妊婦はどんなタイツがおすすめ?妊娠中のマタニティタイツを選ぶ5つのポイント

スポンサードリンク

年中履くことができ、ファッションにも欠かせないタイツ。

妊娠前からよく履いていた方も多いのではないでしょうか?

特に肌寒い時期には、防寒の役割も果たしてくれる便利なものですよね。

しかし、タイツはぴったりとしているので、妊娠中に履いてもいいのか疑問に思う事もあるでしょう。

そんな妊婦さんに向けて、妊娠中のタイツの選び方や注意点に関してまとめてみました。今回の記事のポイントは2つです。

  • 妊娠中にタイツを履いても問題はない?
  • 妊婦さんが履きやすいマタニティタイツ、5つの選び方

この記事が、タイツの購入を考えているママさんの参考になりましたら幸いです♪

まずは妊娠中にタイツを履いていいのか?という気になる疑問から見ていきましょう。

締め付けが気になるけど、妊娠中にタイツは履いてもいいの?

結論から言いますと、妊娠中にタイツを履くことによって、母体や赤ちゃんへ悪影響が及んだりすることはありません。

妊娠初期は体型の変化も大きくないため、妊娠前に着用していたタイツでも問題なく履くことができるでしょう。

また、妊婦さんはむくみやすいため、着圧タイツを利用して足のむくみを改善する事も効果的です。

タイツには防寒効果もありますので、冷えやすい妊婦さんの味方でもあります。

少しお腹が出てきたとしても、普段着用している物よりもサイズが上のタイツを履くことが出来れば、マタニティタイツは特に必要ありません。

しかし、お腹が目立ってくる中期以降は、足とお腹のサイズが合わずに下がってきてしまいますよね。

更に、お腹周辺の締め付けによる不快感で落ち着けない事も。

ですので、妊娠中期以降に履くならば、ゆとりをもった作りでお腹を覆うことができるマタニティタイツの着用が好ましいです。

マタニティタイツはお腹周りの作りや伸縮性が重要!

通常のタイツとマタニティタイツの違いはどこにあるのでしょうか?

一番大きな違いは、お腹部分の伸縮性やフィット感であり、大きくなったお腹を締め付けず覆ってくれるため、安心感があります。

それ以外の見える部分やサイズ感は、通常のタイツとほぼ同じものです。

また、マタニティタイツであっても様々な色やデニールなど、種類は豊富です。

色や薄さなども好みで選ぶことができますよ。

妊娠中も長く使えるマタニティタイツの賢い選び方

タイツは破れやすく、消耗品といっても過言ではありませんが、せっかくですし買うからには長く使いたいですよね。

以下では妊娠中におすすめのマタニティタイツの選び方をご紹介いたします。

色は落ち着いた定番色がベスト

スポンサードリンク


お洒落なカラータイツは数多く販売されていますが、妊娠中に履くタイツは、黒や茶色などの落ち着いた色の方がおすすめです。

マタニティウエアはシンプルなデザインのものが多い為、無難な色だと合わせやすいという利点もあります。

暖色系の色は膨張して見えてしまいますので、着やせ効果を狙いたい人は避けた方が良いでしょう。

厚めのデニールやタイツの素材で冷えの防止を

妊婦さんにとって冷えは大敵です。

薄いタイツはカジュアルにもフォーマルにも合わせやすく重宝しますよね。

ですが、妊娠中は足元からしっかりと防寒対策をした方がいい為、80デニール以上を目安に厚めのデニールのタイツを選ぶことを勧めます。

薄いタイツしか手元にない場合はタイツを重ね履きするという手もあります。

レッグウォーマーなども足元を温かくしてくれますのでおすすめですね。

この他、保温性が高いヒートテック素材や裏起毛のタイツを選ぶのも良いでしょう。

肌触りの良い素材のものを選ぶ

妊娠中は肌トラブルが絶えません。特に乾燥肌に悩まされる妊婦さんも多いでしょう。

肌の保湿をしっかりと行う事で多少は緩和されますが、肌質に合わない素材の衣服は痒みの原因にもなります。

特にナイロンは皮膚との摩擦により痒みを引き起こしやすい為、肌の弱い妊婦さんは購入前に確認をすると良いでしょう。

ポリウレタンやポリエステルといった化学繊維の素材も、人によっては痒みを引き起こします。

もしタイツを履いて痒みが出るようであれば、シルクや綿と言った素材の商品を選ぶのがおすすめです。

保湿効果のあるタイツも販売していますので、自分の体質に合う物を探しましょう。

静電気防止タイプなら冬場でも安心

冬の衣服で悩まされるのが静電気です。

ビリッとした刺激が苦手な方も多いでしょう。冬場はドアノブに触れるのが怖くなってしまいますよね。

また、タイツに静電気が発生すると、スカートが足にまとわりついてしまう事も。

歩きにくくなったり、足のラインが出てしまい、それが気になる方もいらっしゃいますよね。

この静電気の起こりやすさにも、化学繊維が影響しています。

化学繊維は天然素材に比べて、摩擦によって静電気が溜まりやすいものです。

改善策としては静電気防止スプレーの使用や、タイツとスカートの素材を合わせて静電気を起こりにくくするという方法があります。

ですが、静電気を防止する効果のあるタイツを選ぶのが最も手軽でしょう。

お腹周りの伸縮性が一番大事

妊娠中に長く履く事を考えているようであれば、お腹周りの伸縮性が良い物を選びましょう。

大きくなったお腹を締め付けすぎず、しっかりと包んでくれるような設計やマチが付いている物であれば安心ですね。

お気に入りのマタニティタイツで妊娠中もお出かけを楽しもう

タイツは女性らしいファッションを手助けしてくれるアイテムでもあります。

変化する体型により、妊娠中は出かける事が億劫になってしまいがち。

ですが、マタニティタイツが数本手元にあるだけでも、妊娠中のおしゃれの幅が広がります。

肌寒い日の外出も、マタニティタイツを活用して過ごし快適に過ごしましょう!