夫が出産に立ち会いってどうなの?立会い出産のメリットとデメリット

スポンサードリンク

出産となると気になるのは、夫による立ち会い出産について。

最近は立ち会い出産可能な産院が増加し、夫婦揃って出産の時を過ごすパターンが増えてきました。

立ち会い出産は家族の愛情を深めるチャンス…というイメージが強いですよね。

しかし、立ち合い出産にはそのようなメリットだけではなくデメリットも存在します。

この記事では、2人出産した筆者の経験を踏まえて、立ち会い出産のメリットデメリットや、立ち会い出産に向けて考えておきたいこと等について解説します。

立ち会い出産のメリットとは?

立ち会い出産のメリットは、なにより子ども誕生の瞬間を夫婦共に過ごすことができること。

出産は、基本的にはどうしても夫は第三者的な立ち位置になりがちです。

痛みも、妊娠している実感も、夫は感じることができません。

妊婦さんは胎動を感じたり、胎児と共に過ごしていくことで、徐々に母としての心を養っていったりすることができます。

しかし男性にはなかなかそのようなチャンスがありません。

そういう中で、出産の立会いというのは貴重な体験になります。

赤ちゃんがお母さんのお腹から出てくる姿を見ることで、出産の大変さ、尊さを実感し、夫も父としての気持ちを養うことができます。

筆者には2人子どもがおり、2回とも立ち会い出産で行いました。

2人目の子どもの時は夫に加え長男にも立ち会ってもらいましたが、みんなで新しい家族を迎えることができてとても良かったです。

立ち会い出産のデメリットは?

立ち会い出産のデメリットとしてよく聞くのは「妻を性的対象として見られなくなった」という旦那さんの声や、「暴れているところを夫に見られてしまい恥ずかしかった」という妊婦さんの声です。

個人差もあるものの、出産に伴う痛みは想像を絶し、我を忘れて暴れてしまう妊婦さんもいます。

また、女性は月経で血や痛みに慣れていることが多い反面、男性はそのような刺激に慣れておらず、「なるべく見たく無い」と感じる人が比較的多いです。

女性としては「痛みを感じるのは私で、夫は見ているだけなのだから耐えて欲しい」と感じるところはありますよね。

とはいえ、出産シーンを見てトラウマになった!という男性も少なからずいるのでよく考えたいところです。

出産に立ち会う場合に気をつけたい3つのこと

立会い出産を選ぶ場合には、気を付けて欲しいポイントが3つあります。

後から後悔、なんてことの無いようにぜひ事前に意識しておきましょう。

1.夫婦でよく話し合う

スポンサードリンク


メリットデメリットをよく考え、立ち会い出産をするか否かをふたりでよく話し合いましょう。

出産は母体にも大きなダメージを与えるイベントです。

立ち会い出産も、気軽にできるものではありません。

片方が片方に意見を押し付ける、なんてことの無いように!

筆者の友人の話ですが、旦那さんは立ち会い出産を希望している一方、奥さんは「暴れるところを見られたく無い」と断固拒否。

しばらく夫婦げんかが絶えなかった…なんてことがありました。

2.立ち会い出産可能な産院を選ぶ

最近は立ち会い出産可能な産院が多くなってきましたが、不可のところもあります。

また、無痛分娩の場合は施術の都合上立ち会い出産不可の病院が多くなります。

産院を選ぶ際は気をつけてくださいね。

3.妻の気持ち第一で動く

出産は心身ともども激しく疲労します。

陣痛が始まってからは戦争になり、妊婦さんの精神的な余裕が無くなっていきます。

筆者の友人には「夫がしきりに手を握ってきたけれどイヤだった」という人がいます。

また筆者の友人には、立ち会い出産中、壁の方で看護師さんと雑談していた旦那さんを見て怒りを覚えた…なんて人もいます。

旦那さんは、立ち会い中何がして欲しいかは妊婦さんに聞いたり、察してあげたり、妊婦さん第一に動いてあげて下さいね。

立会い出産でなくても旦那さんにしてもらえること

立会い出産を選ばなくても、旦那さんが出産に協力できることはたくさんあります。

夫婦の絆を深めるためにも、旦那さんにもアクションを取ってもらいましょう!

痛いところをマッサージしてもらう

ぜひ陣痛が始まったら、妊婦さんが痛いと思うところをさすって貰いましょう。

人にさすって貰うだけで、かなり痛みは和らぎます。

テニスボール代わり!いきみ防止に旦那さんの手を借りる

陣痛が始まっても、子宮口が充分開くまでは妊婦さんはいきむことができません。

その際、いきみ防止で肛門付近を押さえるためにテニスボールを当てる方法はよく使われますよね。

この時、テニスボールではなく、旦那さんの手で押さえる方法もあります!

陣痛は、特に初めての出産だと長時間になるので旦那さんも疲れてしまうかもしれません。

しかし旦那さんが蚊帳の外になることなく、二人三脚で出産を頑張ることができるのでおすすめです。

立ち会い出産については夫婦でしっかり話し合いましょう

いかがだったでしょうか?

立ち会い出産というとポジティブなイメージが強いですが、出産というのは母体に大きなダメージを与え、場合によっては命の危険にすら晒される重大なイベントです。

気軽に興味本位で参加できるようなものではありません。

立ち会い出産にはメリットもデメリットもありますから、夫婦でしっかりと話し合って決めたいものです。