ママワークスは安全?営業電話は来る?口コミや手数料と使い方

スポンサードリンク
うちハピ

子育て中のお母さんにとって、お仕事探しは悩みのタネ。

子供がまだ小さい場合は働きに出られませんし、万が一保育園に子供が預けられなかった時は、大きくなってからも家にいる必要があります。

中には、「家にいながら仕事できたらなぁ…」と思っているママも多いハズ。

そんなママたちにおすすめしたいのが、『ママワークス』という求人サイト。

ママワークスには、在宅でも稼げる仕事など、ママたちにピッタリの求人情報が満載です。

この記事では、ママワークスの特徴や使い方、口コミ、手数料などについてまとめています!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ママワークスとは?

ママワークスとは、「在宅でできる仕事」をはじめ、「ブランクOK」など、

子供を育てる主婦でも応募できる案件に特化した求人サイトです。

2018年現在、全国で約4,000人のママたちが登録しています。

ママワークスを運営しているのは、「株式会社アイドマホールディングス」という会社。参考までに、会社概要を載せておきますね。

ママワークスにはどんな仕事がある?

ママワークスには、どんな仕事が掲載されているのでしょう?

募集されている仕事の内容は、主に以下のようなものです。

  • データ入力・タイピング
  • 営業・マーケティング
  • クリエイティブ
  • 編集・制作
  • 人事・総務・経理・広報
  • ライティング・翻訳
  • PG・SE・PM
  • その他

なんだか専門的な職種も多いですが、未経験からでもできるお仕事がほとんどなので安心してください。

ママワークスでお仕事を選ぶ際には、「在宅」か「出社」いずれかの勤務スタイルで絞り込むことが可能。

家で仕事がしたいママたちは、もちろん在宅ですよね。

在宅の仕事に絞り込んで求人を見た場合は、

  • ライティング
  • データ入力
  • テレアポ

なんかが多い印象。

中でも、主婦の方たちに人気なのは「ライティング」のお仕事だそうです。

タイピングスキルがあれば、誰にでもできる仕事ですからね。

在宅業務と言っても、「手作業で風車をつくる」のような昔の内職の求人はほぼないです。

ママワークスの特徴は?

では、ママワークスとはどんな求人サイトなのでしょうか。

その特徴を細かく見ていきましょう。

ママでも働ける求人が多い

先程触れたように、ママワークスには「主婦でも働ける」という求人ばかり。

在宅案件をはじめ、「ブランクがあるけど復職したい」という主婦への求人も豊富に掲載されています。

また、「子供が寝ている時間だけ」「学校に行っている時間だけ」などの要望にも対応してくれる企業が多いです。

自分の働きたいときにだけ働ける、これは主婦にとって一番ありがたいですよね。

「子供が急に熱を出した…」など、子育てはいつ何時トラブルが起こるかわからないもの。

ママワークスなら、そういうトラブルにも柔軟に対処してくれる企業を見つけられます。

パソコンレンタルなど環境支援が充実

パソコンレンタルなど、主婦への環境支援が充実しているのも、ママワークスの特徴。

在宅ワークでは、「ライティング」や「データ入力」のお仕事が人気なことには触れましたね。

でも、中には、「私パソコン持ってないんだけど…」というママもいるはずです。

そんなママでも安心。

ママワークスでは、「パソコンレンタル」を行っている企業の求人も多数掲載されています。

また、仕事効率を上げる光回線「在宅ひかり」を会員限定で利用できるサービスも。

これなら、パソコンを持っていない方や、ネット環境に不安がある方でも問題なく仕事ができます。

スキルチェックで企業にアピール可能

スポンサードリンク


ママワークスには15個のスキルチェックがあり、入力することで企業にアピールできます。

また、経歴を入力しておけば、企業からのオファーが届きやすくなるんですよ。

「私にはなんのスキルもないから在宅ワークなんて…」と思っているママ!

私も未経験からママワークスで在宅ワークをはじめました。

悲観する前に、まずは登録。何事も、行動あるのみですよ。

サポートが充実

「電話でのカウンセリング」などのサポートが充実しているのもありがたい点です。

ママワークスでは、プロフィールに経歴を入力している主婦へ優先的に電話でカウンセリングを実施。

希望に合ったお仕事を紹介してくれます。

在宅のお仕事探しは何事も一人で決めなければなりませんし、はひたすら孤独です。

そんなとき、一緒にお仕事を探してくれるカウンセラーがいるのは安心ですね。

コラムや動画講座など役立つ情報満載

ママワークスには、コラムや動画講座などの情報が満載です。

いずれも、「これから在宅ワークを初めてみよう」というママたちに役立つ内容となっています。

新着求人情報をメールでお知らせしてくれる

ママワークスでは週に2回、メルマガで「新着求人情報」をお知らせしてくれます。

時には、「気になっていた求人に応募し損ねてしまった…」ということもあるはず。

もしその求人が再掲載された場合、メルマガがあるので見逃すこともありません。

ママワークスでお仕事を探すなら、メルマガは必ずチェックしたいですね。

「メルマガは送ってほしくない」という方のために、一応メルマガの配信停止方法もご紹介しておきましょう。

メルマガを停止するには、以下のアドレスへ連絡が必要です。

info@mamaworks.jp

件名に「配信停止」、本文に「ママワークスに登録している氏名」、「登録メールアドレス」を記載して送信してください。

これで、メルマガの配信停止手続きは完了します。

ママワークスの使い方

ママワークスの使い方は、以下の4ステップです。

  1. 登録
  2. 求人を探す
  3. 求人に応募
  4. 企業から連絡をもらう

まずは登録方法からご紹介しましょう。

ママワークスの登録方法

ママワークスに登録するには、トップページ右上「新規会員登録」をクリックします。

するとメールアドレスの登録画面が表示されるので、使用したいアドレスを入力。

「個人情報の取扱について同意する」にチェックを入れた後、「次へ」をクリックしてください。

以下のような画面が表示されたら、登録したアドレス宛にメールが届きます。

うちハピ

ちなみに、届くメールは以下のようなもの。

メール内の「確認用URL」をクリックして、登録手続きを進めましょう。

確認用URLをクリックすると、「プロフィール入力画面」が表示されます。

氏名、ふりがな、パスワードや希望職種などを入力し、画面最下部「次へ」をクリックしてください。

もし、「初心者でどの職種を選べばいいかわからない…」という場合は、

「ライター」「テレフォンアポインター、テレマーケティング」あたりを選んでおくのがおすすめです。

続いて、登録内容の確認画面が表示されるので、間違いがなければ画面最下部「この内容で登録する」をクリックします。

このような画面が表示されたら登録完了。早速お仕事を探してみましょう!

また、登録時に「経歴」や「スキル」を登録しておくのがおすすめ。

経歴を登録しておけば優先的にカウンセリングが受けられますし、中には、スキルを入力していないと応募できない求人もあります。

登録と同時に済ませてしまいましょう。

経歴やスキルの入力は、マイページから行えますよ。

お仕事を探してみよう

スポンサードリンク


ママワークスでお仕事を探すには、「検索機能」を使います。

まずは、ママワークスのトップページ左上の「求人を探す」をクリックしてみましょう。

すると、以下のような絞込み画面が表示されるはず。

  • 働き方
  • 雇用形態
  • 職種
  • 都道府県

の項目が選択できます。

また、「こだわり条件」というところをクリックすると、さらに細かい条件を指定することが可能。

「パソコンスキル不要」や「月収10万円以上可」などの条件があるので、適宜入力してください。

また、「フリーワード検索」ができるのもありがたい点。

「週3勤務以内」、「在宅OK」、「パソコン貸出し」などのワードで調べている方が多いようですね。

求人に応募してみる

スポンサードリンク


お目当ての仕事が見つかったら、求人に応募してみましょう。

求人に応募するには、求人ページ右側にある「応募する」ボタンをクリックします。

続いて、こちらの画面が表示されるはず。これで応募は完了です。

とっても簡単ですね!

面接までの日程は企業によって異なりますが、基本的には3営業日以内に企業から連絡が来るはずです。

ママワークスでどれくらい稼げるの?

在宅ワークをする上で気になるのが、やはり「どれくらい稼げるのか」ですよね。

いくら時間に融通がきいて、在宅で仕事ができるといっても稼げなければ意味がありません。

「子供の進学費用」「将来への貯蓄」「直近の生活費」など、結局必要なのはお金ですからね。

結論、ママワークスで稼げる金額は案件によってまちまち。

プログラミングやWebデザインなど、専門性の高い分野ほどお給料が高くなる傾向があります。

中には、このような分野の在宅ワークで月に20万円以上稼いでいるママもいるようです。

「やっぱり専門性がないとダメなんだ…」と思われた方もいるでしょうが、それは間違い。

普通のライティングでも、月に10万以上は稼げます。

月に10万円だったら、普通にパートするのと同じくらい、もしくはちょっと良いくらいのお給料ですよね。

私も未経験からママワークスでライティングをやるようになりましたが、今では月に12〜13万円稼いでいます。

関連記事⇒日本シングルマザー支援協会の評判と会員になるとできる10のこと

ママワークスでの仕事に必要なものは?

スポンサードリンク


パソコンとネット環境はマスト

ママワークスで在宅ワークをするなら、「パソコン」と「ネットが使える環境」は必須でしょう。

スマホでも文字入力はできますが、ライティングの仕事は大量の文字を打ち込むので、フリック入力では厳しいです。

あとは、できれば「タイピングスキル」もある方がいいですが、なくても問題はありません。

正直なところ、やっているうちにタイピングは早くなります。

もし、「パソコンのスキルに自信がない」という方は「初心者OK」の求人に応募してみるのがいいでしょう。

このような求人ならスキルは求められませんし、研修もあるので親切です。

テレアポなどをする場合は「ヘッドセット」

テレアポなど、顧客との通話が必要な職種の場合、「ヘッドセット」が必要になることもあります。

ヘッドフォンとマイクがセットになっている機器のことですね。

テレアポの他にも、企業とスカイプ面談をする場合もあるので、ひとつ持っておくといいかもしれません。

安いものだと、1,000〜2,000円くらいで買えますよ。

ママワークスに向いているのはどんな人?

主婦のための求人に特化したママワークス。

このサービスは、どんな方に向いているのでしょう?

子供がいて家から離れられない

まずはやはり、「子供がいて家から離れられない主婦」の方たちでしょう。

ママワークスには、大量の在宅ワーク求人が掲載されています。

そのような案件は、普通の求人サイトや求人フリーペーパーでは見つけづらいんですよね。

昨今では保育園不足や待機児童問題で、家に居ざるをえないお母さんたちも増えています。

ママワークスは、そんなお母さんたちの強い味方です。

デスクワークが苦ではない

「デスクワークが苦手ではない」という方も、ママワークスには向いていると言えます。

ママワークスの在宅求人は、ほぼ全てがデスクワーク。

ライティングやデータ入力をはじめ、座って黙々と作業するものがほとんどです。

なので、もし「立って動き回っている仕事の方がいい」という場合は、他の求人サイトを使うのがいいかもしれません。

仕事の期限が守れる

当たり前のことですが、「仕事の納期が守れる」という人でなければ、ママワークスはおすすめできません。

ライティングやデータ入力には、必ず「納期」というものがあります。

もちろん、急なトラブルに際して納期を変更してくれる企業もありますが、基本的には納期までに納品するのが決まりです。

在宅ワークといっても、働く先は一般企業。

社会人としての行動が取れなければ、働けませんよ。

ママワークスでは手数料がかかる?

スポンサードリンク


ママワークスには、手数料などは一切ありません。

大手クラウドソーシングサイトでは、お仕事を紹介してもらう代わりに「手数料」を取られるところもあります。

その相場は2割。

つまり、頑張ってライティングをして5,000円稼いでも、手取りは8割分の4,000円ということ。

あちらもビジネスなので仕方ありませんが、ちょっと不満が溜まりますよね。

その点、ママワークスは手数料一切不要。

頑張って稼いだお金は、全て自分の取り分になります。

関連記事⇒損をしない為に!家計相談はファイナンシャルプランナーにするべき5つの理由

ママワークスから営業電話や迷惑電話はくる?

ネット上の2ch掲示板などでは、「ママワークスから迷惑電話が来る」という口コミをよく見かけます。

しかし、結論ママワークスから迷惑電話がかかってくることはありません。

もちろん、カウンセリングの電話がかかってくることはあります。

おそらく、この電話が迷惑とされているんでしょうね。

ただ、カウンセリングを「迷惑電話」とするのはあまりに乱暴な理論。

もし、仕事が見つかって電話が不要なら退会すればいいだけです。

実際、私は仕事が見つかってからママワークスを退会したので電話が来ることはりませんし、利用中もカウンセリングの電話のみでした。

ママワークスの退会方法は?

では、ママワークスの退会方法についても触れておきましょう。

ママワークスを退会手続きは、以下の退会フォームから行います。

退会理由、意見(任意)を入力し、「退会する」をクリックしましょう。

これで退会は完了です。

未婚の女性や男性でも登録できるの?

ママワークスは、「ママ」という名前が付いていますが、男性でも登録が可能です。

また、未婚の女性でも同様。

もちろんママにとって魅力的な求人が多いのは事実ですが、「在宅で働きたい!」という男性や独身女性にも便利なサイトと言えるでしょう。

ママワークスを実際に使った口コミ・評判

スポンサードリンク


では、実際にママワークスを使ってみた感想や口コミについて紹介しましょう。

『主婦への理解がある企業に出会えた』

「主夫」という言葉の誕生からもわかるように、年々子育てに対する世間の見方は変わってきています。

しかし、まだまだ子育て中のママに理解のない企業が多いのは事実。

子供が小さいうちから働くのは、すごく難しいことです。

私はママワークスを使うことで、主婦への理解がある企業に出会えました。

今はライティングをある企業から請け負っていますが、納期や作業数など、こちらのことを第一に考えて決定してくれます。

こういう温かみのある企業を、普通の求人サイトで見つけるのはむずかしいですからね。

その点は、本当に感謝しています。

『働くことの喜びが実感できた』

「働くことの喜びが実感できた」という口コミはネットで多数見かけられました。実際、私もそう思います。

主婦になってしまうと、どうしても「働きたいのに働けない」「能力があるのに持て余してしまう」という状況になりがち。

これでは、なんだか主婦という檻に閉じ込められてしまったような気分ですよね。

ママワークスを使って在宅求人を見つけられれば、また社会と繋がれるようになります。

在宅であっても仕事を持つことで、「自分も社会に貢献している」という喜びが生まるはずですよ。

『家事と両立して稼げる』

家事をしながらでもお金を稼げるようになった、というのは大きかったです。

普通にパートしたり、正社員として働く場合には考えられませんからね。

なにも「出社する」という働き方が全てではない、ということを知るきっかけにもなりました。

『会社員に比べると不安定』

ただ、在宅ワークにはデメリットもあります。

私が請け負っているライティングは、固定給ではありません。

作業した分量に応じて、報酬がもらえる仕組みになっています。

つまり、全く作業ができなければお給料はゼロということ。

これは、決まった給料(時給)がもらえる会社員やパートタイマーに比べると、かなり不安定ですよね。

また、相手の企業が源泉徴収してくれなかった場合、「確定申告」が必要になることもあります。

納税は国民の義務。

「確定申告なんて知らなかった」では済まされませんよ。

また、収入が100万超えると住民税、103万超えると所得税の納税義務が発生します。

そして、130万超えると社会保険の扶養から外れることに。

そうなると、国民健康保険、国民年金の納付義務が発生してしまいます。

在宅ワークは自由度が高い分、税金など気をつけなければいけないこともたくさん。

もしもの時のために、ある程度の知識は付けておくのがいいでしょう。

まとめ

ママでもできる仕事「ママワークス」の特徴と使い方、口コミや手数料などについてまとめました。

ママワークスには、子育て中のお母さんにピッタリの求人ばかり。

「家で働きたい」「時間の融通をつけてもらいたい」と考えるお母さんには、是非オススメしたい求人サイトです。

在宅で仕事ができれば、なにより子供や家のことを第一に考えられます。

ママワークスで、あなたに合った働き方を見つけましょう!

うちハピ