妊娠後期の仕事や家事がしんどい!辛い妊娠後期を乗り切る4つの方法

スポンサードリンク




妊娠後期に入るとお腹の大きさもとても大きくなりますよね。

妊娠後期の妊婦さんは足下が見えにくかったり、しゃがみにくかったりと何かとしんどいものです。

そこで今回は妊娠後期のしんどさを乗り切る方法についてお伝えします。

  • 妊娠後期のママと胎児の成長の様子
  • 妊娠後期のよくある10つのしんどいことと改善策
  • 妊娠後期のしんどいを乗り切る4つの方法

妊娠後期に大きなお腹で生活するのには何かと大変だったり不便に感じたりする事が多いですよね。

そんな大変な時期を少しでも楽にできるよう、対策や方法を知って残りわずかなマタニティーライフを少しでも快適にしていきたいですね、

妊娠後期のママと胎児の成長の様子

妊娠後期ではお腹がとても大きくなりますが、お腹の赤ちゃんは大体どのくらい大きくなっているのでしょうか?

妊娠8カ月の胎児とママの様子

胎児の成長の様子

28週0日、体重、約1160g

29週0日、体重、約1300g

30週0日、体重、約1450g

31週0日、体重、約1600g

ママの様子

胎盤、300~360g

羊水、約700~800ml

子宮底長、約27cm

妊娠9カ月の胎児とママの様子

胎児の様子

32週0日、体重約1800g

33週0日、体重約1950g

34週0日、体重約2150g

35週0日、体重約2300g

ママの様子

胎盤、約350g~400g

羊水、約700~800ml

子宮底長、約28~33cm

妊娠10カ月の胎児とママの様子

胎児の様子

36週0日、体重約2500g

37週0日、体重約2650g

38週0日、体重約2800g

39週0日、体重約2980g

ママの様子

胎盤、約400~500g

羊水、約500~700ml

子宮底長、約33cm

妊娠後期に入ると赤ちゃんは1週間で約200g前後ずつ成長していきます。

またそれに合わせて、ママの子宮の大きさ子宮底長も大きくなっていきます。

妊娠後期のよくある10つのしんどいことと改善策

妊娠後期ではお腹が大きくなっていくにつれ大変さは増えていきます。

妊娠後期の妊婦さん特有の悩みがでてくることもあります。

  1. 腰痛
  2. 恥骨痛
  3. 頻尿・尿漏れ
  4. 便秘
  5. 後期つわり
  6. 動悸・息切れ
  7. むくみ
  8. 妊娠線
  9. 激しい胎動

妊娠後期では実に多くのトラブルや悩みが出てきます。

お腹が大きくなることで内臓が圧迫されるため、後期つわりが始まる妊婦さんがいます。

一回の食事量を減らし、食事回数を多くするようにしましょう。

また脂っこいものや味が濃いものは避け、薄味、消化にいいものを選ぶようにしましょう。

また内臓が圧迫されるために頻尿や尿漏れを経験する人も多いです。

尿漏れがあるときには尿漏れライナーなどを使用し、こまめに交換しましょう。

大きくなった子宮で内臓が圧迫されると便秘にもなります。

また便秘により力んでしまうことや粘膜が妊娠中は粘膜が柔らかくなっていることから痔になる妊婦さんもいます。

便秘改善のために食物繊維を積極的にとることやヨーグルトやオリゴ糖など腸内環境を整えることも意識しましょう。

関節をゆるめるホルモンが分泌されていることや、大きなお腹による重心の変化から腰痛や恥骨痛などの関節痛を感じることもあります。

長時間同じ姿勢でいることは避けましょう。

また腰を反らせるような姿勢も避けましょう。

必要に応じて骨盤ベルトの着用をすることで改善が期待できます。

お腹が大きくなると横隔膜が圧迫されるため、呼吸が浅くなることや貧血から動悸や息切れを起こしやすくなります。

貧血予防に鉄分や葉酸を積極的に摂取しましょう。

また動悸が激しい時は座るか、体の左側を下にして横になり体を休めましょう。

また後期に入り急激にお腹が大きくなることで中期にはなかった妊娠線ができてしまうこともあります。

後期では妊娠線予防のためにクリームをたっぷり塗るようにしましょう。

妊娠後期では激しい胎動で思わず顔が歪んでしまうこともあります。

特に夜寝る時に胎動が激しいと感じる妊婦さんが多いようです。

お腹の胎動が激しい時はママ自体の体勢を変えてみたり、赤ちゃんに向かって話しかけたりしてみましょう。

妊娠後期のしんどいを乗り切る4つの方法

スポンサードリンク


妊娠後期では「しんどい」をできるだけ減らしくて行くことが大切です。

そこで妊娠後期の妊婦さんの日常の過ごし方についてポイントをまとめました。

  1. 長時間同じ姿勢でいることは避ける
  2. ストレッチやヨガを取り入れる
  3. 家事は短時間にする
  4. 家族の協力を得る

妊娠後期ではむくみやすいこと、腰痛などの関節痛予防の為にも長時間同じ姿勢でいるのは止めましょう。

仕事や家事で立ちっぱなし、座りっぱなしが続くのもよくありません。

歩いたり、屈伸したりすることで適度に体を動かすことが大切です。

妊娠後期の腰痛やむくみ、尿漏れなどにはストレッチやヨガを取り入れることをおすすめします。

ストレッチやヨガで適度に体を動かすことで予防や改善が期待できます。

家事は短時間ですませましょう。

妊娠後期はとても疲れやすい状態です。

時間に余裕ができるとアレもコレもと家事をしたくなります。

ですが妊娠後期に無理をするのはよくありません。

家事は短時間にし、休憩をはさみながら行っていくようにしましょう。

また家族から家事においても協力してもらうことは大切なことです。

しんどい時はスーパーのお惣菜を利用したり、レトルト食品を活用したりしましょう。

毎日の洗濯がた変なときには2日に1回にしたりしましょう。

産後は新生児のお世話で家事が思うようにできません。

予行練習を兼ねて旦那さんにも積極的に家事に参加してもらうようにしましょう。

どうしても家事への参加が難しい時はこれを機に便利な生活家電の購入を検討しましょう。

乾燥機付き洗濯機、食器洗い乾燥機、自動お掃除器など家事を自動化するのもいいでしょう。

まとめ

妊娠後期ではお腹大きくなるにつれて大変さは増していきます。

腰痛や、動悸・息切れなど妊婦さん特有のトラブルを体感する時でもあります。

妊娠後期で出産までは残り僅かです。

ですが妊娠後期は疲れやすい事も踏まえ、日常生活を少し工夫することで、「しんどい」をできるだけ減らしていきましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です