妊婦の喘息にご用心!妊娠中の喘息の薬の影響と3つの予防策・解決策

スポンサードリンク




以前から喘息持ちの妊婦さんも珍しくありませんが、一部には妊娠中に新たに喘息を患った輩もいることでしょう。

喘息の発作が現れたら、薬を用いて苦しい咳を抑制するのが当然ですが、妊婦は継続的に服用していた薬を服用しても良いのか、どのようにして処置するか困惑しますよね。

こちらでは喘息保有の妊婦さんことを考えて、喘息と妊娠中の因果関係、咳や発作の胎児に及ぶ影響力、薬の作用や治療法に関してご案内していきますね。

■妊婦と喘息

女性のケースでは、妊娠する事で喘息の状態が快方に向かうケースもあれば、酷くなる可能性もあります。

通常であれば、3分の1が喘息の状態を正常にし、3分の1がこれまで病状と同様で、他の3分の1は病状が悪化するとされています。

妊婦で喘息を患っている方は、喘息療法を試してみると「胎児の健康に支障が出るのでは?」と不安になります。

その結果、喘息を発症していたとしても、治療法しない流れがあります。

それゆえに、風邪や倦怠感が酷くなって喘息の状態が不調になってしまうわけです。

  • 3分の1・・・改善
  • 3分の1・・・変化なし
  • 3ぶん1・・・悪化

喘息の症状がエスカレートする事は、妊娠中期が過ぎるほど多くなります。

妊娠する前の喘息の状態が重度であるほど、重篤率が上がってしまいます。

喘息が妊婦に影響する事としては、流早産割合をやや増加させる事、死産割合と低体重児の出現数が高くなる事につながります。

そういった問題は、ママの恒常的な低酸素の状況がきっかけになります。

その事から、我慢せずに薬を用いた方が良いでしょう。重篤化してしまったら、反対に胎児に対する危険度がより一層増加するものと想定されます。

■妊娠中の喘息の原因とは?

ここ数年は、大人の喘息の有症率が3%くらい迄高くなっている事が発表され、喘息と妊婦の関連性も深刻な問題が起こってきています。

妊娠する事で、喘息の状態が良化する時、違いがない時、重症化する事が個々に同じ位の頻度であらわれます。

喘息の状態が増悪する背景に喘息に用いている治療薬が胎児に影響を及ぼすのではと気に掛かり服薬を止めてしまうというのが想定されます。

・薬を服用しない事

■妊娠中の喘息は胎児に影響がある?

妊娠中の喘息をコントロールできない時は、ママには性器出血、高血圧症、分娩異常、尿毒症などを起こる事があります。

胎児においては子宮内発育遅延、胎児低酸素血症、低体重、早産といったリスクが上昇します。

これらに関しては妊娠中に薬の種類というよりも、妊娠中の喘息発作の威力や頻度数で判断して影響を受けます。

<ママ>

スポンサードリンク


・性器出血

・高血圧症

・分娩異常

・尿毒症

<胎児>

・子宮内発達遅延

・胎児低酸素症

・低体重

・早産

■妊婦が気を付けたい3つの喘息の予防法

喘息の病状が起こっていない時でも、先行きの事を推察して「発作予防薬」を用いるといった方法も可能となります。

喘息保有の妊婦さんは呼吸器科医と入念に相談して、開始するにあたり発作を抑制することが重要か否か確認しておきましょうね。

予防薬は発作がもたらされて無い時点で活用する薬ですから「最近は発作が無くて」と服薬を絶ってしまうのは効き目がなくなってしまうのです。

服薬し始めたら入念に用法・用量に従って服薬しましょう。

加えて、喘息の発作がないように、空気清浄機を活用してハウスダストを取り除き、常日頃の清掃で部屋をきれいに保つのも、喘息発作を起こさない為と考えれば効果的です。

度を越した精神的な負担が増すと喘息発作がもたらされる方もおられますので、適度に精神的な負担を解消しつつも和らいで暮らして行くように精進したいところですね。

  1. 薬の服薬
  2. 清潔
  3. ストレス

■妊娠中の喘息の解決策・治療法とは?

妊娠中は薬を我慢した方が良いと考えられる為、自分の判断で喘息の薬の服薬をストップしてしまう方がいるのですが、これは喘息を重症化させる要因となります。

ステロイドやテオフィリン、β2刺激薬と呼ばれている喘息で処方して貰う薬はお腹の赤ちゃんに害となるものとは異なることから、妊娠時でも発作が発症した際に服薬して下さい。

しっかりと薬で病状を抑制して呼吸をキープし、赤ちゃんに多くの酸素を送り込んであげるようにしてください。

しかしながら、体質によって処方している薬に違いがある為、妊娠が判明した場合には、医療機関で薬を出してもらっても良いのかを聞いておいた方が良いでしょう。

・服薬

■まとめ

妊婦の喘息は、病状が重症化することによってお腹の赤ちゃんに対する危険が増加します。

従って、最初から喘息保有の方は妊娠した時点で一刻も早く主治医と話し合いした方が良いでしょう。

更に、妊娠する迄は喘息が見られなかった妊婦さんであっても咳が長い期間続く際はまず医療機関へ問い合わせして下さいね。

ひょっとすると喘息や咳喘息にかかっている恐れもあります。

「こんな咳なら問題ない」と自身の判断はしないで、お腹の赤ちゃんを中心にして踏まえて早急に対処して頂きたいですね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です