすることは、私たちに安心を届けてくれます。

このことから、「毎日昇っては沈んでいき、人々を安心させてくれる太陽のような人になるように」という願いを込めて「旬」という漢字を名付けてみるのも素敵ではないでしょうか。

「10日間」を表す「旬」

「旬」という漢字は、「10日間」を表す漢字です。

太陽が10回めぐることを「旬」という字で表すことから、ひと月を10日ごとに区切ったときに「上旬」「中旬」「下旬」と言うのですね。

しかし、時には「10回」や「10年」を表すこともあるようです。

もしもあなたやあなたの子どもに「10」という数字に縁があるのであれば、「旬」という字を名付けてみるのも良いですね。

「広く行きわたる」という意味も

「旬」は「日」という「太陽」を表す字を含む漢字ですから、太陽のことを連想させる意味を持つ漢字でもあります。

その意味とは、「広く行きわたる」です。

太陽は地上の全てをあまねく照らし出してくれますよね。

このため、「旬」という字は「広く行きわたる」という意味を持っているのです。

太陽の光が広く隅々まで行きわたるということは、ほとんど全ての生き物にとってありがたいことです。

特に私たち日本人は農耕によって得る作物を食べて生きていますから、作物を育ててくれる太陽の光が地上を隅々まで照らしてくれるのはとてもありがたいことですよね。

このことから、「旬」という字に「人々をあまねく照らす素敵な男性になるように」という願いを込めて、わが子に「旬」という名前を付けてあげてはいかがでしょうか。

「ひとしい」という意味も

スポンサードリンク


「旬」は「匀」という「ひとしい」と意味を持つ漢字を含んでいます。

そのため、「旬」という漢字も「ひとしい」という意味で使われることがあるようです。

現代は身分制度も無く、基本的に人々は皆平等な存在であると考えられています。

しかし、実際に皆が皆平等に扱われているかといえば、そうではないことの方が多いと感じている人も少なくないでしょう。

「本当の意味で皆が平等に暮らせるよう、一石を投じられる人になってほしい」という願いを「旬」に込めてみるのも素敵なことではないでしょうか。

日本では野菜や魚などの最も美味しい時期として知られる

私たち日本人は「旬」という漢字を見ると何かおいしいものを想像してしまいますよね。

秋はサンマ、冬はブリやサケなどそれぞれの季節でおいしいものを表すときに「旬」という漢字が使われることは誰もが知ることでしょう。

実は、野菜や果物、魚に「旬」があるように、人にも「旬」というものがあります。

「自分の『旬』に気づいて才能を花開かせることができるように」という願いを込めて「旬」という字をわが子に名付けてみるのも良いかもしれませんね。

「旬」を使った熟語

一旬…10日間。

三旬…ひと月の上旬・中旬・下旬のこと。もしくは、30日間のこと。

旬間…行事を行うために特に区切られた10日間のこと。

旬月…10日間。もしくは、1か月。または、10か月。

旬祭…毎月1日・11日・21日に行われる宮中の祭典。

旬朔…10日とついたち。あるいは、10日間。

上旬…ひと月のうちの1日から10日までの10日間のこと。

中旬…ひと月のうちの11日から20日までの10日間のこと。

下旬…ひと月のうちの21日から末日までの間のこと。

旬年…10年間。

「旬」を使った芸能人、有名人の名前

小栗 旬さん

「旬」という字を人に説明するときは?

スポンサードリンク


基本的に「旬の野菜と言うときに使う『しゅん』」という説明で通じます。

しかし、それでも伝わるかが不安であるという場合には、「上旬・下旬の『じゅん』」という説明の仕方を覚えておけば間違いないでしょう。

「旬」を使った名づけ候補

旬(しゅん)
一旬(かずひら)
圭旬(けいしゅん)
旬貴(しゅんき)
旬汰(しゅんた)
旬介(しゅんすけ)
旬斗(しゅんと)
旬平(じゅんぺい)
旬矢(しゅんや)
旬夫(ときお)
旬成(ときなり)
旬志(ひとし)
旬生(まさき)
旬太郎(しゅんたろう)
旬之助(しゅんのすけ)

まとめ

「旬」といえばなんとなくおいしいものが連想される漢字ですよね。

しかし、「旬」には「太陽」や「ひとしい」ということに関する素敵な意味がたくさんあります。

皆さんも「旬」という字に素敵な願いや思いを託して、わが子にピッタリな名前を考えてあげてくださいね。