司を使った名前17選~司の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「司」という漢字について

字画数:5画
音読み:シ
訓読み:つかさ・つかさど(る)
主な名乗り:かず・もと・もり

「司」の意味や由来や成り立ちと特徴

「司」という漢字は、祭りの旗の象形と、口の象形からできました。

「口」には祈りの言葉という意味があります。

元々は祈りを捧げる儀礼、祭事を行う役目という意味で使われていました。

そこから転じて「司(つかさ)」という漢字は責任者という意味するようになりました。

「上司」「行司」などがその例です。

また、「司る(つかさどる)」と読むと、責任者として仕事をすることを意味します。

「司会」「司令官」などがその例です。

見極める、観察するという意味もあります。

部首は「口(くち)」です。

「司」という漢字を名付けに使う時に込められる思い

「司」という漢字は、責任者、責任者として仕事をするという意味があります。

そのため名付けに「司」という漢字を使う時には

「しっかりした人になるように」
「責任感のある子になって欲しい」
「面倒見がよく頼られる存在になるように」
「リーダーシップの取れる子になるように」
「判断力があり、周りを導ける人になるように」
「周りの人に心配りができる人になるように」

という思いを込められます。

男の子にも女の子にも使われる「司」

「司」は一字で「つかさ」と読みます。

かつては「司(つかさ)」と言えば男の子の名前でしたが、今は女の子にも使われています。

一字で「つかさ」と読めるのですが、女の子の場合には字面から男の子と間違われないようにするために「沙」「紗」を付けて「司沙」「司紗」とすることもあります。

「し」と読ませると「司穂」「司織」など女の子らしい名前にも当てることができます。

女の子らしい名前は響きの印象から柔らかい優しさを感じます。

ですが、漢字で「司」を使うことによって、芯のある強さ、リーダーシップや責任感のある印象を与えることができます。

「司」という響きから受ける印象

「つかさ」という響きからは、中性的な印象を受けます。

女の子ならハキハキとした溌剌な印象を受けます。

また、知的で集中力があり内に秘めたパワーのようなものを感じます。

「し」という響きからは、まぶしい光のようなキラキラとした印象を受けます。

華やかでクールな雰囲気も感じます。

一般的な読み方は「つかさ」「し」ですが、名乗りでは、「もと」「もり」「かず」という読み方もします。

「もと」「もり」という響きには、おっとりとした優しさとかわいらしさを感じます。

「かず」という響きには、利発で快活なイメージがあります。

口頭で伝えやすく、しっかりとした印象を与える

スポンサードリンク


名前は、人に口頭で伝えることも多いです。

難しい漢字や、あまり知られていない漢字だとその度に苦労することでしょう。

「司」という漢字は誰もが知っている漢字です。

「司会の司」や「つかさ」と言えばほとんどの場合で相手に間違いなく伝えることができます。

名前は一生使うものなので、子供が名前を伝えるたびに苦労しないというのは重要なポイントになります。

また、女の子の名付けと言えば「かわいらしさ」「愛らしさ」を大切にしたいと考える人も多いでしょう。

女の子らしいかわいらしさのある子になって欲しいというのは当然の願いです。

ただかわいらしいだけの名前だとどうしても軽い感じになってしまいます。

響きにはかわいらしさがあっても、字面に「司」が入ることで、芯のあるしっかりした雰囲気も与えることができるでしょう。

「司」を使った熟語

司令(しれい)

軍隊、艦隊など軍事上の指揮、命令をすること。

司祭(しさい)

カトリックの聖職者のひとつ。神父とも言う。

司業(しぎょう)

古代の管職のこと。

隋の時代にでき、清代に廃止された。

現在で言うと大学教授のこと。

司令塔(しれいとう)

軍隊、艦隊など軍事上の指揮を取る塔のこと。

御曹司(おんぞうし)

名門、名家の子息のこと。

「司」の説明の仕方

電話でのやり取りのときに、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「司」を説明する例を紹介します。

例えば、

A「名前は、〇〇司音といいます。」

と伝えると、

B「〇〇かずねさんですね。「かずね」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、彦の部分の説明の仕方としては、

・A「かずは、司会の司です。」
・A「かずは、司令の司です。」
・A「かずは、「つかさ」という字です。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、確実に相手に伝わりますよ!

「司」を使った名前の有名人・芸能人

スポンサードリンク


大島 司さん

「司」を使った名付け候補

司音(かずね)
司杏(しあん)
司恵(しえ)
司織(しおり)
司音(しおん)
司輝(しき)
司奈子(しなこ)
司乃(しの)
司亘(しのぶ)
司穂(しほ)
司真(しま)
司世李(しより)
司(つかさ)
杜司子(としこ)
美司(みもり)
司佳(もとか)
司子(もとこ)

まとめ

責任感やリーダーシップを意味する「司」という漢字をご紹介しました。

お子さまの名付けの参考にしていただけるとうれしいです。