妊婦は糖質制限ダイエットをしても大丈夫?妊娠中の食事メニューと胎児への影響

スポンサードリンク




妊娠中に糖質制限ダイエットをしても大丈夫?妊婦が糖質制限を控える2つの理由と影響

妊婦さんでも体系維持を気にする人は沢山いますね。

元々太りやすい人、又は妊娠中だけ太ってしまう人も。

そんな時は、妊婦さんでも糖質制限ダイエットをしている人もいますが、実はこれ…糖質制限しすぎる事は、危険な事なのです。

  • 妊娠中の糖質制限ダイエットは大丈夫?
  • 妊婦が糖質制限すると影響がある?
  • 妊婦が糖質制限を控えた方が良い理由
  • 妊娠糖尿病の糖質制限中の食事

それでは解説をしていきます。参考にして下さい!

妊娠中の糖質制限ダイエットは大丈夫?

妊娠中に糖質制限ダイエットする事は、控えた方が良いでしょう。

糖質は、赤ちゃんにとっても大切な栄養分。

それを制限してしまう事で脳の成長を妨げてしまう可能性が高いです。

その為、危険性の高い行為となるので要注意です。

  • 糖質制限ダイエットは控えて

妊婦が糖質制限すると影響がある?

妊婦さんが糖質制限すると、母体や赤ちゃんにはどのような影響が出るのでしょうか?

以下では、妊婦が糖質制限を控えた方が良い理由や、糖質制限とカロリー制限の違いや、授乳中の糖質制限についてご説明していきますね。

妊婦が糖質制限を控えた方が良い2つの理由

糖質は、赤ちゃんの脳の発達に欠かせないもの。

妊娠中に極端な糖質制限をするのは、将来的に子供にも影響を与える可能性があるので、危険性が高いです。

カロリーの制限をする事と糖質制限をする事は全くの別物。

極端な糖質制限は、赤ちゃんへの脳の発達を妨げる危険性がありますので、注意しましょう。

知らなかったという事がないように、妊娠中のダイエットについて把握しておくと安心です。

更に、糖質制限が原因で赤ちゃんは、インスリンが足りていない状態が通常となって、大人になってから少しの栄養ですぐに太ってしまう体質に。

メタボリックシンドロームが引き起こす病気は心臓疾患、高血圧症候群、糖尿病など沢山あって、どれも注意が必要です。

妊婦さんは、糖質制限をするよりも、良質な栄養バランスを摂る事を意識しましょう。

糖質制限は、医師の指示を受けて行って下さいね。

くれぐれも自己判断での糖質制限は、危険です。

ご自身のスタイルは、産後にたっぷりと行いましょう。

妊娠中は、赤ちゃん中心の栄養バランスの良い食事を。

  1. 糖質は赤ちゃんの脳の成長に大切
  2. 赤ちゃんのメタボリックシンドロームの発症リスク

糖質制限とカロリー制限の違い

妊婦さんが太りすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の発症リスク、更には難産の可能性が上がってしまう為、極端に体重が増えていると、医師に注意を受ける事でしょう。

しかし、極端に糖質制限をしてしまうと、体にその分負荷がかかり良くありません。

妊婦さんは、カロリーの制限をする事で、体重増加を防ぐ事ができます。

お菓子などもノンカロリーの飴やガムなどを選んで、なるべく高カロリーのお菓子や食べ物を避ける事が大切です。

加えて、カロリーを抑えすぎる事は、栄養バランスが崩れがちに。

カロリー制限も程よく行って下さいね。

  • カロリー制限がお勧め

授乳している間も糖質制限を控えましょう

スポンサードリンク


授乳中は糖質制限していいの?と疑問に思う人もいるでしょう。

ストレスは母乳育児に大きく影響を受けます。

糖質制限する事で、母体はとてもストレスを受ける事も。

母乳育児中は、赤ちゃんに質の良い母乳をあげる事を第一に考えましょう。

母体の栄養状態は大事

体の状態を保ちながら、体重増加を抑えには、何より規則正しい生活とバランスの摂れた食事が大事です。

きちんと確立できていると、母体も赤ちゃんの健康にも良いでしょう。

赤ちゃんの成長にも

胎盤から直接赤ちゃんへ必要な栄養分が届けられるので、1日に必要摂取カロリーは、2000kcalです。

意外と多いのが特徴で、妊婦さんは栄養が不足がちになる事が多々ありますので、気を付けて下さいね。

母体の栄養状態が悪いと、以下の発症リスクが高まるので、要注意です。

  • 低出生体重児
  • 先天性障害

妊娠糖尿病の糖質制限中の食事とは?

妊娠糖尿病と診断を受けて、糖質制限している時の食事などは、どのようなものを食べるのでしょうか?

妊娠中の食事に大切なのは、何よりも栄養バランスの良い食事。

糖質制限に集中するばかりに、赤ちゃんへの大切な栄養が不足してしまう事もあるので、気を付ける必要があります。

  • 主食…ご飯、麺、パン、芋など
  • 主菜…卵、魚、肉、大豆など
  • 副菜…野菜、きのこ、海藻類など

上記に挙げた3つは、必ず毎食食べるようにしましょう。

食事の時間間隔は、空け過ぎないように注意が必要です。

あまり時間の間隔が空いてしまうと、血糖値が大幅に変動してしまいます。

食事の時間を決めて、毎日同じ時間に食べる事が大切です。

まとめ

スポンサードリンク


妊婦さんが糖質制限ダイエットをする事は、赤ちゃんに大きな影響を与える可能性があるので、非常に危険です。

妊娠糖尿病で糖質制限を行わなければならない時は、必ず医師の指示を受けて下さいね。

自己判断での糖質制限は危険ですので、控えた方が良いでしょう。

産後の授乳が始まると、赤ちゃんに栄養を与える為に沢山食べても太りにくくなります。

産後に骨盤が緩む事で、体をまた引き締めて綺麗に戻すチャンスが巡ってきます。

産前よりもスタイルが良くなる事も。

糖質制限ダイエットを行うのは、子供が大きくなってからでも遅くはありませんよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です