ボールドに柔軟剤はいらない?相性が良い柔軟剤はどれ?

スポンサードリンク

「輝く白さ!」「ファンドリー」というCMのキャッチフレーズでも知られるボールド。

柔軟剤入りの洗濯用洗剤で、これ1本でお洗濯ができる手軽さからも人気のある商品です。

柔軟剤入りとは言え、あくまでも洗剤なので、香りや柔らかさにイマイチ感を感じている人もいるでしょう。

そのため、柔軟剤を足して使いたいと思うでしょうが、そもそも柔軟剤入りの洗剤にさらに柔軟剤を入れてもいいのか、香りが混ざって変な匂いにならないかなど不安に思うこともありますよね。

ここでは、ボールドに合う柔軟剤についてもご紹介します。

洗濯用洗剤ボールドの特徴

ボールドはアメリカのメーカーP&Gが日本で販売している柔軟剤入りの洗濯用洗剤です。

粉末、液体、ジェルボールがあります。

柔軟剤入りのため、一本でお洗濯が完了する手軽さが人気の秘訣のようです。

私は以前液体のボールドを使用したことがあります。

柔軟剤入りということもあって、ボールドだけで洗っても柔軟剤を使ったような香りが少ししました。

フワフワ感は、他の洗剤だけで洗った時よりはいいのかもしれませんが、柔軟剤を入れて洗った時よりは劣ります。

さすがにCMで見るような「フワフワ〜」とした感じまではいきません。

ボールドは洗濯物を簡単にしたい人におすすめ

私がボールドを使ってみて感じたメリットとデメリットです。

メリット
・洗剤と柔軟剤の2本を買う必要がないので経済的
・洗剤と柔軟剤を入れる場合は別々にキャップで計量して洗濯機に入れなくてはいけないが、ボールドなら計量が1回でいい
・ほのかな香りがする

デメリット
・汚れ落ちがイマイチ
・フワフワ感がイマイチ

洗濯物をする時には洗剤と柔軟剤を使いますが、ボールドならそれが1本で済むので経済的です。

また洗濯機へ入れるためにするキャップでの計量も1回で済みます。

そのため、洗濯の手間が少し減ります。

「洗濯は簡単に済ませたい」という人にはおすすめの洗剤だと思います。

香りもしますが、柔軟剤を入れた時ほどキツくありません。

ほのかに香る程度なので、柔軟剤の強い香りが苦手という人にもおすすめです。

しかし、やはり1本で洗剤の効果も柔軟剤の効果もということになるので、他の洗剤よりも洗浄力が劣る感じはしました。

我が家には子供がいるため、汚れ物が多いです。

ソースやケチャップなどの濃い染みや白い靴下に付く茶色い汚れは落ち切りませんでした。

フワフワ感も別で柔軟剤を入れた時よりは劣ります。

しっかり汚れを落としたい人、フワフワ感を求める人はやはり、洗剤と柔軟剤は別々に使用した方がいいでしょう。

ボールドには香りが弱い柔軟剤が合う

「ボールドは好きなんだけど、もう少しフワフワ感が出れば」と思う人もいるでしょう。

そんな時には柔軟剤をプラスするのがおすすめです。

ボールドは柔軟剤入りですが、さらに柔軟剤を足しても問題ありません。

ただ、洗剤自体に柔軟剤が入っているため、他の洗剤よりも香りが強いと感じる人もいるでしょう。

そこにさらに違う香りをプラスすると、匂いがキツくなり過ぎたり、混ざって変な匂いに感じてしまう事もあります。

柔軟剤にはたくさんの種類の商品がありますが、ボールドにプラスで柔軟剤を入れるならどれが合うのでしょうか。

香りの相性を気にするのならレノアがおすすめ

液体とジェルボールのボールドには同じP&Gの商品であるレノアが配合されています。

そのため、柔軟剤を使用するのならレノアがおすすめです。

液体もジェルボールもどちらもピンクの入れ物のフローラル系とブルーの入れ物のクリーン系の香りがあります。

香りが混じり合うことを気にするのなら、フローラル系洗剤ならレノアのリラックスアロマの香りを。

クリーン系の洗剤ならフレッシュグリーンの香りを使うと1番馴染むでしょう。

香りの少ない柔軟剤

スポンサードリンク


「フワフワ感は欲しいけれど、さらに香りまで足されるのはちょっと。

」という人もいるでしょう。

最近は香りの強い洗剤などの「香害」も話題になっていますよね。

ボールドにはそもそも柔軟剤が入っているので、ほのかに香りがします。

これ以上香りを強めたくないという人には香りのすくない柔軟剤がおすすめです。

ダウニー フリー&ジェントル
柔軟剤といえば有名なのが「ダウニー」です。

ですが、ダウニーは香水級に香りが強いことでも知られています。

元々海外製品のため、日本人でも好みが分かれる香りをしています。

そんな「香りが強い」というイメージがあるダウニーですが、実は香りが少ない商品もあるのです。

それがフリー&ジェントル。

ドラッグストアではあまり見かけないかもしれませんが、Amazonなどネットで購入することができます。

そして、海外製品は刺激が強いイメージもありますが、フリー&ジェントルは香りを抑えるだけでなく低刺激になっているので、肌が弱い人でも使えます。

fabrush(ファブラッシュ)柔軟剤
こちらもあまりドラッグストアでは見かけませんが、柔軟剤としては珍しい無香料の柔軟剤です。

Amazonなどネットで購入できます。

フワフワ感は欲しいけど香りは苦手という人におすすめです。

サラヤ ヤシノミ洗剤
ヤシの実由来の成分でできた自然にも優しい柔軟剤です。

無香料、無着色で赤ちゃんにも使える優しい柔軟剤です。

まとめ

「柔軟剤といえば香り付き」というイメージですが、意外と香りの少ない商品もあるんですよ。

それぞれの香りは良くても、混ざり合うとなんともいえない香りになってしまう事もあります。

香りの少ない柔軟剤も試してみてくださいね。