鶏むね肉の冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と6つのメニュー

スポンサードリンク

淡白な味で脂肪が少なく、ヘルシーな食材の鶏のむね肉。

蒸し鶏、焼き鳥、煮物、天ぷらや炒め物など、色々な料理にぴったり合います。

低カロリーなので、ダイエットにも最適。

また値段が比較的安いので、経済的にも助かりますよね。

鶏むね肉は、他の豚や牛と比べると水分が多くて、傷みやすい食材です。

また、上手に保存しないと、固くなったりぱさぱさになったりするので、保存するときにはポイントがあります。

料理するときも、鶏むね肉を柔らかくジューシーにする料理方法があるんですよ!

ここでは、鶏むね肉が固くならない正しい保存方法、消費期限、おいしい鶏むね肉のメニューなど詳しく紹介します。

 鶏むね肉はどのくらい日持ちする?賞味期限は1~2日!

鶏むね肉は、傷みやすくあまり日持ちがしないので購入したらすぐに食べるか、冷凍保存してください。

購入するときは、肉にハリとつやがあってトレーに水が出ていないものを選んでください。

買い物のときは保冷バッグを持って、むね肉を入れて移動すると、傷まないのでいいですね。

実はそれくらい傷みやすいお肉なのです。

 鶏むね肉の保存方法!

傷みやすい鶏むね肉は、保存方法も注意が必要。

正しい鶏むね肉の保存方法を紹介します。

 鶏むね肉の正しい冷凍保存方法

鶏むね肉はすぐに食べない場合は、冷凍保存がおすすめ。

ただそのまま冷凍保存すると、固くなり臭みがでることがありますので、保存するときのポイントがあります。

まず、水分をよくふき取り、余分な脂部分は包丁で切り取ります。

酒を少々お肉に振って、5分ほどおき、その後に水分をふき取ってラップに包んで、保存袋に入れて冷凍保存してください。

この方法で冷凍保存すると、解凍したときの臭みが消えます。

また、下味をつけて冷凍保存すると、料理に使うときとても便利。

下味をつけて冷凍保存するときは、一口大に切ってたれにつけ、たれも一緒に冷凍保存します。

保存するときは、空気をできるだけ抜いて保存。

から揚げや照り焼きの味付けがいいですね。

下味をつけて保存すると、むね肉は固くなったりパサついたりするのを、防ぐことができます。

解凍は自然解凍か、電子レンジで解凍します。

鶏むね肉は冷凍保存で、2~3週間保存が可能。

期間を忘れないように、袋に冷凍保存した日付を書いておくといいでしょう。

 鶏むね肉の正しい冷蔵保存方法

鶏むね肉は、冷蔵保存で1~2日しか持ちません。

風味も落ちるし臭みも出てくるので、なえるべく早く食べきるか冷凍したほうがいいですね。

冷蔵保存するときは、トレーからだし肉表面の水分をキッチンペーパーでふき取って、温度が低いチルド室で保存します。

また酒と塩を振ってラップに包むと傷みにくくなるのでおすすめ。

 ワンポイントアドバイス

鶏肉は水分が多いので傷みやすく、そのままの状態で冷凍保存すると臭みが出る可能性があります。

お酒を少し振ることで、臭みが出るのを防ぐので試してくださいね。

また、たまに血がついている鶏むね肉もありますので、保存する前に軽く洗って、水分をふき取って保存するといいでしょう。

 冷凍しておいた鶏むね肉を使った4つのメニュー

鶏むね肉は、下味をつけて冷凍してもいいですし、そのまま冷凍保存も可能。

冷凍した鶏むね肉のおすすめレシピを紹介します。

 鶏むね肉のみぞれ煮

スポンサードリンク


大根おろしで、さっぱりと食べるみぞれ煮です。

【材料】

鶏むね肉 2枚

大根おろし 1.5カップ

だし 2カップ

万能ネギ 小口きり4本分

小麦粉 適量

薄口醤油 大さじ5

① 鶏肉は自然解凍して、一口大に切ります。醤油とお酒で下味をつけて冷蔵庫で30分おきます。

② 大根おろしはザルに入れて水気を切ります。

③ ①の鶏肉の汁気を切り小麦粉を薄くまぶします。

④ 揚げ油を170度に熱して鶏肉を入れ、中まで火がとおり表面がこんがりするまで揚げます。

⑤ 鍋にだしと薄口醤油、みりんと砂糖を各大さじ2、いれて火にかけて煮立ったら大根おろしと鶏肉を入れて、暖める程度に火を通します。

⑥ 器にもって万能ネギを散らして出来上がり。

 鶏むね肉の天ぷら

味付きの衣でふっくら揚げます。

【材料】

鶏むね肉 1枚

ブロッコリー 1/2個

卵 1個

小麦粉 1.5カップ

★ 醤油 大さじ1

★ 酒大さじ1/2

★ おろししょうが小さじ1

① 鶏むね肉は自然解凍し、皮を包丁の先でつついて傷をつけ、味がしみこみやすいようにします。一口大の大きさに切って、★の調味料に漬けて手でよくもみこみます。

② ブロッコリーは小房に分けます。

③ ボールに卵を割って、酒大さじ1、塩と砂糖小さじ1、小麦粉3/4カップを加えてよく混ぜ、普通の天ぷらより固めのころもを作ります。

④ 揚げ油の温度を170度になるまで熱し、①に③で作った衣をたっぷりつけて火が通るまでゆっくりと揚げてください。

⑤ ブロッコリーも同様に揚げて出来上がり。

 鶏肉のオレンジ煮

柑橘系のさっぱり感がおいしいオレンジ煮。むね肉が柔らかくなるのでおすすめ。

【材料】

鶏むね肉 400g

玉ねぎ 1個

オレンジ 1個

固形スープ 1個

ローリエ 1枚

① 鶏むね肉は自然解凍します。4つに切って耐熱ボールにいれ、塩コショウを振って固形スープをほぐして手でよく肉にもみこみます。

② 玉ねぎは薄くスライスして①のボールに入れて、オレンジの果肉と絞り汁を加えて混ぜます。

③ ローリエを載せてラップをして鶏肉の中まで火が通るように裏返しながら、電子レンジで加熱して出来上がり。

 鶏むね肉のキムチから揚げ

たまには変わった味のから揚げはいかがでしょうか?

【材料】

鶏むね肉 2枚

キムチの素 大さじ2

片栗粉 適量

① 鶏むね肉は自然解凍して、一口大にきりキムチの素に漬けてもみこみます。

② 揚げ油を180度に熱し、揚げる直前に片栗粉を漬けてからりと揚げて出来上がり。

 鶏むね肉の作り置きメニュー

鶏むね肉は、値段も安いのでたくさん買って、作り置きメニューを作りたいですね。

おすすめの鶏むね肉作り置きメニューを紹介します。

 鶏むね肉の中華風煮物

中華風の味付けが本格的なのに、とても簡単。スピードレシピです。

【材料】

鶏むね肉 1枚

生しいたけ 4粉

ゆでたけのこ 50g

ねぎ 1/2本

★ 酒 大さじ2

★ 醤油 大さじ1

★ 塩 少々

★ 砂糖 小さじ1/3

★ ごま油 大さじ1

片栗粉 小さじ1.5

① 鶏むね肉は自然解凍して、ひとくちだいのそぎ切りにします。

② しいたけは軸を切って、そぎきりにします。軸の部分は石づきを除いて薄切りにして使います。たけのこは薄切り、ネギは斜め切りにします。

③ 耐熱ボールに切った材料を入れて、★の材料と片栗粉を加えて、手でよく混ぜ合わせます。

④ ラップをかけて電子レンジで2分加熱、一度取り出して混ぜてさらに2分加熱します。

 ゆで鶏のさっぱりマリネ

さっぱりとしたマリネは、食欲のないときでも食べられますね。肉が入ったボリュームマリネです。

【材料】

鶏むね肉 1枚

マッシュルーム 1パック

生しいたけ 1パック

えのきだけ 1袋

玉ねぎ 1/2個

★ 酢 大さじ2

★ レモン汁 大さじ1

★ 砂糖 小さじ1

★ 塩 小さじ1/2

★ こしょう 少々

かいわれ大根 2パック

① 玉ねぎは、みじんぎり、鶏むね肉の皮はとります。

② 玉ねぎをボールに入れて、よく混ぜ合わせた★の材料を加えます。

③ 鶏肉ときのこは、食べやすいように切ります。

④ 熱湯に鶏肉を入れて、さっとゆで

熱いうちにボールに入れて調味料を合えます。

⑤ きのこ類をゆでボールにあえてそのまま冷やします。

⑥ 器にかいわれ菜を敷いて、マリネをのせて出来上がり。

 まとめ

鶏むね肉はあっさりして食べやすく低カロリーなので、女性で好きな方が多いですね。

保存の仕方によっては、固くなり臭みが出たりするので、保存するときに工夫が必要。

正しい鶏むね肉の保存方法を紹介しましたので、参考にしてください。

鶏むね肉のぱさぱさしない、しっとりとおいしいメニューも紹介していますので、ぜひ作ってみてくださいね!