赤ちゃんの離乳食で漬け物はいつから食べて大丈夫?5つの注意点とおすすめレシピ

赤ちゃんは漬け物をいつから食べて大丈夫?5つの注意点とおすすめレシピ

おばあちゃんの家に子どもを預けていたら、勝手に漬物を吸わせていたなんてことありませんか?

赤ちゃんはいつから漬物を食べることができるのでしょうか。

5つの注意点と漬け物を使った簡単レシピを紹介します。

この記事のポイントは次の4つです。

  • 赤ちゃんはいつから漬け物を食べられるのか
  • 食べさせる時の5つの注意点
  • 食塩中毒に要注意!
  • おすすめレシピ

それでは紹介します!順にみていきましょう♪

漬物の種類

ぬか漬け、しば漬け、浅漬け、梅干し…漬物と言っても、様々な種類がありますね。

漬物とは、様々な食材を食塩・酢・酒粕などの漬け汁・漬け床(どこ)に漬け込み、熟成させたもの。

保存性をあげ、風味を良くした食品です。漬け物には、いろんな分類の方法があります。

漬け汁、漬け床(どこ)による分類

・塩漬け(梅干し、白菜漬け、高菜漬けなど)

基本的な漬物の事。一夜漬け、浅漬けなどすぐに食べられるものと、長期保存をするためにつけるものがあります。

・ぬか漬け(キュウリやナスのぬか漬け、たくあんなど)

米ぬかに塩と水を混ぜて、昆布や唐辛子などの風味を加えたぬか床。

1~2日ぐら食材を漬け込みます。ただし、たくあんなどは長期的に漬け込みます。

・醤油漬け(松前漬け、福神漬け、やたら漬など)

長期保存できる漬物。野菜などに塩を漬け込んでから、醤油に砂糖や塩を加えた調味液につけます。

・味噌漬け(昆布の味噌漬け、越後味噌漬けなど)

塩で下味をつけた野菜をみそに漬けこんだもの。

・粕漬け(奈良漬け、山海漬け、わさび漬けなど)

甘い漬け物。酒粕やみりん粕に、野菜や魚介類、肉類などを漬け込んだもの。

・こうじ漬け(三五八漬け、べったら漬けなど)

長期保存できない、甘い漬け物。塩で下漬けした食材を、こうじの漬け床に漬け込む。

・からし漬け(菜の花のからし漬け、なすの辛子漬けなど)

塩で下漬けした野菜を、酒かすにからしを混ぜた漬け床につけたもの。

最近では、酒かすではなく、からしと麹でつける場合もあります。

・酢漬け(らっきょう漬け、はりはり漬けなど)

塩で下漬けした野菜を、酒かすに砂糖や醤油、香辛料を混ぜた酢に漬ける。

紅ショウガや、ピクルスもそれにあたります。

漬け込む時間や、保存期間による分類

・一夜づけ

その名の通りつける時間は一晩。ビタミン類があまり失われず塩分も少ないのが特徴です。

ただし、長期保存はできません。

・当座漬け

1週間から3ヶ月、当座の間食べられることからこう呼ばれています。

地域によっては、普段付けとも言います。

・保存漬け

1年中いつでも食べられるように、長期間保存する漬物のこと。

塩分が多めなのが特徴です。

微生物の働きによる分類

・発酵漬物(ぬか漬け、高菜漬け、白菜の塩漬け、たくあんなど)

微生物の働き、発酵を利用した漬け物のこと。

発酵漬物は乳酸菌が発生しているので、その効果によって便秘の改善が期待できます。

ヨーグルトにも入っていると言われる乳酸菌。

乳酸菌は乳酸糖の有機酸を作り出すことで、腸内を悪玉菌が嫌いな酸性にしてくれます。

結果として悪玉菌は減り、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして便秘を改善してくれます。

腸内環境が改善されると、消化や排出が良くなり、ダイエットや美肌にも効果的とも言われています。

・無発酵漬物(梅干し、らっきょうの酢漬け、一夜漬けの塩漬けなど)

微生物の働きを利用しない漬け物のこと。

梅干しなどの塩漬けは殺菌作用があり、お弁当などに入れておくと持ち運ぶ時に安心ですね。

特に梅干しは、疲労回復・食欲増進・酔い覚まし・口臭予防などの効果があります。

赤ちゃんはいつから漬け物を食べられる?

スポンサードリンク


赤ちゃんが漬け物を離乳食の間は食べられません。

食べられるのは、3歳以降になります。

漬物は色々な種類がありますが、どの漬け物も塩分量と添加物が多く使われています。

どうしても漬け物を使う場合は梅干しのみ。

梅干しだったら、カミカミ期(9~11ヵ月)に種抜き・塩抜きをしてから少量の果肉を、調味料代わりに使うことができます。

梅干しを与えるときの注意点5つ

赤ちゃんに梅干しを与えるときは、以下の5つに注意して下さい。

1つめは、はちみつ入りの梅干しは与えないこと。

はちみつ梅干しは絶対に与えてはいけません。

はちみつにはボツリヌス菌が進んでいる可能性があり、1歳未満の赤ちゃんはそれによって死んでしまう可能性があります。

2つめは、初めて与える時は必ず加熱すること。

万が一、アレルギー反応が出る可能性もあるので、重症化しないように必ず加熱しましょう。

3つめは、下処理きをきちんと行うこと。

赤ちゃんに梅干しを与える場合は下処理をきちんと行いましょう。

種を取り除いて、塩抜きを行いましょう。

塩抜きについてはレシピでご紹介します。

梅干しは塩分濃度がとても高い食品です。

塩抜きがされていない梅干しは、赤ちゃんにとっては塩分濃度が濃すぎます。

腎機能が未発達なので上手に処理することができず、脱水症状や食塩中毒などを起こしてしまう可能性があります。

周りの離乳食について詳しくない大人にも注意を呼びかけ、塩抜きしていないものは決して与えないようにしましょう。

4つめは、あまり使わないこと。

塩抜きした梅干しでもあまり使ってはいけません。

赤ちゃんが濃い味に慣れてしまうと低年齢で生活習慣病を発生してしまう恐れがあります。

塩抜きは塩分濃度が0になるというわけではありません。

塩分は体に大事な栄養素ですが、積極的に摂取しなくても、様々な元に含まれているのであえて取る必要はありません。

赤ちゃんは離乳食で様々な素材の味を学んでいます。

大人が食べて美味しくないと感じても、赤ちゃんの舌は十分に刺激されているので心配は要りません。

5つめは、無添加の物を!

スポンサードリンク


市販の梅干しを与える場合は、なるべく無添加なものを選びましょう。

食品表示の原材料名の部分を見て、食品添加物があまり使われていないものを選んでください。

食品添加物とは、植物の葉や実から抽出したものや、化学的に合成されたもののこと。

日本では食品衛生法で、安全性が認められた物だけ使用するように決められています。

しかしその中には、アレルギーを引き起こしたしたり、発がん性などの毒性があるという理由で、海外では使用禁止になっているものもあります。

漬け物の、食塩中毒!

赤ちゃんが勝手に必要以上の漬け物を食べてしまっていたら…。

前項でも説明した恐ろしい食塩中毒を引き起こす可能性があります。

症状

数時間以内に頭痛、嘔吐、めまい、発熱、下痢等の症状が表れます。

対応

すぐに救急車を呼ぶか病院に向かって、可能ならば水を大量に飲ませて嘔吐するように促してください。

もし家で嘔吐出来ても、その後できちんと病院受診をして診てもらいましょう。

漬け物を使ったおすすめレシピ!

梅干しの塩抜き方法

材料:梅干し…50g

水…200ml

塩…少々

手順:1.漬け物と水を容器に入れる。

2.塩少々を入れて軽くかき混ぜて、冷蔵庫に入れる。

3.12時間以上したら、水を替え、再度冷蔵庫へ入れる。

4.12時間後、冷蔵庫から出す。

塩抜きした梅干しは腐りやすくなっています。冷蔵庫で保管し、1~2カ月程度で食べきりましょう。大人用にはしそや昆布、はちみつなどに漬けて食べてしまいましょう。

1歳~1歳6カ月向け!梅干しおかゆ

材料:ごはん…50g

水…大さじ3

塩抜きした梅干し…5g

作り方:1.耐熱容器にご飯分量の水を入れラップをかけて電子レンジで1分加熱する。

梅干しは種を取り除く。

3.1に2を乗せる。

★塩抜きした梅干しは、豚肉や鶏ささみ、そうめんやパスタに合わせて風味を楽しむことができます。

まとめ

スポンサードリンク


赤ちゃんと漬け物について、いかがでしたでしょうか。

漬け物は基本的に離乳食では使えません。

塩分と添加物が多く含まれているので、3歳以降から。

どうしても使う場合は、梅干しを種抜き・塩抜きしてカミカミ期(9~11カ月)から与える事ができます。

ただし、塩抜きしても塩分濃度は0ではないので使いすぎないように。

赤ちゃんが大人と一緒に漬け物を食べられるのはまだ先。

周りの大人にも注意しておいてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です