産後の転職活動を始めるタイミングはいつから?転職を成功へ導く8つのポイント

スポンサードリンク

目次

産後の転職活動はいつから始めるべき?

出産後に職場復帰したものの、『もう少し働きやすい環境に転職したい!』と転職を検討する方は意外と多いです。

そこで今回は、産後に転職活動を始める場合、いつから始めて良いのか、具体的にどのように転職活動を進めれば良いのか詳しく解説していきます。

『産後、職場復帰してすぐに転職活動しても大丈夫?』『転職活動って何から始めればいいの?』

このような疑問をお持ちの方は、ぜひ最後まで読んでください。

そもそも産休や育休って何?

産後の転職活動について説明する前に、まずは産休や育休について簡単に解説しておきます。

1.産休とは?

産休は、出産前と出産後に取得できる休暇のことです。

具体的には、出産予定日の6週間前から出産後の8週間まで休暇を取得できます。

ただし、双子以上の場合は、出産予定日の14週間前から出産後の14週間までと期間が変わります。

2.育休とは?

一方で育休は、産休後に子供が1歳になるまで休暇を取得できる制度です。

基本的には子供が1歳になるまでですが、保育所に入れない場合には最大で2歳になるまで延長することができます。

3.転職後にすぐ産休って取れる?

転職した後に妊娠していることが分かった場合、すぐに産休が取れるかどうかは気になるところです。

結論からお伝えすると、転職した直後でも取得できます。

ただし、産休を取得する際には会社側もいろいろ手続きがあるため、妊娠が分かったタイミングですぐに報告するようにしましょう。

4.転職後すぐに育休は取れる?

一方で、育休についてはどうなのでしょうか?

残念ながら育休の場合、転職後すぐに取得することはできません。

育休を取得できる条件として、以下のものが挙げられます。

・転職後1年以上勤務している
・引き続きその会社で勤務することが明らか

上記の条件を満たしていない場合、育休が取得できない可能性も高いです。

5.転職後に産休や育休をスムーズに取得するためには?

転職したばかりのタイミングで、産休や育休を申請するのは何だか申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、以下の点に注意すれば大丈夫です。

・妊娠が分かったらすぐに上長へ報告する
・日々の仕事を真面目にこなす
・周りの方々と良好な人間関係を築く
・産休に入るギリギリまで意欲的に仕事に携わる

妊娠したらついつい自分のことばかり考えてしまいがちですが、できるだけ会社に貢献したいという意思を見せることで、産休や育休もスムーズに取得できるでしょう。

産後の転職活動はいつから可能?

それでは本題に入りますが、そもそも産後に転職活動する場合、いつからできるようになるのでしょうか?

本人が希望すれば産後6週間からOK

労働基準法によると、産後8週間は働けないことになっていますが、以下の条件を満たした場合のみ最短6週間で働くことが可能になります。

・本人が働くことを望んでいる
・医師からの許可がある

つまり、最も早く転職活動始めたい場合は、産後6週間で職場復帰してからになります。

産後の転職活動はいつからがベストなの?

最短6週間で転職活動は始められますが、早ければ良いと言うわけではありません。

こちらでは、産後の転職活動のベストな時期について解説していきます。

1.慣らし保育期間が終わってから

まず最初に、子供を保育園に預ける場合は、慣らし保育期間が終わってからにしましょう。

慣らし保育期間は、子供が保育園に徐々に慣れていくのに必要な期間で、お昼ごろにはお迎えに行かなければいけません。

この期間中はまとまった時間が確保しにくいため、転職活動は慣らし保育期間後に開始することをお勧めします。

2.働き始めたい希望日の3ヶ月前から

『●月から働き始めたい!』と言うような希望日がある場合、少なくともその3ヶ月前からは転職活動の準備をしておきましょう。

個人差もありますが、転職にかかる期間はおおよそ3〜6ヶ月と言われています。

余裕を持って転職活動を始めることで、スムーズに転職先を決めることができるでしょう。

3.ボーナスを受け取ってから

スポンサードリンク


転職のタイミングとして選ばれやすいのが、ボーナスをもらった後。

転職活動するにも、リクルートスーツや美容室代、交通費など、何かとお金がかかります。

転職活動費用を用意すると言う意味でも、ボーナス支給後はお勧めです。

4.仕事の区切りが良いタイミング

転職する際には、今の仕事を他の誰かに引き継ぐ必要があります。

この引き継ぎにも色々と手間がかかってしまうため、できるだけ仕事の区切りが良いタイミングを狙うのもありでしょう。

5.求人が多くなるタイミング

『たくさんの求人から自分に合った転職先を選びたい!』と言う方は、求人が増えるタイミングで転職することをお勧めします。

具体的な時期としては、新年度に向けての求人が増える2〜3月、下半期に向けて採用が活発化する8〜9月頃がそうです。

ただし、求人が増えると言う事は、その分ライバル達も増えるため、求人によっては倍率がぐっと上がることも想定しておきましょう。

6.有給を消化しきってから

有給は労働者に与えられた権利なので、しっかりと消化しきってから転職することをお勧めします。

まとめて有給を消化している時に転職活動するのも良いでしょう。

7.転職に有利な資格を取得できてから

少しでも転職を有利に進めるために、資格を取得する方は非常に多いです。

そのため、資格を取得したタイミングで転職活動をスタートするのも良いでしょう。

8.今の会社で実績を残せてから

応募者を採用するかどうか前職での実績を見て判断する会社は多いです。

逆に言うと、前職であまり実績を残せていないと転職は厳しくなります。

そのため、そこまで転職を急がないと言う方は、しっかりと今の職場で実績を残してから始めましょう。

産後の転職活動時に準備しておくこと

いざ転職活動始めようと思っても、産後の場合は色々と事前準備が必要です。

そこでこちらでは、産後の転職活動時に準備すべきことについて解説していきます。

1.子供をどこに預けるか

まず最初に考えなければいけないのが、子供の預け先です。

具体的には以下の預け先や方法を検討すると良いでしょう。

・保育施設
・実家
・親戚の家
・転職活動中のみ親に来てもらう
・ベビーシッターや家政婦

2.子供が体調を崩した時の対応

『ようやく書類選考が通過して、今から面接!』というタイミングで子供が発熱したらどうしますか?

当然子供の看病を優先したいところですが、せっかくの転職のチャンスを失う可能性もあります。

例えば親や親戚に看病をお願いするなど、子供が体調を崩した時の対応についてもあらかじめ準備しておきましょう。

3.夫婦の家事と育児の役割分担

産後の転職活動には夫婦間の協力も欠かせません。

転職活動をしながら、家事と育児をこなすのはなかなかハードです。

転職活動を始める前に、夫婦間で家事と育児の役割分担を話し合っておき、精神的に余裕を持った状態で転職活動を始めましょう。

4. 1日のタイムスケジュールを確認

家事や育児をしながら転職活動する場合、限られた時間を有効活用することが大切です。

そのためにも、1日のタイムスケジュールを確認し、どこの時間を転職活動に当てられるのか把握しておきましょう。

無駄なく効率的に転職活動を行うことが、転職成功への第一歩です。

5.転職希望条件の優先順位を決める

自分の転職希望条件を洗い出す事は、転職先を決める上で重要です。

しかし、いくつも転職希望条件を挙げてしまえば、それだけ転職先の候補は少なくなってしまいます。

転職先の候補数を増やすためにも、転職希望条件の優先順を決めておき、どこまでは譲れなくてどこまでは妥協できるのか考えておきましょう。

6.有利になる資格を取得する

資格は自分のスキルを表す大きなアピールポイントになります。

もし希望する仕事があるのであれば、その仕事に就く上で有利になる資格を取得しておきましょう。

産休の時期を資格取得の時間にあてるのもお勧めです。

7.住宅ローンなどは先に組んでおく

転職活動するために今の会社を退職した場合、住宅ローン等のローンが組めなくなる可能性もあります。

定職についていないため、支払い能力がないと判断されるからです。

そのため、住宅ローンやクレジットカードを作りたい方は、転職活動を始める前に済ませておきましょう。

8.貯金しておく

前述した通り、転職活動には何かとお金がかかります。

具体的には以下のような費用が必要になるでしょう。

・次の転職先が見つかるまでの生活費
・リクルートスーツや靴代
・美容室代
・面接会場などに移動するための交通費

すぐに転職先が見つかれば問題ありませんが、念のために3〜4ヶ月分の生活費を貯金しておくと安心です。

9.ストレス発散の方法

なかなか次の転職先が決まらず精神的に追い込まれてしまう方は非常に多いです。

そのため、自分なりのストレス発散方法を用意しておきましょう。

転職活動はあらかじめ長丁場になることを覚悟しておき、定期的に息抜きしながら根気強く続けてください。

産後の転職先の決め方

スポンサードリンク


産後の転職活動をスムーズに進めるためには、『自分はどういう会社に転職したいのか?』という判断基準を明確にすることが大切です。

そこでこちらでは、産後の転職先を決める上で重要なポイントについてご紹介します。

1.子育てや家事と両立できる勤務時間

『仕事だけでなく、子育てや家事も頑張りたい!』と言う方は、ある程度勤務時間が固定されている会社を選びましょう。

自分の都合に合わせて働きやすいフレックスタイム制を導入している会社もお勧めです。

2.これまでの経験を活かせる会社

バリバリ仕事を頑張りたい方は、これまでの経験を活かせる会社を選ぶと良いです。

前職で身に付けたスキルや経験がアピールポイントになるため、転職活動もスムーズに進みやすいでしょう。

また、このような軸で会社を選ぶと収入も増えやすくなるのが魅力です。

3.長く働ける会社

たまに子供のことを優先しすぎるあまり、自分に向いてない仕事や合わない会社に転職してしまう方がいますが、これはお勧めしません。

このような会社に転職すると、精神的にも肉体的にも疲れきってしまうため、結局また転職しなければならなくなります。

短期間の転職には大きなリスクが伴うため、できるだけ長く働ける会社を選ぶようにしましょう。

4.正社員登用も頭に入れておく

『転職するなら正社員以外はありえない!』と考える方も多いですが、このように決めつけてしまうと転職先の候補も絞り込まれてしまいます。

長く働くことで、パートや契約社員からでも正社員になれる正社員登用制度を導入している会社も多いため、正社員以外の募集をしている会社にも目を向けてみましょう。

産後の転職先はどうやって探す?

さて、続いては実際の転職先求人の探し方について見ていきましょう。

1.マザーズハローワークを使う

まず最初にお勧めしたいのが、マザーズハローワークの活用です。

マザーズハローワークは、一般的な求人の他に、子育て中のママさんでも働きやすい求人を多く紹介してくれます。

マザーズハローワークの特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・子育て中の女性向け求人を多く取り扱っている
・子供を預かってくれるスペースが用意されている
・女性の相談員が直接相談に乗ってくれる
・無料で利用できる

2.転職サイトを使う

続いては、転職サイトを使って求人を検索する方法です。

転職サイトにはパソコンやスマートフォンからアクセスできるため、効率的に求人を検索できます。

転職サイトの特徴をまとめると、以下の通りです。

・パソコンやスマートフォンからいつでも求人を検索できる
・自分のペースで転職活動を進められる
・一つ一つの求人をじっくりチェックできる
・転職サイトに登録すると、会社側からスカウトが来ることもある
・無料で利用できる

3.転職エージェントを使う

最後に、最もお勧めしたい方法として転職エージェントの活用を挙げておきます。

転職エージェントは、あなたの転職希望条件に合わせて最適な求人を紹介してくれます。

転職エージェントの特徴をまとめると、以下の通りです。

・たくさんの求人の中から自分に合った求人を厳選してくれる
・キャリアコンサルタントから直接アドバイスをもらえる
・選考対策をしてもらえる
・書類選考の通過率が高い
・一般的には公開されていない非公開求人や独占求人を紹介してもらえる
・無料で利用できる

産後の転職活動にお勧めな転職エージェント

産後の転職活動にお勧めな方法として転職エージェントの活用を挙げましたが、『どの転職エージェントに登録すれば良いのかわからない』と悩む方も多いです。

そこでこちらでは、お勧めの転職エージェントを厳選してご紹介します。

1.パソナキャリア

スポンサードリンク


まず最初にお勧めしたいのが、パソナキャリアです。

パソナキャリアの魅力をまとめると、以下のようになります。

・キャリアコンサルタントのサポート力に定評がある
・規模が大きく、紹介できる求人も多い
・パソナキャリアからしか応募できない独占求人が多い

産後の転職活動に不安があり、親身に相談に乗ってもらいたいと言う方にお勧めします。

2.type女性の転職エージェント

続いてお勧めしたいのが、type女性の転職エージェントです。

type女性の転職エージェントの魅力を簡単にまとめると、以下のようになります。

・業界や職種に特化したアドバイザーがサポートしてくれる
・年収アップを目指しやすい
・大手企業の求人も多い

出産するまでバリバリ仕事に取り組んでいた方にお勧めの転職エージェントです。

3.マイナビエージェント

最近注目度が高まっているマイナビエージェントも押さえておきましょう。

マイナビエージェントの魅力は以下の通りです。

・女性の転職に力を入れている
・20代の若手から大きな支持を得ている
・求人の質が高い

20代の若手人材であれば登録しておいて損はないでしょう。

4.RUN-WAY

最後に、RUN-WAYのご紹介です。

RUN-WAYの魅力をまとめると、以下のようになります。

・正社員以外の求人も取り扱っている
・未経験者OKの求人が多い
・女性特有の悩みに強い転職のプロがサポートしてくれる

新しい業界や職種に挑戦したいと言う方にお勧めです。

産後の転職活動の具体的な5つのステップ

それでは実際に転職活動始める場合、具体的にどのような流れになるのか解説していきます。

1.自己分析

まず最初に行うのが自己分析です

自己分析は、具体的に以下のポイントに注意して行いましょう。

・これまでの仕事で身に付けたスキルや経験を整理する
・どのような仕事にやりがいや楽しさを感じるのかまとめる
・どんな仕事で力を発揮できるのかまとめる

自己分析は応募先企業を決める上で重要な判断軸になるため、じっくりと時間をかけて行いましょう。

2.応募先企業を選ぶ軸を決める

自己分析ができたら、転職希望条件と照らし合わせながら応募先企業を選ぶ軸を決めましょう。

『大手企業だから』『オフィスが綺麗だから』といったようなイメージでは選ばないようにしてください。

3.求人に応募

応募先企業を選ぶ軸が決まったら、求人に応募していきましょう。

求人への応募方法は、前述したようにマザーズハローワークや転職サイト、転職エージェントを活用してください。

例えば、転職サイトと転職エージェントを併用するというように、組み合わせて転職活動するのもお勧めです。

4.選考

求人に応募して書類選考を通過すると、いよいよ選考が始まります。

ほとんどの企業では面接が選考になります。

もし面接に不安がある場合は、転職エージェントの面接対策を受けると良いでしょう。

5.内定

無事に選考を突破できたら内定となります。

在職中の場合はしっかりと仕事の引き継ぎを終わらせ、できるだけ迷惑がかからないように注意しましょう。

お世話になった方々へ、ちょっとしたお菓子などを持って挨拶回りすることも忘れずに。

産後の転職活動時によく起こる問題

産後に転職活動していると思わぬトラブルに遭遇することも多いです。

こちらでは、産後の転職活動時によく起こる問題についてご紹介します。

1.子供の発熱が続く

最も多く起こりがちな問題は、子供の発熱が続いてしまうことです。

子供の看病で何度もスケジュールを再調整することになると、他の応募者を優先される可能性も高いです。

このような状況を避けるためにも、ご主人や家族、親戚などにあらかじめ協力をお願いしておきましょう。

2.睡眠不足が続く

スポンサードリンク


家事や育児と転職活動を両立させるのは並大抵のことではありません。

時間に追われてしまい睡眠不足が続くこともあるでしょう。

睡眠不足で不健康な状態だと、採用担当にもあなたの魅力は伝わりにくいです。

このような状況の場合、まずは夫婦間の役割分担を見直すなど、しっかりと睡眠が取れる環境を作ってください。

産後の転職に関するQ&A

最後に、産後の転職活動時によく聞かれる質問とその回答をご紹介します。

1.産後の転職活動は難しいの?

産後に限らず、思い通りに転職を成功させるのは簡単ではありません。

転職希望条件をたくさん並べれば、それだけ転職のハードルも高くなりますし、その人のスキルやキャリアによるところも大きいです。

もし、なかなか転職先が決まらないのであれば、転職希望条件の見直しやこれまでのキャリアを活かせる会社を選ぶなど、対策が必要になるでしょう。

2.産後の転職活動は在職中に始めるべき?

在職中に転職活動するのか、退職してからするのか悩む方は非常に多いです。

この質問に関しては、それぞれのメリットとデメリットを把握した上で判断すると良いでしょう。

それぞれのメリットとデメリットを簡単にまとめると以下のようになります。

《在職中に行うメリット》
・収入面の不安がない
・転職先が決まらなくても無職にならない

《在職中に行うデメリット》
・転職活動の時間が確保しにくい
・転職先が決まってもすぐに退職できない可能性がある
・仕事と転職活動の両立で疲労が溜まりやすい
・転職活動していることが周りにバレないよう注意しなければならない
・プライベートな時間がほぼなくなる

《退職後に行うメリット》
・転職活動にたっぷり時間を費やせる
・転職先が決まったらすぐに入社の準備に取り掛かれる
・家事や育児も両立しやすい
・精神的にも余裕が生まれやすい

《退職後に行うデメリット》
・転職先が決まらないと無職になる
・貯金していないと生活が苦しくなる
・仕事の感覚が鈍りやすい
・無職の期間が長引くほど転職が不利になる

3.在職中の転職活動が周りにバレないようにするコツは?

在職中に転職活動する場合、周りにバレてしまうと引き止められる可能性もあります。

バレないように転職活動するコツとして、以下のポイントを押さえておきましょう。

・会社のパソコンで求人検索は行わない
・親しい同僚であっても転職活動している事は言わない
・社内で転職エージェントなどと連絡を取り合わない
・今担当している仕事にも真剣に取り組む

社内ではいつも通り振る舞うようにし、転職活動は休日の時間を使って集中的に行いましょう。

4.産後の転職はパートと正社員のどちらがいいの?

産後に転職活動する場合、正社員とパートのどちらで働くか迷う方も多いでしょう。

これに関しては、ご自身の気持ちと今の状況踏まえて判断してください。

判断基準として以下のポイントを参考にすると良いでしょう。

《正社員をお勧めする方》
・しっかりと稼ぎたい
・責任のある仕事を担当したい
・子供の面倒を見てくれる人が近くにいる

《パートをお勧めする方》
・給料は低くても構わない
・仕事よりも家事や育児を優先したい
・ちょっとした空き時間に働きたい

5.産休は正社員しか取れないの?

産休は正社員しか取れないと思い込んでいる方がいますが、これは間違いです。

産休は雇用形態に関わらず取得できます。

また、仮に本人が働くことを希望したとしても産休中は働けませんので注意してください。

まとめ.産後の転職活動をいつから始めるかは見極めが肝心!

産後に転職活動を始める場合、単純に早く始めれば良いと言うわけではありません。

しっかりと事前に準備をしておき、時期を見極めてから始めてください。

今回の記事を産後の転職活動に活かしていただければ幸いです。