赤ちゃんに人気の手遊び歌!大好きなのはどれ?わが子に試してみた!【動画あり】

スポンサードリンク

赤ちゃんに早くから手遊びを教えてあげると、感性が育つと昔の人からよくいわれます。

しかし、ママがどんなに頑張って手遊びを教えても、赤ちゃんによっては無関心なことも・・・。

手遊びのレパートリーが少な過ぎるのか、毎回同じで飽きてしまうのか、心の声を聞きたくなる時があります。

そこで今回は、赤ちゃんに人気のある手遊びを動画で覚え、わが子に試してみました。

本当に赤ちゃんは手遊びが大好きなのか、どの歌がお気に入りなのか体験談をお伝えします。

赤ちゃんと一緒に遊べる手遊び歌とは?普通の歌との違いについて

手遊び歌とは、手や足など体を歌やリズムに合わせて動かす遊び方です。

普通に歌う童謡(どんぐりころころ など)は、体を使わずに耳で聞いて楽しむ遊び方。

赤ちゃんと手遊び歌することで、こんなメリットがあります。

・スキンシップができる
・赤ちゃんが笑うなどの反応が見られる
・便秘解消など体操ができる

赤ちゃんと一緒になって遊ぶなら、手遊び歌の方が耳だけではなく目や体など五感を使えるので、保育園や幼稚園でも教えの一環として多く取り入れられています。

赤ちゃんと手遊び歌はいつからスタート?

赤ちゃんは生まれた時から耳が聞こえているので、新生児の頃から歌ってあげましょう。

実際に保育園でも、赤ちゃんクラス(0歳児~1歳児)の保育参観へ行った時、まだ手遊び歌ができない子供を相手に先生たちが歌っていました。

子供たちは同じ動きができないものの、手足をバタつかせてみたり、ジーっと先生を見つめていたりと興味津々。

月齢があがるたびにできることが増えていくので、喃語(あーあー、パパパパ)を話す時期やおすわりができる時期になると、一緒にできる手遊び歌のレパートリーも増えますよ。

赤ちゃんに人気の手遊び歌ベスト5を試してみた!

赤ちゃんと一緒に遊べる手遊び歌、探してみるとたくさんの種類があります。

どれもねんね期から遊べる歌ばかりですが、わが家の子供が大好きなベスト5を動画と一緒にご紹介します。

【1位】赤ちゃんの手遊び歌「ぞうきんのうた」

わが子はこの歌が大好きです。

子供をぞうきんに見立てる歌なので、「絶対にやらせたくない歌」としても注目されています。

私はあまり気にしていませんが、考え方は人それぞれなので、やりたい方だけやるのをおすすめします。

赤ちゃんの手遊び歌の中でも、スキンシップが一番取りやすい遊び方なので、子供も生後1カ月あたりから大喜びです。

現在(1歳)ですが、ぐずっている時などにやってあげると、ピタッと泣き止みます。

【歌詞】

ラララぞうきん ラララぞうきん ラララぞうきんをぬいましょう

チク チク チク チク チク チク チク チク

ぞうきんをぬいましょう

 

ラララぞうきん ラララぞうきん ラララぞうきんをあらいましょう

ザブ ザブ ザブ ザブ ザブ ザブ ザブ ザブ

ぞうきんをあらいましょう

 

ラララぞうきん ラララぞうきん ラララぞうきんをしぼりましょう

ギュッ ギュッ ギュッ ギュッ ギュッ ギュッ ギュッ ギュッ

ぞうきんをしぼりましょう

 

ラララぞうきん ラララぞうきん ラララぞうきんをほしましょう

パタ パタ パタ パタ パタ パタ パタ パタ

ぞうきんをほしましょう

 

【2位】赤ちゃんの手遊び歌「だいこん漬け」

スポンサードリンク


きゅうりの歌の次に大好きなのが、だいこん漬けの歌です。

こちらは上のお姉ちゃんも大好きで、最後の「いただきま~す」という歌詞をいうと、必ず笑います。

赤ちゃんから大人まで楽しめる歌です。

【歌詞】

だいこんいっぽん ぬいてきて

パッパッパッパッ どろおとし

 

ゴシゴシゴシゴシ みずあらい

プルンプルンプルンプルン みずきって

 

まないたのうえにゴローンゴロン

おしおをサッサッ ふりかけて

 

ギュッギュッギュッギュッ すりこんで

ゴロゴロゴロゴロ すりこんで

 

たるのなかに ギュッギュッギュー

だいこんいっぽん つけあがり

 

いただきま~す

【3位】赤ちゃんの手遊び歌「きゅうりができた」

保育園の先生が歌っているのを見て、私も覚えました。

簡単にできて、赤ちゃんの体を手遊びしながらスキンシップができるので、ぐずぐずしているときに大活躍な歌です。

【歌詞】

きゅうりができた きゅうりができた

きゅうりができた さあ食べよ

 

塩ふってパッパパ 塩ふってパッパパ

塩ふってパッパパ パッパパ

 

板ずりキュキュキュ 板ずりキュキュキュ

板ずりキュキュキュ キュキュキュ

 

トントン切ってね トントン切ってね

トントン切ってね トントン

 

おててを ぱっちん いただきまーす

【4位】赤ちゃんの手遊び歌「ひげじいさん」

わが家では「とんとんとんとん ◯◯◯」の、◯の部分を『ちょうちょさん~』など、アレンジして歌ってあげています。

いつもと同じリズムですが、いろんな歌詞とそれに合わせた振り付けをすると、兄弟みんな楽しんで手遊びができますよ。

【歌詞】

とんとんとんとん ひげじいさん

とんとんとんとん こぶじいさん

 

とんとんとんとん てんぐさん

とんとんとんとん めがねさん

 

とんとんとんとん 手はうえに

キラキラキラキラ 手はおひざ

【5位】赤ちゃんの手遊び歌「頭、肩、ヒザ、ポン」

伝い歩きをする前は大好きだった歌ですが、自由に動けるようになってから、ほかの歌よりもノリが悪くなりました。

昔からある歌なので私自身も知っており、手遊び歌の中でいつも歌ってしまう定番曲のひとつです。

【歌詞】

あたま・かた・ひざ・ポン

ひざポン ひざポン

あたま・かた・ひざ・ポン

め・みみ・はな・くち

まとめ

今回は、赤ちゃんに人気の手遊び歌の中で、わが子が大好きな歌を!

大好きなのはどれ?

わが子に試してみた!【動画あり】

そこで今回は、赤ちゃんに人気のある手遊びをわが子に試し、どれがお気に入りなのかについてご紹介しました。

再度、人気順にまとめます。

1位:ぞうきんのうた
2位:だいこん漬け
3位きゅうりができた
4位ひげじいさん
5位頭、肩、ヒザ、ポン

わが子は肌に触れてもらえる手遊び歌が大好きらしく、歌いだした瞬間から大喜びでした。

兄弟も一緒に楽しめる歌ばかりなので、家族みんなで楽しんでみてはいかがでしょうか。