山芋は自然界の栄養ドリンク!妊娠中の妊婦におすすめの理由と2つのレシピ

スポンサードリンク




山芋はとろろにするとネバネバした、焼くとホクホクな食感が楽しめます。

私や家族もとろろが好きで、よく食卓に並ぶ食材です。

口ざわりが良くてさっぱりしているので、食べやすいですよね。

しかも山芋は栄養満点なので、病気のときや病後にもよいとされています。

そんなイイコトばかりの山芋。もちろん妊婦にも最適な食材です。

なぜなのか、その理由とオススメレシピをご紹介します。

この記事のポイントは3つです。

・山芋の効能

・妊婦にとって山芋が良い理由

・オススメレシピ2品

ネバネバがちょっと苦手という方でも、この記事を最後まで読めば山芋を食べてみようとなるはずです。

ぜひ、妊娠中の食生活の参考にしてくださいね。

■山芋の効能■

※全ての『ヤマノイモ属 ヤマノイモ科』に属する芋類を『山芋』として総表しています。

山芋を食べると、こんな効果が得られます。

『滋養強壮、疲労回復、虚弱体質の改善、病後回復』

あれ?と思った方いるかもしれません。

この効果、栄養ドリンクの効能欄に書かれているのと同じなのです。

ということは……山芋は自然界の栄養ドリンクといっても過言ではないというわけです。

山に自生している自然薯は、昔薬用に利用されていました。山芋には人間の身体を癒してくれる効果があるのです。

山芋を食べれば、わざわざ栄養ドリンクを飲む必要がなくなるかもしれません。

では、もう少し具体的に山芋が私たちの身体にどんな効果があるのかをご紹介していきましょう。

・糖質を分解して食事の消化を助け、血行を良くしてくれる

・胃の粘膜を保護して、たんぱく質を分解してくれる

・風邪などのウィルスに対抗できる免疫力を高めてくれる

・むくみや疲れを改善してくれる

・動脈硬化や高血圧を予防してくれる

いかがでしょうか。

このように山芋を食べることによって、とてもいい効果が身体に現れるのです。

私が自然界の栄養ドリンクといった理由がおわかりになられたはずです。

ちなみにカロリーは100グラムあたり約110カロリー。

炭水化物としては低カロリーになります。

■妊婦にとって山芋が良い理由■

山芋が身体に良いというのは上記でお分かりになられたと思います。

次は、『妊婦』への効果に的を絞って効能をご紹介いたしましょう。

・便秘解消

食べたものの消化を助けてくれるだけでなく、山芋は食物繊維も豊富なので、『便秘解消』の効果が期待できます。

・体重増加の抑制

糖質を分解してくれるため、体重増加を防いでくれます。

最近、妊婦の体重制限は昔よりも厳しくなっていますが、脂質や糖質を分解してくれるこの山芋は、そんな妊婦の味方になってくれます。

・つわり時の食事

さっぱりしていて、とろろにすると口ざわりもよいので、つわりが酷い時期にはもってこいの食材です。

しかも栄養満点とくれば、食欲がないときにも積極的に食べてもらいたい一品です。

・疲労回復

つわりが酷くて吐いてしまったり、お腹が大きくなって動くのがとても大変になったり、妊婦は疲れやすいです。山芋はその疲れを回復してくれる効果があります。

■オススメレシピ2品■

熱を通してもいいのですが、せっかく生のまま食べれる食材ですので、そのまま食べることをオススメします。

どちらもとても簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

レシピ①山芋のサラダ

↓作り方↓

山芋を短冊切りにして、皿に盛ります。かつお節と刻みノリをお好みの量を乗せ、しょうゆをかけて出来上がり。

※ワサビしょうゆで食べても美味しいので、辛いのが苦手ではないかたはぜひ。

レシピ②ネバネバごはん

↓作り方↓

山芋をとろろにして、オクラを細かく刻みます。混ぜた納豆と一緒にあたたかいご飯の上に乗せてできあがり。

※お好みで玉子の黄身と一緒にまぜまぜして食べてくださいと言いたいところなのですが、妊婦は生ものを控えたほうがいいので、もし加えるのでしたら、温泉玉子など、火が通っているものを選んでください。

○おまけ○

スポンサードリンク


山芋を調理するとき、手にかゆみが出るから嫌がる人もいると思います。

これを改善できる方法は、皮を剥く前に『お酢の水』に浸しておくと、かゆみの予防になります。

■山芋は自然界の栄養ドリンク■

ここまで記事を読んで、山芋って本当に万能な食材なんだなと知ってもらえたはずです。

免疫力が弱っている妊娠期は風邪などとてもひきやすくなっています。

病中にも私たちの食事の助けになってくれる山芋ですが、できれば未然に防ぎたいですよね。

普段から積極的に摂るようにして、免疫力を高めて強い身体を作りましょう。

レシピでご紹介した料理のほかに、お好み焼きに入れたり、焼いてステーキにして食べたり……。山芋は色々な料理で活用できます。

もちろん料理するのが面倒なときにも活躍しますよ。とろろにしてご飯にかければ、それだけで栄養満点な食事になりますからね。

なにかと億劫になりがちな妊娠中、万能食材のとろろを活用して、楽に免疫力を上昇、体力を高めちゃいましょう♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です