妊娠は脇汗をかきやすく臭いもキツイ?妊娠中の脇汗の原因と3つの予防対策

スポンサードリンク

妊娠してから汗の量が増えた。

これまで脇汗なんて気になった事はなかったのに汗染みができている。

妊娠に伴う体の変化に悩んでいる妊婦さんはいらっしゃいませんか?

悩んでいるのはあなただけではありません。

実はほとんどの妊婦さんが妊娠前よりも汗かきになったと感じているのです。

夏に妊娠後期を迎える方は特に大変ですよね。

  • 妊婦って脇汗をかきやすい?
  • 肌トラブルが増える?
  • 脇汗の予防法って?

今回は多くの妊婦さんが悩む「汗」についてまとめてみました。

自分だけかも?とお悩みの妊婦さんは是非この記事を読んでくださいね。

妊娠すると脇汗をかきやすくなる?

妊娠する事で様々な心や体の変化が多すぎて、気持ちがついていかない・・・。

という方も多いと思います。

実は汗もその変化のうちの一つなのです。

・脇汗だけでなく汗をかきやすくなる

妊娠をすると黄体ホルモンが分泌されますが、この黄体ホルモンには体温を高くする働きがあります。

妊娠初期には体がポカポカして熱っぽいなと感じる方も多くいらっしゃいます。

また、妊娠中期~後期になりお腹が目立つようになってくると、少しの動きでも疲れやすくなったり、体が暑くなる事があるのです。

妊娠をしてから、常に暑いという症状は病気でも何でもありません。

妊娠に伴う症状で、ほとんどの方が経験する事なのです。

お母さんは大変かと思いますが、しっかりお腹の赤ちゃんが元気に育っている証拠と思って頑張りましょう。

・母乳を作る為の乳腺が発達する

妊娠をすると女性の体は、子供を育てていく為の体へと変化していきます。

その為にホルモンバランスが乱れ、脇にあるアポクリン汗腺という汗腺が活発化してしまう事があり、脇汗が以前より増えたと感じる方が多いのでしょう。

また、母乳を作る為に乳腺が発達していきます。

乳腺の血液が活発になる事で、周辺の体温が上がってしまうのです。

体は体温を下げようと汗をだそうとする事で発汗量が増えてしまいます。

関連記事⇒妊婦は汗をかきやすくなる?妊娠中に気になる「汗」の5つの原因と対処法

汗の量が増える事で様々な肌トラブルも

汗の量が増える事によって、様々なマイナートラブルに悩む妊婦さんもいます。

・「あせも」に悩む妊婦さんも多い

脇汗がすごいのに、なかなか着替えもままならない・・・。

なんて事になると「あせも」の原因に。

特に脇汗や乳腺の発達の影響で、胸に汗をかく方も多いです。

服であれば着替えを持ち歩いているという方も多いかもしれませんが、下着まで持ち歩くというのはなかなか難しいですよね。

着替えが難しい場合には、制汗スプレーを使用したり、

シートタイプの物でしっかりと汗を拭き取って常に清潔を保ちましょう。

脇汗の予防法や対策はある?

脇汗は止めよう!と思って止められるものではありません。

汗臭いにおいを気にすれば気にするほど、じわじわと汗がでてきてしまいますよね。

そんな事にならないように、しっかりと脇汗対策をしておきましょう。

・服装は脇を締め付けない物を選ぼう

スポンサードリンク


実は脇の汗は皮膚を締め付けられて密閉された状態、いわゆる蒸される事で発汗しやすくなるのです。

妊娠中に汗が気になるという方は、ゆったりと通気性の良い服を選ぶようにしましょう。

また通気性が良いというポイントも重要です。

通気性が良い事で汗の引きも早くなりますので、服選びのポイントにしましょう。

・マタニティインナーなどを上手に利用して

実は妊婦さん用の下着、マタニティインナーに汗とりパッドがついている物がある事をご存知でしょうか?

キャミソールタイプの物にも、脇部分のパッドがついている物があります。

また、妊娠中にはおなかを締め付ける下着は苦しくて付けられないので、お腹周りを締め付けない工夫も施されているので安心です。

妊娠中でも汗を気にせず可愛い洋服を着たいですよね。

このようなマタニティインナーを上手に利用して、汗対策をしてみてはいかがでしょうか?

・タオルやハンカチなどでこまめに拭いて

外出時には、タオルやハンカチなどを少し多めに持ち歩く事をオススメします。

特に夏場は、外は暑く建物の中は冷房が効きすぎている事が多いです。

汗をかいたままにしておくと、その汗で体が冷え切ってしまう事も。

風邪など体調を崩してしまう原因になりかねません。

汗をかいた場合には、こまめに拭き取る癖をつけましょう。

・汗をかくからと言って冷房を強めにするのはNG

家でゆったり過ごす時にも、暑いからと言って冷房の設定温度を低くしすぎるのはやめましょう。

妊婦さんにとって冷えは大敵です。

日中の暑い時間帯に冷房を使用するのは問題ありませんが、寝るときや涼しい時間帯は極力使用を控えたり、タイマー設定をするなどの工夫をしましょう。

関連記事⇒妊婦の冷えは大敵!妊娠中の冷え、胎児への影響9つの理由と対策

まとめ

妊娠すると、これまでよりも汗をかきやすくなる事は当然の事です。

汗をかきやすくなるという事は、体内の水分を失っているという事でもありますので、これまで以上に水分補給をしっかりと行ってくださいね。

また、汗のにおいを気にされるお母さんも多いですが、しっかりと汗止めをして脇を清潔に保っていれば過度に気にする心配はありません。

それでも気になる場合は、敏感肌専用の汗拭きシートがおすすめですよ。

お腹で赤ちゃんを育てているのでお母さんはとても負担がかかりますが、

可愛い赤ちゃんに会える日まで、頑張りましょう。