赤ちゃんはなめたけをいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ!

スポンサードリンク




赤ちゃんはなめたけをいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

ごはんやハンバーグのソース、うどんのトッピングにも使えるなめたけ。

あのとろとろの食感は舌触りが良く、食欲が無い時も食べやすいですね。

食物繊維が豊富で、便秘にはぴったりのなめたけを、赤ちゃんは一体いつから食べられるのでしょうか。

3つの注意点とおすすめレシピをご紹介します。

この記事のポイントは次の3つです。

  • 赤ちゃんはいつからなめたけを食べられるのか
  • 食べさせる時の3つの注意点
  • おすすめレシピ

それでは順にみていきましょう♪参考にしてください!

赤ちゃんはいつからなめたけを食べられる?

赤ちゃんがなめたけを食べられるのは、赤ちゃん用の塩分濃度のものを家庭で作れば、カミカミ期(9〜11ヶ月)から。

なめたけの原料であるエノキダケはモグモグ期(7~8ヶ月)から摂取できますが、調味料を使った離乳食はカミカミ期(9〜11ヶ月)からになります。

赤ちゃん用の手作りなめたけはレシピの方でご紹介します。

市販のなめたけの場合は、塩分濃度も高く、添加物も多く含まれているのでパクパク期(1歳〜1歳6ヶ月)から、ほんの少量を与えるようにしてください。

赤ちゃんがパクパク期(1歳〜1歳6ヶ月)に摂取できる1回の塩分量は0.6gと言われています。

市販のなめたけの量に換算すると、なめたけ100gあたりナトリウム1,000mgの場合は塩分が約2.2g含まれているのでなめたけは約4g摂取できます。

ただし、なめたけの塩分濃度は製品によって異なるので、使える量はその都度変わってしまいます。

製品に書かれているナトリウム量を以下の計算式で計算するか、以下のサイトで計算しても早くわかります。

・ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

ナトリウムを食塩量(塩分)換算する方法【簡単に!】-無塩ドットコム

で算出された食塩相当量を以下の式にあてはめます。

・食塩相当量(g)÷0.6g(パクパク期(1歳〜1歳6ヶ月)に摂取できる1回の塩分量)

※0.12gにするとカミカミ期(9~11ヶ月)に摂取できる1回の塩分量になります。

=なめたけを食べられる量(g)

なめたけを与えるときの注意点3つ

赤ちゃんになめたけを与えるときには、以下の3つに注意して下さい。

1つめは、1回の与える量は必ず少量にすること。

赤ちゃんになめたけを与える時は、必ず少量にとどめましょう。

初めての時は特に、アレルギー反応が出て重篤化しないようにするためです。

また、なめたけは塩分濃度が高い食品です。

必要以上に塩分を摂取してしまうと、食塩中毒で死に至る可能性もあります。

赤ちゃんは腎機能がまだ完全ではありません。

体内の塩分濃度が濃くなっても、上手に処理することができず他の臓器から水分を摂り、脱水症状や多臓器不全などを起こしてしまうことがあります。

そして最悪の場合、食塩中毒で死に至ります。

日本中毒センターによると、体重1kgあたりの塩分摂取致死量は0.5〜5.0gとあります。

例えば1歳9kgの赤ちゃんだと4.5〜45.0g。

一般的な100g当たりナトリウム1,000mg前後のなめたけの場合、塩分量は2.5gとなります。

つまり、なめたけ150g前後で赤ちゃんは死んでしまうこともあるという事です。

大人と同じように沢山かけたり、せがむからとつい沢山与えてしまった場合、恐ろしいことになります。

2つめは、あまり何度も使わないこと。

スポンサードリンク


なめたけは塩分濃度が高く添加物も多いので、あまり何度も使いすぎないようにしましょう。

赤ちゃんが濃い味の離乳食ばかり食べてしまうと、低年齢で生活習慣病を発症してしまう確率を上げてしまいます。

高血圧、心臓病、腎臓病などの生活習慣病の原因の一つは、必要以上の塩分摂取です。

塩分は体に大切な栄養素ですが、日常生活の食事に含まれている塩分で十分足りています。

赤ちゃんには素材の味を大切に、塩分濃度が高い食事は何度も使わないようにしましょう。

周囲の大人が赤ちゃんに、塩分濃度の高い食品を良かれと思ってあげようとしていても、きちんと説明して赤ちゃん為に、やめてもらいましょう。

3つめは、手作りなめたけは味見をしてから。

手作りなめたけを与える場合は、調味料を入れすぎていないか味見をしましょう。

カミカミ期(9〜11ヶ月)に食べられる調味料は本当に少しで、香りだけで味がしません。大人が感じる美味しいは、入れすぎです。

赤ちゃんが食塩中毒になったら。

うっかり目を離した時に、赤ちゃんがなめたけを食べ過ぎて食塩中毒を起こしてしまったら、すぐに救急車を呼ぶか病院に向かってください。

数時間以内に頭痛、嘔吐、めまい、発熱、下痢等の症状が表れます。

可能ならば水を大量に飲ませて嘔吐するように促してください。

もし家で嘔吐出来ても、その後できちんと病院受診をして診てもらいましょう。

おすすめレシピ!

パクパク期(1歳~1歳6か月)用!手作りなめたけ

材料:えのきたけ…1袋(200g)※可食部はおおよそ160g

  • 水…大さじ4
  • みりん…大さじ1
  • 醤油…大さじ1/2

作り方:1.えのきたけの根元は切り落とす。残りの部分を細かく切る。

2.鍋にえのきたけを入れて、水大さじ4を入れて、ふたをする。中火にかけて1分蒸し煮にして木べらで混ぜ、さらに2分蒸し煮にする。

3.えのきたけからとろみが出たらみりん大さじ2と醤油大さじ1を入れる。

4.全体が煮立ったら、かき混ぜながら煮詰める。

★電子レンジで作る場合

1.えのきたけの根元は切り落とす。残りの部分を細かく切る。

2.容器に全ての材料を入れて混ぜ、ふんわりラップをかけて、レンジで600Wで4分加熱する。

3.そのまま粗熱を取る。

※保存容器に入れて、冷蔵庫で1週間・冷凍庫で1ヶ月で使いきりましょう。

上記の手作りなめたけの場合は、10gで0.4g分の塩分量になっています。

1歳~1歳6ヶ月の1回の食事の塩分摂取量が0.6g以下が良いとされているので、使う場合は約10gぐらいにしてください。

カミカミ期(9~11ヶ月)の赤ちゃんに与える場合は、1回の塩分摂取量は0.12gなので調味料を1/3、与える量は5g以下です。

ごはんやうどん、きゅうりとあえたりして美味しくいただきましょう♪

まとめ

赤ちゃんとなめたけについていかがでしたでしょうか。

赤ちゃん用に塩分濃度を薄くして、家庭で手作りしたものであればカミカミ期(9〜11ヶ月)から与えることができます。

市販のなめたけは塩分濃度が高いので、パクパク期(1歳〜1歳6ヶ月)以降にほんの少量ずつ与えましょう。

なめたけは加熱によって大部分の栄養が失われているのですが、あのトロトロの食感は親子で楽しみたいですよね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です