赤ちゃんはカレイをいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




離乳食が始まって、10倍粥に慣れてきたら、野菜や魚類もメニューに取り入れていきたいですね。

魚介類は、とても種類が豊富で、体の成長に必要な成分がたっぷり含まれており、赤ちゃんのうちから食べさせたい食品のひとつです。

しかし、魚の種類によってはアレルギーの心配があるものや、脂肪分が多いもの、小骨が多く離乳食には向いていないものなど、どれから食べさせてよいのか悩みます。

今回は、たくさんの種類の中から、白身魚の「かれい(鰈)」について詳しくみていきましょう。

「赤ちゃんはいつからかれいを食べてもいいの?」

「かれいを食べさせるときに気を付けることはある?」

「かれいを使った離乳食のレシピが知りたい!」

など、いざ、かれいを使った離乳食を食べさせてみようと心がけても、色々な不安や疑問が出てきます。

そんなモヤモヤを解消するためにも、しっかりと知識を蓄えてから望むと安心ですね。

・赤ちゃんがかれいを食べられる時期
・かれいを食べさせるときの3つの注意点
・ゴックン期のおすすめレシピ
・モグモグ期のおすすめレシピ
・カミカミ期のおすすめレシピ
・パクパク期のおすすめレシピ

離乳食の進め方や、かれいの調理方法や、赤ちゃん向けのレシピに困っているお母さんの、参考になれば嬉しいです♪

赤ちゃんはかれいをいつから食べても大丈夫なの?

かれいは、白身魚で、下ごしらえがしやすく、とろっとした食感から、離乳食に向いています。

そのため、離乳食初期のゴックン期から食べさせることができる魚です。

真鯛や、ひらめも同じく、ゴックン期から食べさせることができます。

この3つの白身魚は、他の魚抜比べると、アレルギーの心配がすくなく、低脂肪のため赤ちゃんの胃腸に負担をかけにくいので、離乳食に薦められています。

また、味にも癖がなく、淡泊なので赤ちゃんも食べやすいとされています。

脂肪分が少ない分、加熱調理をすると、パサつきが出てくるので、赤ちゃんが食べやすいように水やミルクで溶いたり、おかゆにまぜたりして、食べやすいように工夫をしながら食べすすめてみましょう。

赤ちゃんにかれいを食べさせるときに気を付けてほしい3つのこと

下ごしらえをしっかりとすること

かれいは、骨も大きく、熱することで皮もはぎやすい種類です。

離乳食用に皮や骨のついたかれいを調理する際には、しっかりと下茹でをして、骨や皮が残らないように注意しましょう。

小骨が混じっている可能性もあるので、できれば、端などでほぐしながら細かくみていきましょうね。

地域によっては、お刺身用のかれいもあるので、そちらを利用する方が手間暇が省けて楽です♪

アレルギーの心配が少なからずある

先ほど、真鯛やかれい、ひらめは、他の魚に比べるとアレルギーの心配が少ないことをお話ししました。

しかし、アレルギーにならないわけではなく、まれに白身魚でもアレルギーを起こす赤ちゃんもいます。

どの食材でも同じことが言えるのですが、赤ちゃんが初めて口にする食べ物を食べさせるときには、慎重に食べさせてあげてください。

いつでも、かかりつけ医に相談できるように、病院の空いている平日の午前中に、一口だけ食べさせて、1日赤ちゃんの様子をみてあげるようにしましょう。

アレルギーの症状は、軽いものから重いものまであるのですが、蕁麻疹や口の中や周りの赤みや腫れ、充血、下痢や嘔吐などが考えられます。

いつもと様子が違うなと感じたら、早めにかかりつけ医に相談するようにしてくださいね。

冷凍で販売されているかれい

スーパーなどでは、生のものを加工したかれいや、解凍されたかれいがあります。

生のものを下茹でしてから、おうちで冷凍保存することはできるのですが、一度冷凍されて、解凍されたかれいは、鮮度も落ちるので、再冷凍しないようにしましょう。

また、かれいを下茹でしたものは冷凍できるのですが、卵や牛乳などで調理加工したものを、冷凍すると、傷みやすくなるので、おすすめできません。

冷凍保存できるので、お母さんの手助けになる食材ですが、注意点もあるので、覚えておきましょう♪

ゴックン期(生後5~6か月頃)のおすすめレシピ

スポンサードリンク


かれいのペースト

<材料>

・かれい 10g
・水 適量

<作り方>

1.かれいをしっかりと茹でましょう。

2.かれいを取り出し、骨をとりながらほぐしていきます。

3.ほぐしたかれいをすり鉢ですりつぶし、水を少しずつ加えながらなめらかにしたら出来上がりです。

かれいと野菜のスープ

<材料>

・だし汁 30ml
・にんじん 5g
・玉ねぎ 5g
・上で紹介したかれいのペースト 5g
・片栗粉 少々

<作り方>

1.小鍋にだし汁をいれて、すりおろしたにんじんと玉ねぎを加えて沸騰させます。

2.ひと煮立ちさせたら、かれいペーストを入れ混ぜ合わせます。

3.2に水で溶いた片栗粉を入れて、とろみがついたら火を止めて出来上がりです。

モグモグ期(生後7~8ヶ月頃)のおすすめレシピ

かれいの煮物

<材料>

・かれい 20g
・もやし 20g
・だし汁 30ml
・青のり 少々

<作り方>

1.かれいは茹でてほぐし、皮と骨は取り除きます。

2.もやしは豆の部分とひげ根を取り除いて、やわらかく茹でてみじん切りにします。

3.鍋に、かれいともやしとだし汁をいれて煮込みます。

4.ひと煮立ちさせたら、お皿に盛り、青のりをかけて完成です。

かれいとさつまいものマッシュ

<材料>

・さつまいも 20g
・小松菜 10g
・かれい 10g

<作り方>

1.さつまいもを茹でてから、なめらかになるまで潰します。

2.小松菜は柔らかい葉の部分を茹でて、みじん切りにしましょう。

3.かれいは茹でてからほぐし、皮と骨を取り除きます。

4.さつまいも、小松菜、かれいを混ぜ合わせたら出来上がりです。

かれいの煮付け

<材料>

・水 200㏄
・醤油 大さじ1
・かれいの切り身 1切れ

<作り方>

1.かれいに熱湯を回しかけて臭みをとり、骨と皮を取り除きます。

2.水と醤油と1のかれいを鍋にいれて、沸騰させ水分を軽く飛ばしていきます。

3.余分な水分が飛んだら出来上がりです。

カミカミ期(生後9~11ヶ月頃)のおすすめレシピ

スポンサードリンク


かれいでピカタ

<材料>

・かれい 30g
・塩 少々
・青のり 少々
・小麦粉 小さじ2
・卵 2分の1個
・バター 少量

<作り方>

1.かれいを一口サイズに切って、骨と皮があれば取り除いておきます。

2.塩を青のり、小麦粉を混ぜ合わせ、かれいをまぶしていきます。

3.溶き卵に2をくぐらせて、バターをひいたフライパンで両面焼いたら出来上がりです。

かれいのオムレツ

<材料>

・にんじん 10g
・玉ねぎ 10g
・かれい 10g
・卵 1個

<作り方>

1.にんじんはやわらかく茹でてみじん切りにします。(みじん切りにして茹でてもOK。)

2.玉ねぎも茹でてみじん切りにします。

3.かれいは茹でてからほぐし、皮と骨を取り除きます。

4.にんじんと玉ねぎ、かれいと溶き卵を耐熱容器にいれて、混ぜ合わせます。

5.電子レンジで1分半加熱したら出来上がりです。

かれいの豆腐ハンバーグ

<材料>

・かれい 20g
・玉ねぎ 10g
・ブロッコリー 5g
・豆腐 20g
・片栗粉 5g
・醤油 3滴

<作り方>

1.かれいは茹でてからほぐし、骨と皮を取り除きます。

2.玉ねぎとブロッコリーを茹でてからみじん切りにします。

3.ボウルにかれいと、玉ねぎとブロッコリー、豆腐、片栗粉と醤油を加え混ぜ合わせます。

4.フライパンに薄く油をひいて、小さく丸めた3のタネを両面焼きます。

5.ひっくり返したら、蓋をして3分蒸し焼きにしたら出来上がりです。

パクパク期(1歳~1歳半頃)のおすすめレシピ

かれいのトマトクリーム煮込み

スポンサードリンク


<材料>

・かれいの切り身 1切れ
・トマト 小さめ2個
・玉ねぎ 4分の1個
・ピーマン 2分の1個
・にんじん 3㎝
・だし汁 100㏄
・ホワイトソース(あればベビー用) 100㏄

<作り方>

1.かれいは両面を焼いてから、冷めたら骨と皮を取り除きます。

2.トマトは湯剥きしてから種をとり、細かく刻んでおきます。

3.玉ねぎ、ピーマン、人参はみじん切りにします。

4.鍋に、かれいとトマト、玉ねぎ、ピーマン、人参を入れて、だし汁を浸かるまでいれます。

5.弱火で15分煮込みましょう。

6.水分が飛んだら、ホワイトソースを加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

かれいコロッケ

<材料>

・かれいの切り身 1切れ
・じゃがいも 1個
・玉ねぎ 4分の1個
・片栗粉 少々

<作り方>

1.かれいは茹でてからほぐし、骨と皮を取り除きます。

2.じゃがいもは皮が付いたまま電子レンジで温め、火が通ったら皮をむき、潰しておきます。

3.玉ねぎはみじん切りにします。

4.かれいとじゃがいも、玉ねぎをボウルにいれて、片栗粉を加えます。

5.手でよくこね、まとまってきたら、成形して、フライパンでしっかりと焼きます。

6.焼き目がついたら出来上がりです。

まとめ

かれいは、調理方法も色々あるので、レシピの種類も豊富です。

また、離乳食初期のゴックン期から食べさせることができるので、赤ちゃんへの初めてのお魚にもおすすめです。

骨や皮を取るのが少し面倒ですが、茹でることでつるんと取れるので、慣れると意外に簡単かもしれません。

ぜひ離乳食のメニューに加えてあげてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です