妊娠すると乳首に変化が?色が変わる原因や痛い・張りがある!かゆい時の対処法

スポンサードリンク
うちハピ

妊娠すると体には様々な変化があらわれます。

お腹が大きくなっていくのはもちろんですが、それと同時におっぱいも徐々に大きくなっていきます。

おっぱいが大きくなるにつれ、乳首にも少しずつ変化があらわれ、戸惑ってしまったという妊婦さんも少なくありません。

・乳首の色が濃くなった!理由を知りたい!
・乳首の痛みや張りがあるのはなぜ?
・とにかく乳首がかゆい!対処法はある?

妊娠中には乳首や乳輪の色が濃くなり、乳輪に関しては非妊娠時よりも大きく広がったという人も多いです。

乳首に痛みや張りを感じる人も多く、私も妊娠が進むにつれ乳首に痛みを感じることが増えました。

かゆみがあらわれる人も多いようです。

そんな妊娠中の乳首のトラブルを最小限に抑えるために、乳首に変化があらわれてしまう離乳や対処法について詳しく紹介します。

妊娠すると乳首や乳輪の色が濃くなるのはなぜ?

妊娠前に乳首が黒くなると男性経験が多いことが原因などといわれることもありますが、実はこれには医学的根拠はないとされています。

乳首の色はもともとの肌の色や体質などが大きく関わっていると考えられています。

しかし妊娠中に乳首や乳輪の色が濃くなるのにはきちんとした理由があるのです。

ホルモンバランスの影響が大きい

妊娠すると妊娠前とはホルモンのバランスが大きく変わっています。

妊娠すると、女性ホルモンの一種『プロゲステロン』の分泌量が増えます。

プロゲステロンは『黄体ホルモン』とも呼ばれ、妊娠に大きく関わる大切なホルモンです。

・子宮内膜を厚くして妊娠しやすくする
・胎盤の形成
・胎児の成長を促進する
・子宮の収縮を抑える
・乳腺を発達させる

プロゲステロンには上記のように妊娠をサポート・継続するために欠かすことができないホルモンですが、次のようなデメリットもあります。

・皮脂量を増やす
・メラニン生成を促す
・高温期が続く
・自律神経の乱れ
・腸内環境を乱す

この中に『メラニン生成を促す』という点がありますが、これが乳首や乳輪の色に大きく関わっています。

乳首や乳輪の色が濃くなるのはメラニン色素が関係しており、外部の刺激から守るために乳首や乳輪の色が濃くなると考えられています。

赤ちゃんが吸ってもダメージがないように黒くなる!?

先に紹介したように、乳首が黒くなるのは外部の刺激から守るためということも大きな理由です。

うちハピ

赤ちゃんが生まれるとすぐに『初乳』を飲ませてあげますが、赤ちゃんが吸っても乳首にダメージが少ないように、妊娠中に乳首を守る準備をしているとも考えられています。

濃くなった乳首の色は元に戻るの?

乳首の色が濃いことや、乳輪が大きいことはコンプレックスのひとつになりうるデリケートなことですよね。

妊娠したことで黒くなってしまった乳首や、大きくなった乳輪は元に戻るのか心配だという人もいるでしょう。

これは個人差が大きく、元に戻る人もいれば完全に戻らなかったという人もいます。

乳輪の大きさに関しては、授乳が終わりおっぱいが元の大きさに戻れば乳輪の大きさも元に戻ったという人も多いです。

色に関しては、卒乳後ホルモンバランスが妊娠前に戻ってから徐々に戻っていくことが多く、妊娠中のような黒ずみが継続することのほうが少ないでしょう。

私も卒乳して赤ちゃんにおっぱいをあげなくなったら、乳首の色ももとに戻っていきましたよ。

食生活においても、

・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンB群

など美白効果が期待できる栄養をたっぷり摂ることを意識するのも大切です。

妊娠とともに乳首に痛みや張りも!原因は?

スポンサードリンク


妊娠中の乳首のトラブルというと、黒ずみと併せて痛みや張りも挙げられます。

妊娠してすぐに乳首の痛みを感じる人もいれば、妊娠期間中ずっと感じる人や妊娠後期に感じる人もいるなど、どのタイミングで乳首の痛みや張りを感じるかは個人差が大きいです。

乳首の痛みや張りにはどのような原因があるのでしょう。

乳首の痛みや張りもホルモンが影響!

妊娠中に乳首の黒ずみを引き起こすのは、ホルモンバランスが大きく変化することが理由です。

乳首の痛みや張りも、乳首の黒ずみに影響を与えた『プロゲステロン』が関わっていると考えられています。

生理が始まるころや生理中にも乳首に痛みや張りを感じる人も多いですが、要はこの現象と同じことが妊娠中にも起こっているのです。

また妊娠すると肌が敏感になる人も多く、乳首もちょっとした刺激で痛みを感じることも珍しくありません。

下着の繊維や締め付けが乳首の痛みや張りにつながるケースもあります。

乳首の不快感はいつまで続く?

乳首の痛みや張りは、妊娠初期に感じた場合は安定期を迎えるまでには徐々に治まっているケースが多いようです。

時々痛みや張りを感じるという人もいますが、数日で解消されることが多く、長期間にわたって乳首が痛むという人は少ないでしょう。

妊娠後期になると乳腺の発達によってふたたび乳首に痛みを感じることもありますが、これは赤ちゃんを迎える準備をしているために起こる自然な現象です。

強い痛みでない限り、あまり心配する必要はありません。

乳首が痛い時はどうしたらいい?

いつか治まるとわかっていても、乳首の痛みや張りが1日でも続くとストレスとなってしまいますよね。

乳首が痛くなったときは、次の対処法を試してみてくださいね。

・ブラジャーのサイズをアップさせる
・肌にやさしい繊維の下着に変える
・締め付けのゆるいブラジャーにする
・保湿をする

ブラジャーの締め付けが刺激となり、さらに乳首の痛みを悪化させることもあります。

なるべく締め付けの少ないものを選び、肌にやさしい素材のブラジャーに変えることをおすすめします。

また、肌の乾燥によって乳首がつれるような痛みを感じることも珍しくありません。

妊娠線予防クリームなどをバストまでしっかり塗り、保湿に努めることもポイントです。

とにかく乳首がかゆい!原因と3つの対処法

黒ずみと痛みに合わせて、乳首のかゆみも妊娠中のおっぱいのトラブルのひとつです。

乳首のかゆみに関しては、出産後にも引き続きトラブルとなりやすいです。

妊娠中からしっかり乳首のケアをして、かゆみを抑えられるといいですね。

妊娠中乳首がかゆくなるのはなぜ?

妊娠すると乳首がかゆくなる人は少なくありません。

私も乳首だけでなく乳輪にもかゆみを感じ、時には我慢できないほどのかゆみがあった時期もありました。

妊娠中に乳首がかゆくなってしまうのは、出産後に備えて乳腺が急激に発達することが大きな理由です。

・おっぱいが大きくなり皮膚が引っ張られる
・ホルモンバランスで肌が敏感になる
・肌が乾燥する

乳腺が発達することでおっぱいが大きくなり、皮膚が引っ張られることで乳首にかゆみが出ることが多いです。

また、先にも触れたようにホルモンバランスによって肌が敏感になり、ちょっとした刺激でも乳首がかゆくなってしまうケースもあるようです。

乳首にかゆみを感じたらこの3つを試して!

スポンサードリンク


乳首のかゆみは多くの妊婦さんが経験する妊娠時のマイナートラブルです。

妊娠中に乳首のかゆみを放っておき、乳首の状態が悪化すると産後の授乳がつらくなってしまうこともあります。

妊娠中に乳首のかゆみを感じたら、次の3つのことを試してみてくださいね。

・マタニティー用のブラジャーに変える

乳首のかゆみを感じ始めたら、乳腺が発達し始めたサインでもあります。

これからますますおっぱいは大きくなっていきますから、マタニティー用のブラジャーに変えるタイミングかもしれません。

・保湿の徹底

保湿も大切です。

乳首周辺のかゆみは、妊娠線ができる前触れというケースもあります。

しっかり保湿をすることで妊娠線を防ぐとともに、乳首周辺のかゆみの軽減につながります。

・かかりつけの医師に相談

場合によっては寝ている間にかきむしってしまい、ひっかき傷だらけになってしまうこともあります。

乳首が敏感になったまま授乳をするとなると、痛みを感じたり乳首が切れたりしてしまうことも珍しくありません。

そうなる前にかかりつけの医師に相談してみてください。

私も妊娠後期からかゆみがあり、出産後まで塗ることができる保湿クリームを処方してもらいました。

我慢せずに受診することも大切ですよ。

まとめ

妊娠すると乳首にはいろいろなトラブルがあらわれます。

黒ずみや痛み、張りやかゆみなど、どれもストレスとなりうるトラブルです。

妊娠中の乳首のトラブルは、多くがホルモンバランスの影響によるものなので、出産や授乳を終えると自然と元に戻ることがほとんどです。

妊娠中のありがちなトラブルとして、上手に対処することが大切です。

・ブラジャーを変えてみる
・保湿をする
・つらい場合は医師に相談

乳首のトラブルを軽減するにはやはりブラジャーを変えることが一番の対処法です。

サイズアップしたり肌にやさしい素材を選んだりと、おっぱいにやさしいブラジャーをつけてくださいね。

うちハピ