「佑」の意味や由来、読み方って?「佑」を使った男の子・女の子の名前選

スポンサードリンク

「佑」の意味や由来、読み方って?「佑」を使った男の子・女の子の名前48選

「佑」には人を助けるという意味が、こもっています。

名前としては多くの人に使われている漢字です。

読みやすく書きやすいという利点もその理由の一つでしょう。

男の子の場合には、「すけ」という止め字で読むことにも人気が集まっているようです。

「佑」という漢字について

字画数:7画

音読み:ゆう

訓読み:−

きっと誰かの役に立つという意味。これが「佑」という漢字の持つ意味です。

なんとも心優しい人という印象を与える「佑」の字。

名前に使うことで、親の願いが子供に伝わりますようにと祈りを込めて命名をする。そんな親御さんも多いはずです。

「佑」の付く男の子の名前

・佑(たすく)

・佑(ゆう)

・貴佑(きすけ)

・圭佑(けいすけ)

・皓祐(こうすけ)

・剛佑(ごうすけ)

・佐佑(さすけ)

・俊佑(しゅんすけ)

・翔佑(しょうすけ)

・泰佑(たいすけ)

・範佑(はんすけ)

・佑樹(ゆうき)

・佑吾(ゆうご)

・佑治(ゆうじ)

・佑介(ゆうすけ)

・佑星(ゆうせい)

・佑太(ゆうた)

・佑飛(ゆうと)

・佑馬(ゆうま)

・佑矢(ゆうや)

・陽佑(ようすけ)

・竜佑(ゆうすけ)

・亮佑(りょうすけ)

・蓮佑(れんすけ)

・准乃佑(じゅんのすけ)

・創之佑(そうのすけ)

・佑一郎(ゆういちろう)

・龍之佑(りゅうのすけ)

男の子にはポピュラーな名前

優しさに満ち溢れた「ゆう」という音には人気が高いです。

「すけ」と読む場合には、男らしい雰囲気が漂います。

「佑」の付く女の子の名前

・愛佑(あゆ)

・詩佑(しゆ)

・佑未(すけみ)

・芙佑(ふゆ)

・佑愛(ゆあ)

・佑衣(ゆい)

・佑香(ゆうか)

・佑紀(ゆうき)

・佑子(ゆうこ)

・佑奈(ゆうな)

・佑陽(ゆうひ)

・佑美(ゆうみ)

・佑羽(ゆうわ)

・佑果(ゆうか)

・佑月(ゆづき)

・佑菜(ゆな)

・佑芙(ゆふ)

・佑海(ゆみ)

・佑芽(ゆめ)

・沙佑吏(さゆり)

・志佑里(しゆり)

・奈佑美(なゆみ)

・万佑香(まゆか)

・萌佑瑠(もゆる)

・佑紀奈(ゆきな)

・佑仁子(ゆにこ)

優しい響きの名前として女の子にも人気

スポンサードリンク


女の子の名前で「ゆ」という響きは優美さを感じます。

ほとんどの場合が「湯」の響きで読みます。3文字の名前になっても、優しく穏やかな雰囲気が漂います。

「佑」の付く芸能人・有名人の名前

・石田 亜佑美さん

・新垣 佑斗さん

・真田 佑馬さん

・登野城 佑真さん

・皆川 佑介さん

・藤咲 佑さん

・岩瀬 佑美子さん

・田中 佑典さん

・千葉 恵佑さん

・永井 謙佑さん

・福留 佑子さん

・柴崎 佳佑さん

・河島 佑香さん

・齋藤 佑樹さん

・宇佐美 佑果さん

・金子 圭佑さん

・岡田 佑里恵さん

・清水 佑樹さん

・大竹 佑季さん

・柄本 佑さん

・長友 佑都さん

・本田 圭佑さん

・澤部 佑さん

・藤岡 佑介さん

・米原 幸佑さん

・香川 佑太郎さん

・田中 佑昌さん

・宍戸 佑名さん

・清宮 佑美さん

・皆川 佑馬さん

・汐見 麻佑子さん

・金城 佑実さん

・伊藤 陽佑さん

・巻 佑樹さん

・村上 佑介さん

・野村 佑香さん

・岩本 美佑紀さん

・佐々木 佑花さん

・秋山 佑奈さん

・佐藤 佑介さん

・石垣 佑磨さん

・板垣 龍佑さん

・矢嶋 佑さん

・高岡 蒼佑さん

・永岡 佑さん

・小堀 佑介さん

・西山 宗佑さん

・細野 佑美子さん

・田崎 佑一さん

・及川 佑さん

・遠藤 幸佑さん

・東野 佑美さん

・澄原 佑佳さん

・田巻 佑規子さん

・黒川 恭佑さん

・中澤 佑二さん

・永井 佑一郎さん

・山口 弘佑さん

・鈴木 佑季さん

・安田 佑子さん

・津田 英佑さん

・室井 佑月さん

・九重 佑三子さん

・中隈 佑子さん

・藤村 佑子さん

  • 「佑」という文字の持つ幸運とは?

人を助け、助けられるという意味を成します。天の助けを「天佑」そして神の助けを「神佑」と言います。その漢字に使われる「佑」の字を名前に充てることで幸運が訪れる。そう考えるととてもご利益のある漢字。

そう考えられるわけです。

天の助けという意味を持つ漢字

有名人の名前にも多くみられる「佑」という漢字。同じ読みをする「優」や「祐」とは違っているのは漢字の持つ意味です。漢字の成り立ちを見ても、ニンベンの横にある「右」という部分に大きな意味があります。

これは、神様にお祈りをしているという様子だからです。右手で何らかの器を持って神に願う。そんな思いを込めた漢字が「祐」です。

読み方も幅広いので名付けには使いやすい漢字

女の子は「佑」と読むことが多い中、男の子の名前としては「たすく」という読み方もできます。

名乗りにつかえる読み方が多い分、親が決めた漢字を一文字添えて個性的な名前にする。

それが十分に適うのが「佑」という漢字なのです。

  • 何かあった時は神が助けてくれる

名前を付けるときには、前向きな意味を持つ漢字を選びたいものです。

特に「佑」には「神の助け」という意味が深く込められているのです。

だからこそ、命名の際に、漢字として使いたいと願う親が多いわけです。

優しく頼りがいのある人間に成長したもらいたい。

そして神様に助けられた分、人を助ける人間になってほしい。親はそんな深い思いを込めて命名をするものなのです。