天を使った名前30選~天の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「天」という漢字について

音読み:てん
訓読み:あま、あめ
字画数:4画

名前の読み方は他にもある

名前に使われる場合は、「かみ」、「そら」、「たか」、「たかし」の読み方で使われます。

「天」の意味や由来や成り立ちと特徴

「天」の意味については、主に8つあります。

・大空・・・晴天など
・太陽・・・お天道様など
・人知を超えた存在・・・天神など
・人知を超えた存在によって定められたもの・・・天性など
・人知を超えた存在が引き起こすこと・・・天災など
・神や仏の世界、死後の世界・・・天国など
・君主・・・天子など
・ものごとの最初・・・天からなど

「天」の漢字の成り立ちは、人の頭の部分を強調して示した指示文字から、「うえ、そら」を意味するようになりました。

特徴としては、苗字に用いられている場合は、「天野」、「天本」など「あま」と読むことが多い漢字です。

「天」を使った熟語

続いては、天を使った熟語をいくつか紹介していきましょう。

雨過天晴

雨が止み、雲がなくなり晴れることから、ものごとの悪い状況からよい方向へ向かうことを意味しています。

青天白日

雲一つない青く澄みきった空に太陽が輝くことから、やましいことがないことを意味しています。

天王山

京都にある山で、本能寺の変で織田信長を討った明智光秀と信長の家臣であった羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉が激突した山崎の戦いの地。

そのことから、勝負の分かれ目となる大事な局面や場所をあらわすようになりました。

天を仰いで唾す

上を向いて唾を吐けば、その唾が自分の顔に落ちてくることから、人に害を与えようとして、自分自身がひどい目に合うことを意味しています。

干天の慈雨

日照りが続いているときに、恵みの雨が降ることから、待ち望んでいたことが実現することを意味しています。

人事を尽くして天命を待つ

できる限りのことをして、あとは、天の命令に任せるという意味があります。

「天」の説明の仕方

スポンサードリンク


電話でのやり取りの際、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「天」を説明する例を紹介しておきます。

例えば、

A「名前は、○○天司といいます。」
B「○○たかしさんですね。「たかし」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、天の部分の説明の仕方としては、

A「たかは、天気のてんです。」
A「たかは、天候のてんです。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、説明しやすく、確実に相手に伝えられます。

「天」を使った有名人・芸能人

引田 天功さん
渋谷 天外さん
小嶌 天天さん
宮沢 天さん
岩間 天嗣さん
渋谷 天馬さん
雨宮 天さん
佐藤 天彦さん
牧野 天音さん
笹野 天史さん
三浦 天吾さん

「天」を使った名前候補

天都(あまと、たかと、そらと)
天寧(あまね、たかね)
天暎(たかあき)
天清(たかきよ)
天志(てんし、たかし)
天晴(たかはる、てんせい)
天雅(てんが、たかまさ)
天弦(てんげん)
天秀(てんしゅう、たかひで)
天翔(てんしょう、たかと、あまと)
天珠(てんじゅ)
天明(てんめい、たかあき)
天吏(てんり)
天心(てんしん)
天晟(てんせい)
克天(かつたか)
悠天(はるたか)
飛天(ひてん)
満天(みつたか、まんてん)
勇天(ゆたか)
篤天(あつたか)
和天(かずたか)
潔天(きよたか)
智天(ともたか)
陽天(はるたか)
裕天(ひろたか)
将天(まさたか)
嘉天(よしたか)
弥天(みそら)
汰天(たかみ)

「天」を選ぶ親の気持ちとは?

名前の漢字候補に「天」を考えているお父さん、お母さん。

将来、お子さんに名前の由来など聞かれたときに、親の想いについて、胸をはって答えてあげたいですね。

名前に使う漢字それぞれには、どんな想いが込められるのでしょう。

そこで、「天」の漢字に込める親の想いについて紹介しましょう。

想像を超えた大きな人物に

スポンサードリンク


「天」という漢字を見てイメージすることは、天国や天界など、人の想像を超えた場所をあらわしていることです。

そんな言葉のように、人の想像を超えるような、スケールの大きいことを成し遂げることのできる大物になるようにとの願いを込めることもできます。

頂点に立つ人

天高く昇りつめるように、自分が得意とすることを見つけ、その道のエキスパートやトップと呼ばれるような人になるように、成功をつかみ取ることができるようにとの想いを込めることもできます。

輝く未来を歩めるように

お天道様というように、太陽もあらわす「天」という漢字。

太陽のように自ら明るく輝き、時には、まわりにいる人にも、その温かい気持ちを届け、これから歩んでいく未来が輝かしいものとなるように願いを込めることもよいですね。

特別な存在

天使など、姿や形は目に見えないけれど、静かに見守り、安らぎや恵みを与えてくれる特別な存在です。

そんな天使をイメージし、だれからも愛され、必要とされるような人になるようにとの願いを込めることもできます。

まとめ

「天」という字は、神、仏をあらわします。

そんな意味のある漢字を名前に持つ男の子は、きっと神のご加護を受け、素晴らしい人生を歩むことができるのではないでしょうか。

一生を共に過ごす大切な名前です。漢字の意味や成り立ちなども考えて、最高の名前をプレゼントしてあげてください。