家電の買い替え時期のタイミングはいつ?安い時期や目安と買替のポイント

スポンサードリンク

『家電の買い替え時期のタイミングが分からない!いつが安い?ベストな時期を教えて!』

家電を買い替えしたいけれど、いつ買えばいいかタイミングが分からないという方、多いのではないでしょうか。

我が家も毎回そろそろ買い替えかなと思いながら、「まだ使えるし…」と使い続けると、結局急に壊れて生活が不便になります。また買い替えた値段もそこまで安くなかったなんてことがよくあります。

そこでこの記事では家電をお得な時期に買い替えるポイントについてお話します。

・家電を買い替えるきっかけ

・家電の寿命と買い替えの目安

・家電が安くなる時期

・家電を買い替える時の注意したいポイント

これらを知ることで、家電を買い替える時期を的確に判断することができますし、生活を不便にすることがありません。また、お得に家電を購入することができるので、家計も助かりおすすめですよ!

それでは、1つずつみていきましょう。

家電を買い替えるきっかけ

家電の中でも金額の大きなものは、なかなか買い替えるきっかけが無ければ買い替えることができませんよね。

我が家もそろそろテレビの型が古いし買い替えたいなと思っても、まだ見ることが出来るのでなかなか買い替えるきっかけというのがありません。

・故障

・新生活を始めるなど生活の変化があった

・新型モデルが出て買い替えを検討する

・故障する前買い替えておく

各家庭で家電を買い替えるきっかけとなるのも上記のようになります。

「まだ使えるから」と粘って、故障したのを機に買い替えるという人が多いですね。

また、使用頻度が多くなくてはならない家電に関しては、故障する前に買い替えをしてしまうという人も少なくありません。

家電の寿命と買い替えの目安

家電はそれぞれ寿命があります。

ひと昔前であれば、家電を購入するにも効果でしたが、その分しっかり作られているため長持ちで10年でも20年でも使っているという家庭がほとんどでした。

主人の実家もまさにそうで、扇風機を去年買い替えましたが、17年前に購入した扇風機を使っていたと言っていました。

冷蔵庫に関しても18年前の冷蔵庫なので、音が大きくて電気代もすごくかかると嘆いていましたね。

最近では家電を作る上で、各企業が家電の寿命を設定しています。

家電に表記してあるものがほとんどなので、買い替えの目安にするのもいいですね。

特に毎日使うものなど、なくてはならないものに関しては、壊れる前に買い替えたほうが生活に支障が出ませんよ!

テレビ

テレビの寿命は大体6年から7年と言われています。これはテレビのバックライトと呼ばれる部分の耐久性が大体6年から7年だからです。

ある日突然パッとつかなくなることもあるみたいですね。

・ノイズが入りやすい

・一部映らない

・テレビの電源自体が入らない

これらの症状が現れ出したら、故障の恐れがあるため買い替えを検討するほうがいいですね。

ちなみに我が家のテレビは11年目になりますが、まだ見ることはできます。

でも最近は大型テレビの値段も安くなってきていますし、リビングで使っている11年目のテレビを他の部屋に設置して、新しいものを買い替えるかどうか検討中です。

毎日見るものですし、急につかなくなってしまったら子どもたちも大パニックになりそうです。だから、壊れる前に新しいものを購入したいと思っていますよ。

洗濯機

洗濯機の寿命は大体7年から8年と言われています。

面白いことに洗濯機は選択回数で決まるそうで、2500回から3000回が寿命の目安となります。もちろん使用頻度が多いほど寿命は縮まってしまいます。

我が家の洗濯機には寿命が7年、それ以上使うと発火したりする恐れがあると書かれていますが、8年を迎えました。一度、排水の調子が悪くて故障かと思いましたが、結局排水管が詰まってしまっているだけでした。

日々のケアをしっかりしながら使い続けることが大事なんだなと、実感しました。

買い替え7年というのは、部品を7年間しか製造しないメーカーが多いそうで、故障をしてしまっても修理する部品がないためです。

・洗っても汚れが残る

・水漏れ

・延々とすすぎを繰り返す

・騒音が気になる

これらの症状が現われたら故障の恐れがあるため、買い替えを検討しましょう。

以前我が家で使っていた洗濯機も、延々とすすぎを繰り返すので修理を依頼したところ、部品がないとのことで買い替えとなりましたね。

洗濯機も毎日使うものなので、できれば完全に壊れてしまう前に買い替えをした方が、安心して暮らせます。

一日でも洗濯を滞らせると大変なことになってしまいます。

冷蔵庫

スポンサードリンク


冷蔵庫の寿命は8年から10年と言われています。

最近の冷蔵庫は、機能が充実している上に、省エネ仕様となっているので、10年以上前の冷蔵庫を使っている方は電気代節約の面からも買い替えを検討してもいいのではないでしょうか。

昔の冷蔵庫は20年近く使えるくらい頑丈なものも多いですが、その分電気代がすごくかかります。実家の冷蔵庫も15年使って買い替えた時、電気代が数千円減ったとびっくりしていましたよ。

ただ、最近の冷蔵庫は機能を充実させていても、全体的なコストを抑えているので、部品の強度や耐久性の面からは弱めです。そこが寿命が8年から10年と言われている理由です。

我が家の冷蔵庫は8年目を迎えようとしているので、そろそろ買い替えも視野にいれなければならないなと思っているところです。

・冷蔵庫の冷えが悪い

・騒音が気になる

・氷が凍らない

・水漏れする

これらの症状が現われたら、故障の可能性があるので買い替えを検討しましょう。

冷蔵庫も故障してしまってからの買い替えでは、冷凍が溶けてしまって冷凍庫に入っているものが食べられなくなってしまったり、冷蔵庫のものも傷んでしまいます。

だから故障する前に冷蔵庫を買い替えておく方が安心ですよ。

エアコン

エアコンの寿命は7年から10年と言われています。

エアコンの心臓であるエアコンプレッサーの寿命が大体7年から10年だからです。

我が家のエアコンは8年目なのでそろそろ買い替えを検討しなければなりませんが、出来るだけ長く使えるようにこまめにフィルター掃除をしてみたり、夏場はエアコンの内部にカビが生えないよう、内部クリーンを必ずするようにしています。

今のところ、まだ故障の兆候は見えていませんが、今年の夏は酷暑でエアコンの使用頻度も高いですし、エアコンにかなりの負担がかかったんじゃないかなとヒヤヒヤしています。

・異音がする

・臭いがする

・水が漏れる

・冷えない

これらの症状が現われたら、故障の恐れがあるため、買い替えを検討する時期が来ています。夏場に「もしかすると故障かもしれない」と思うのであれば、保証がきれていれば買い替えを早めに検討しましょう。

夏場はエアコンを設置する人が多いので、工事の予約を入れること自体が困難な場合もあります。

夏場にエアコンが使えないのは、今年のような酷暑の場合だと命を落とす危険もあるため、出来るだけ早い対処が必要ですね。

電子レンジ

電子レンジの寿命は約10年です。使用頻度が多かったり、メンテナンスが出来ていなければもう少し早めに使えなくなることもあります。

我が家の電子レンジはちょうど10年ですが、温める機能そのものには全く問題ないものの、ドアがしっかり閉まらなくなってしまい、ガムテープで押さえつけて運転中です。

さすがにもう買い替えてもいいんじゃないかと思うのですが、温めることができるのでなかなか購入に至りません。

・上手く食品を温めることができない

・操作ボタンが効かずに使えない

・頻繁に温め途中で停止する

これらの症状が現われたら、そろそろ買い替えを検討した方がいいでしょうね。

掃除機

掃除機の寿命は7年から8年です。

子育てサークルで利用する公民館の部屋の掃除機は、接続が悪いので公民館長さんでなければ、ちょっとしたコツで掃除機を動かすことができません。それでもまだ使えるのでそのまま毎回使うよう言われています。

我が家の掃除機は使用して10年ですが、少しずつゴミを吸い取る力が弱まってきた感じが否めません。

それでもまだ使えると思って使っていますね。

・掃除機の電源が入らない

・埃を綺麗に吸いきらない

これらの症状が現われたら、買い替えの検討時期になりますね。

炊飯器

炊飯器の寿命は5年から7年です。

炊飯器の場合お釜自体のコーティングは剥げてきたりするので、買い替えをどうするか気にし始めることになります。我が家の炊飯器は8年目ですが、機能的には全く問題はありません。ただやはり、お釜のコーティングが剥げてきているので、買い替えをしたいなと思っています。

・分量通りに設定しても、ご飯が焦げ付く

・ご飯が炊けない

これらの症状が現われたら、買い替えを検討した方が良さそうですね。

特に炊飯器は毎日使用するものなので、完全に壊れてから買い替えとなると、タイミング的にも上手く買い替えが出来なかったりします。

完全に故障して動かなくなる前に買い替えをするのがおすすめです。

パソコン

スポンサードリンク


パソコンの寿命は5年から7年です。

新しいモデルが次々発売されるため、すっかり故障してしまう前に買い替える方が多いのではないでしょうか。我が家のパソコンは3年目ですが、壊れたことをきっかけにするというよりは、使っていたWindowsVistaが古くて保証が効かなくなると聞き、新しいモデルにチェンジすることにしました。

だから、今でも以前使っていたパソコンも電源が入らないことはありません。

・フリーズが頻繁に起こる

・ハードディスクのランプが頻繁に点滅する

これらの症状がある場合は、早めに買い替えをした方がいいですよ!

家電が安くなる時期はずばりいつ?!

1年間の中で、家電が安くなるタイミングがあります。

家電量販店としても、在庫を残すよりは売ってしまいたいという気持ちが強いため、結構大幅な値下げが行われる場合もありますよ!

特に割引率がいいのが、新型モデルの販売時期と決算セールです!要チェックですね!

決算セール

一度は目にしたり聞いたことがあるのではないでしょうか。

家電量販店によって違いがあることもありますが、3月と9月に決算セールを行うところが多いです。

売りつくして少しでも利益につなげたいという思惑から、値下げ交渉に応じてくれる会社も多いので、ぜひ値下げ交渉もやってみてくださいね!

大体2割から3割引きは当たり前のところが多いので、お得ですよ!

新型モデルの販売時期を狙って購入!

新型モデルが販売されると、旧型モデルや型落ち商品はかなり安く購入することが出来ます。

私も3年前にパソコンを探して、たまたま10月にエディオンへ立ち寄ったところ、新型モデルの販売時期にあたりました。

旧型モデルの14万円のパソコンが8万円まで値下げされていました。

旧型でも全く問題ありませんでしたし、十分な機能があります。何よりもメーカー品が格安で購入することができるなんて、もうこの機会を逃したらないなと思い購入しました。

もちろん家電の種類によって、新型モデルの販売時期は違ってきますので、あらかじめお店で店員さんに探りを入れておくといいですよ!気軽に教えてくれます。

・テレビ    3月~5月、9月~11月

・パソコン   5月~6月、9月~10月

・電子レンジ  5月~9月、11月~12月

・炊飯器    6月~9月、1月~2月

・エアコン   10月~11月、2月~3月

・洗濯機    4月~6月(ドラム式は 10月~12月頃)

・掃除機    9月~11月

大体の新型モデルの販売時期は、上記のようになりますが、各メーカーによって販売時期が違うため注意が必要です。

でもある程度参考にして、家電量販店を覗いてみてくださいね。

年末年始

年末年始になると、「歳末セール」とか「年始セール」が目立ちます。

在庫処分という意味からも、年始セールの方が割引率が良かったり、格安の目玉商品んが」多いので、年末と年始どちらのセールを利用するか迷っている場合は、「年始セール」がお勧めです。

大型家電の場合は、年末の購入だと配送が年始になってしまうため、不都合だったりもしますよ。

ボーナス時期

ボーナスの時期には購買意欲をかき立てるために、家電購入時の分割手数料を無料にしたり様々な特典を付けて家電製品を購入させる工夫がとられます。

同時にこの時期に家電製品を安く売りだす家電量販店も多いですね。

家電買い替えで注意したいポイント

家電を買い替える時には、新しい家電を購入するお金だけでなく、別にお金がかかる場合があるので注意しましょう!

古い家電の処分方法はあらかじめ考えておかないと、後々困りますので注意が必要ですよ!

家電リサイクル法

スポンサードリンク


・エアコン

・テレビ

・洗濯機

・冷蔵庫

この4点は、粗大ごみとして捨てることは出来ません。

買い替えで不要となった家電がある場合には、お金を払って引き取ってもらう必要があるんです。

家電製品を買い替えた際に、お店に依頼して引き取ってもらうとスムーズです。

家電リサイクル券に記入をして、お金を払って引き取ってもらうわけですが、業者によっては高額な金額を要求するところもあるので、注意が必要ですよ!

下取りサービス・買取サービスを利用しよう

家電量販店によっては、下取りサービスをしているところもあります、下取りサービスを利用することで安く家電の買い替えをすることが出来たりしますよ!

また状態のいい家電の場合だと、製造から5年のものに限られますが、買取してくれる業者もあります。

綺麗に家電を使って、家電の寿命と照らし合わせて買取サービスを利用しながら買い替えをすると、トータル的に安く家電を買い替えることができますね!

値下げ交渉も頑張ってみよう!

・今日買うという意思をしっかり伝える

・まとめ買いをすると、値下げ交渉をしやすい

・キャンペーンをしている場合には、入会や契約で格安になることがある

・家電量販店のスタッフで、出来ればリーダーさんや店長さんに声をかける

義母は値下げのスペシャリストで、家電を購入する時には必ず結構な金額の値下げに成功しています。

粘って話をすれば大抵値下げに応じてくれるそうです。

まずは購入する意思があることを伝えると、しっかり話を聞いてくれるし、値下げも頑張ってくれるみたいですよ。

関西人の血がそうさせるのか分かりませんが、周りの話を聞いていても、値下げ交渉は必ずするという方が多いです。

せっかくですから、ダメもとでやってみましょう!

まとめ

家電はとりあえずもったいないから壊れるまで使うという人も少なくありませんよね。

もちろん間違いではありません。

でも、家電の寿命を理解しておくと、壊れる前に新しくしておけば安心して生活をスムーズに送ることができます。

そして家電の買い替えの時期を、決算セールや新型モデルの販売時期など家電を安く購入することが出来る時期に合わせておけば、格安で家電を買い替えをすることができます。

結果的にすごくお得になっちゃいますね!

1年のうちにお得に家電を購入することが出来る時期があるわけですし、ぜひ賢く活用して、お得に家電の買い替えをしてみてくださいね!