バターロールの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と7つのメニュー

スポンサードリンク

バターロールは、焼かずにそのまま食べておいしいので、とっても手軽で、朝食などに助かるパンですね。

バターを使っているので、バターのコクがおいしくて、軽い食感が特徴的です。

パンはいろいろな種類があって、その中でもバターロールは食パンと同じで、パンの中で水分が多い種類。

水分が多いパンは、カビが心配ですよね。

また乾燥すると、硬くなる特性もありますので、保存方法には工夫が必要。

ここでは、バターロールの正しい保存方法、消費期限、おすすめのメニューを紹介しますので、参考にしてくださいね。

 バターロールはどのくらい日持ちする?賞味期限は2~3日!

バターロールは作る過程でバターが生地に練りこまれていて、そのまま食べてもおいしく、バターやマーガリンを塗ってもおいしい、食べやすいパンです。

常温で保存することもできますが、長期間保存することができないので、おいしく食べるには賞味期限内で食べきるといいですね。

購入する時は、賞味期限が遠いものを選んで購入しましょう。

 バターロールの保存方法!

日本は高温多湿な気候なので、パンの長期保存にはむきません。

特に梅雨の時期や、夏の時期はカビが生えやすいので、注意が必要。

常温保存するときは早く食べきるのが大切ですね。

バターロールの正しい保存方法を紹介します。

 バターロールの正しい冷凍保存方法

バターロールは、冷凍保存すると長期間保存することができます。

冷凍保存するときは、1個ずつぴったりとラップに包んで保存。

ラップに包んだバターロールを、保存袋に入れて保存してください。

保存袋に入れるときも、できるだけ空気を抜くのがポイントです。

冷凍保存で1ヶ月と長期間保存できるのは、嬉しいですね。

いざというときに冷凍保存しておくと、朝食に使うときに便利。

解凍するときは、自然解凍して食べます。

食パンの場合は、冷凍後そのまま焼いても大丈夫でしたが、バターロールの場合は、そのまま焼いても中が解凍されない場合がありますので、自然解凍してから、少し焼くとさくっとふわふわのおいしいパンが蘇ります。

解凍すると、ふわっと感が蘇るので、冷凍保存がおすすめです。

 バターロールの正しい冷蔵保存方法

バターロールは、冷蔵保存すると、乾燥してしまい硬くなってしまうので冷蔵保存にはむいていません。

すぐに食べるときは常温で、長期間保存したいときは、冷凍で保存してください。

 その他の方法

バターロールは、2~3日で食べるときは、常温保存で大丈夫。

ただし、水分が多いので、夏場や梅雨の時期は3日でカビが生えることがあるので、その時期はなるべく早く食べきるか、冷凍保存しましょう。

常温保存するときは、乾燥にも注意。

乾燥すると硬くなって、本来の風味やおいしさがなくなってしまいます。

買ってきた袋で保存する場合は、封をしっかりしめてできるだけ空気が袋の中に入らないように保存します。

パン専用の密封容器や袋がありますので、それを利用してもいいですね!

 ワンポイントアドバイス

カビを防ぐためには、アルコール度数の高いお酒を表面に吹き付けて保存するのが効果的。

アルコールの味がパンにつく心配がありますが、パンを焼くとアルコールは消えます。

そのまま食べるときはむきませんが、バターロールを焼いて食べる場合は、有効なカビ防止策です・

 冷凍しておいたバターロールを使った6つのメニュー

スポンサードリンク


冷凍したバターロールは、自然解凍するとふっくら感が戻るのでおすすめ。

冷凍したバターロールを使ったメニューを紹介します。

 シチューバターロール

残りのシチューを使ったアレンジメニュー。ボリュームがあってお弁当にもいいですね。

【材料】

残りのシチュー 適量

冷凍バターロール 3個

ピザ用チーズ お好み

バター お好み

① バターロールは自然解凍、残りのシチューを電子レンジで温めます。

② ロールパンの上部をくりぬいて、中身を少し切り抜きます。

③ くりぬいた穴に場他を塗って、シチューを詰めてください。

④ 詰めたシチューの上にチーズをのせて、オーブントースターで焼いて出来上がり。

 ハムチーズロール

【材料】

ロールパン 6個

ウインナー 適量

とろけるチーズ 1枚

カップスープ粉末 1袋

お湯 150ml

① ウインナーはみじん切りにして、フライパンで炒めます。

② ロールパンの頭を切ります。切ったロールパンの中をつぶして入れ物にします。

③ いためたウインナーを、パンに詰めます。

④ とろけるチーズを1/6に切って、ウインナーの上にのせてトースターで焼きます。

⑤ 即席のカップスープを作っておきます。ポタージュスープ、コーンスープなどお好みのスープを作ってください。

⑥ トーストしたパンを皿において、スープをゆっくり注いでください。

⑦ 残ったウインナーを飾って出来上がり。

 ポテトサラダロール

【ポテトサラダ】

ツナ缶 1缶

卵 2個

じゃがいも 3個

バター 20g

マヨネーズ 大さじ4

レモン果汁 小さじ2

トマトケチャップ 大さじ1

ミックスペッパー 少々

ハム 3枚

ポテトチップス 30g

青のり 少々

塩コショウ適量

バターロール 5個

① まずは、ポテトサラダを作ります。ツナは余分な油を取り除いて、卵は硬くゆで粗みじん切りにしておきます。

② じゃがいもは水洗いして、ラップをして電子レンジで加熱。熱いうちに皮をむいて荒くつぶしてバターと混ぜてください。

③ 粗熱が取れたら、その他の具材、調味料を入れて混ぜ冷蔵庫で冷やします。

④ ポテトサラダにきざんだハムを入れます。ポテトチップスは砕いておきます。

⑤ バターロールを半分に切って、ポテトサラダを中に挟み、きざんだポテトチップスをかけて、青のりもかけて出来上がり。

 ちくわロール

ちくわパンという人気のパンを自宅で作るメニューです。

【材料】

バターロール 1個

ちくわ 半分

ツナ缶 1缶

マヨネーズ お好み

① ツナ缶を開けて、マヨネーズをあえて混ぜておきます。

② バターロールを半分に切って、バターを塗ります。

③ ちくわは縦に半分に切って、ツナをちくわのみぞに入れて、パンにもはさんで出来上がりです。

 エッグボート

バターロール 2個

卵 1個

生クリーム 大さじ2

ピザ用チーズ 大さじ2

ウインナー 2本

① ロールパンは上を切って、真ん中を押して四角くケースになるようにします。

② ロールパン以外の材料を、全部ボールに入れて混ぜます。

③ ②をくりぬいた部分に、静かに流し込みます。

④ 170度のオーブンで25分焼いて出来上がり。暖かいうちにどうぞ。

 卵ロールパン

【材料】

バターロール 2個

卵 2個

レタス 2枚

マヨネーズ 大さじ2

マーガリン 小さじ2

粒マスタード 小さじ2

塩コショウ 少々

① バターロールに切込みを入れて、マーガリンと粒マスタードを塗って、トースターで1~2分やきます。レタスはちぎっておきます。

② ゆで卵を作り荒くみじん切りにします。マヨネーズ、塩コショウ、味の素を加えてよく混ぜます。

③ バターロールにレタスと②の卵をはさんで出来上がり。

 バターロールの作り置きメニュー

バターロールを使ったおすすめの作り置きメニューを紹介します。

 ピザバターロール

【材料】

バターロール 3個

ウインナー 3本

たまねぎ 1/4個

ピーマン 1個

とろけるチーズ 適量

ケチャップ 大さじ1

① ウインナーは軽く焼いておきます。

② ピーマンとたまねぎを薄切りにします。

③ バターロールを半分に切って、中にバターを塗り、ウインナー、たまねぎ、ピーマンをはさみ、上からチーズをのせます。冷凍保存するときはラップをしてこの段階で冷凍保存します。

④ トースターで焼いて出来上がり。

 まとめ

バターロールはすぐに食べられて、真ん中に食材を挟むことで、ボリュームのある惣菜パンになるので、食べることが多いパン。

正しい保存方法と、おすすめのメニューを紹介しました。

バターロールに限らず、パンは乾燥しすぎることとカビが生えないようにすることが大切。

保存方法しだいで、長期保存が可能なので、ぜひ参考にしてくださいね。