シングルマザーの正社員転職にオススメな仕事6選とタイミングや転職活動の進め方

スポンサードリンク

目次

シングルマザーの転職活動って何から始めればいいの?

シングルマザーの方で、『今よりも条件の良い会社で働きたい』『今はパートだけど、いずれ正社員として働きたい』と考えている方は多いでしょう。

そこで今回は、シングルマザーにオススメな仕事や、実際の転職活動の進め方について詳しく解説していきます。

『シングルマザーでも働きやすい仕事が知りたい!』『シングルマザーの転職活動ってどう進めればいいのか分からない!』

このような悩みをお持ちの方は、ぜひ最後まで読んでください。

シングルマザーの転職活動の実情

本題に入る前に、まずはシングルマザーの転職活動の実情について簡単にご紹介しておきます。

結論から言うと、シングルマザーの転職は簡単ではありません。

シングルマザーになると、どうしても仕事より子供を優先しなければいけない場面が出てきますが、会社は子供よりも仕事を優先する人材を欲する傾向があるからです。

特に、30代後半から40代のシングルマザーの場合、ある程度のキャリアやスキルがないと書類選考も通過できなくなります。

まずは、『まぁ何とかなるでしょう!』と言った甘い考えは捨てて、『これから厳しい戦場に足を踏み入れていくんだ!』という覚悟を持って転職活動をスタートしましょう。

シングルマザーで転職したい方が準備すべきこと

それでは最初に、シングルマザーが転職する際に準備しておくべきことについて解説していきます。

1.子供の預け先を確保しておく

子供が小さい場合、まず子供の預け先を確保することが何より先決です。

預けられる場所や方法として以下のものが挙げられます。

・保育園や幼稚園
・親族のお家
・親族に家に来てもらう
・家政婦やベビーシッター

シングルマザーになるとお金の工面も大変になるため、できるだけ低価格の方法を選ぶようにしましょう。

2.譲れない条件を一つだけ決めておく

シングルマザーの転職は簡単ではないため、転職の希望条件をいくつも挙げてしまうと、ほぼ採用される可能性がなくなってしまいます。

そのため、『これだけは絶対に譲れない!』と言う条件を事前に一つだけ決めておくと良いでしょう。

例えば以下のような条件が挙げられます。

・今よりも給与条件が良い
・残業がなく定時に帰れる
・休暇が取りやすい
・家から通いやすい職場

全ての条件を満たす会社はないため、まずは自分の中で条件面の優先順位を決めておきましょう。

シングルマザーの転職先選びで失敗しないためのポイント

無事に転職できたとしても、入社後に、『こんなはずじゃなかった!』と後悔する方も少なくありません。

そこでこちらでは、シングルマザーが転職先選びで後悔しないためのポイントについて整理しておきます。

1.長く働けるかどうか

スポンサードリンク


シングルマザーに限った話ではありませんが、年齢が上がるにつれて転職活動は厳しくなっていきます。

そのため、『これからもずっと働き続けたい!』と思えるような会社を選ぶことが重要です。

特にシングルマザーで短期間の転職を繰り返してしまうと、次の会社で採用される可能性がほぼなくなってしまうので注意してください。

2.勤務時間がある程度決まっているかどうか

世の中には、働こうと思えばいくらでも働ける会社があります。

このような会社に就職してしまうと、指定された勤務時間とは無関係に残業させられる可能性もあるため注意が必要です。

全く残業がない会社も少ないですが、ある程度勤務時間が決まっているかどうかは事前にチェックしておきましょう。

3.シングルマザーへの理解がある会社かどうか

まだまだ、『シングルマザー=面倒な人材』と認識する会社も一定数存在しますが、シングルマザーを歓迎している会社も徐々に増えてきています。

求人をよく見てみると、『シングルマザー活躍中!』『シングルマザー大歓迎!』と記載されているものもあります。

できるだけシングルマザーへの理解がある会社を選ぶようにしましょう。

4.女性が多い会社かどうか

会社の男女比率をチェックしてみるのもオススメ。

女性が多く働く会社であれば、それだけシングルマザーも理解されやすくなるでしょう。

5.やりがいのある仕事かどうか

『働けるならどんな仕事でも構わない!』と割り切って働くシングルマザーは多いです。

しかし、子供のためだけにやりがいのない仕事を続けることは精神的にも大きなストレスになります。

長く安定的に働くためには、自分に合ったやりがいのある仕事を探すようにしてください。

シングルマザーの転職先の見つけ方

シングルマザーの転職先を見つけるポイントが分かったところで、次に転職先の探し方について見ていきましょう。

1.マザーズハローワーク

まず最初にオススメしたいのが、マザーズハローワークの活用です。

マザーズハローワークは、子育てしながら就職活動しているママさんをサポートする機関です。

マザーズハローワークを活用するメリットをまとめると以下のようになります。

・託児サービスがあるため子供と一緒に訪れられる
・女性の相談員さんに直接相談できる
・シングルマザーにぴったりの求人を紹介してもらえる
・無料で利用できる

2.転職サイト

続いてご紹介するのは、多くの転職希望者が利用している転職サイトです。

転職サイトを活用するメリットは以下の通りです。

・お家にいながら転職活動できる
・自分のペースで転職活動を進められる
・多くの求人から自分に合ったものを選ぶことができる
・無料で利用できる

3.転職エージェント

最もオススメしたい方法が転職エージェントの活用です。

転職エージェントとは、就職活動中の方に求人を紹介してくれる会社や個人を指します。

転職エージェントを使うメリットは以下の通りです。

・一般的に公開されていない求人を紹介してもらえる
・転職のプロであるキャリアコンサルタントが一対一で相談に乗ってくれる
・書類選考が通過しやすい
・条件面の交渉や面接日程の調整などを代行してくれる
・無料で利用できる

シングルマザーの転職にオススメな転職エージェント&転職サイト

『たくさんある転職エージェントや転職サイトの中で、どれに登録すれば良いのか分からない!』と悩むシングルマザーは多いです。

そこでこちらでは、シングルマザーの転職にオススメな転職エージェントと転職サイトを厳選して紹介します。

1.マイナビエージェント

スポンサードリンク


まず最初にオススメしたいのが、マイナビエージェントです。

マイナビエージェントは、数ある転職エージェントの中で特に女性の転職に力を入れています。

業種や職種別に特化したキャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるため、自分に合った会社を見つけることができるでしょう。

2.リクルートエージェント

続いてオススメしたいのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントの魅力は、非公開求人だけで10万件以上と言う圧倒的な求人数です。

求人数が豊富なので、他の転職エージェントでは紹介できないような求人も紹介してもらえます。

また、応募書類の添削や面接対策なども充実しているため、初めて転職活動するシングルマザーにもオススメです。

3.パソナキャリア

最後にオススメする転職エージェントは、パソナキャリアです。

利用者の満足度が非常に高いのがパソナキャリアの特徴。

サポート力に定評があり、スキルやキャリアに自信がないシングルマザーにもしっかりアドバイスしてくれます。

『他の転職エージェントではサポートを断られてしまった!』という方は、パソナキャリアに登録してみましょう。

4.女の転職@type

一方、シングルマザーにオススメの転職サイトとして、女の転職@typeが挙げられます。

女の転職@typeは、正社員として転職したい女性向けの転職サイトです。

『育児と両立OK』『休日120日以上』など、シングルマザーにとっても嬉しい条件で求人を検索できます。

また、情報を詳しく登録しておくと企業担当者から直接スカウトが届くこともあるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。

シングルマザーの転職にオススメな仕事6選【正社員】

『シングルマザーとして転職活動を始めたいけど、特にやりたい仕事はない』という方は、以下にオススメしている仕事を検討してみてはいかがでしょうか?

比較的シングルマザーでも働きやすい仕事を厳選しましたので参考にしてみてください。

1.介護職

まず最初にオススメしたいのが、介護職の仕事です。

介護職は求人数が非常に多いため、就職しやすい仕事だと言えるでしょう。

また、勤務時間もシフト制の場合が多く、子育てとの両立もしやすいです。

働きながら介護福祉士等の資格を取得すると、収入アップも見込めます。

2.保険の営業職

次にオススメしたいのが、保険の営業職です。

保険の営業職は個人事業主になるため、子供の都合に合わせて働きやすいのが魅力です。

契約を取ることができれば高収入も目指せるでしょう。

3.調剤薬局事務

調剤薬局事務の仕事は、全国の病院や調剤薬局で募集されているため、比較的働くチャンスも多いです。

営業時間もほぼ固定なので、子育てとの両立もしやすいでしょう。

必須ではありませんが、調剤薬局事務の資格を持っていると採用されやすくなるため、興味のある方は資格取得の勉強から始めてみてください。

4.医療事務

シングルマザーに限らず、女性に人気の仕事として医療事務も挙げられます。

比較的残業も少なく休みも取れるため、シングルマザーにオススメです。

一言で医療事務といっても様々な職種に分かれており、特に診療報酬請求事務能力認定試験の資格を取得するとかなり採用されやすくなります。

5.家事代行サービス

『普段から行っている家事力を活かして働きたい!』と言うシングルマザーには、家事代行サービスの仕事をオススメします。

家事代行サービスの仕事は、依頼者のお宅に訪問し、料理や掃除、洗濯などの家事を代わりに行う仕事です。

未経験でも採用されやすいため、スキルや資格を持っていないシングルマザーにもオススメです。

6.コールセンター

女性が多く働く職場としてコールセンターも挙げられます。

子育て中の主婦の方もたくさん働いているため、仕事以外のことも相談しやすいです。

『コールセンターは精神的にきつい』というイメージを持たれやすいですが、発信業務の場合はストレスも少なく働けるため、不安な方は発信業務の仕事を探してみると良いでしょう。

シングルマザーの転職で陥りがちな注意点

シングルマザーの中には、『書類選考や採用面接を突破できずに悩んでいる』と言う方も多いです。

そこでこちらでは、シングルマザーが転職活動中に陥りがちな注意点を解説していきます。

1.志望動機が曖昧

前述したように、『働けるならどんな会社でも構わない!』と割り切って転職活動する方もいますが、これでは採用される可能性も低いでしょう。

このように志望動機も曖昧な状態では、採用担当も、『この応募者は本当にうちで働く気があるのかな?』と不安になります。

そのため、『なぜその会社で働きたいのか?』『その会社でどんな仕事をしたいのか?』という視点を盛り込んだ志望動機を必ず作るようにしてください。

1人で作るのが不安な場合は、転職エージェントなどに相談すると良いでしょう。

2.仕事よりも子供を優先してしまう

スポンサードリンク


会社がシングルマザーを採用する上で最も気にしているのが、『仕事と子供のどちらを優先するのか?』という点です。

母親としては当然子供を優先したいところですが、会社は仕事より子供を優先する人材をなかなか採用しようとしません。

そのため、『残業しないといけない場合は、近所に住んでいる親戚に面倒をみてもらうので大丈夫です!』といったように、子供よりも仕事を優先する覚悟があることをアピールしましょう。

シングルマザーが転職を成功させるためには?

シングルマザーは他の応募者に比べて採用のハードルが高いですが、ポイントをしっかり押さえれば選考の通過率も上がります。

ここでは、シングルマザーが転職を成功させるために必要なポイントをご紹介していきます。

1.自分のスキルや適性をアピールする

選考を突破するためには、自分を採用するメリットをうまく相手に伝える必要があります。

そのためにも、まずは自分のスキルや適性をしっかりアピールしましょう。

全く違う職種に転職する場合も、以前の仕事で身につけたスキルを活かせるところはないか探してください。

2.成長意欲をアピールする

どんな会社も、言われたことしかやらない人材にはあまり良いイメージは持ちません。

『どんな仕事にも積極的に取り組み、成長することで、御社のお役に立ちたいです!』と成長意欲をアピールすれば、採用担当もあなたに興味を持ってくれます。

採用面接の段階で、『御社の仕事で活かせそうな●●の資格の勉強をすでに始めております!』と伝えられれば、さらに高評価を獲得できるでしょう。

3.逆質問を有効活用する

逆質問とは、面接時に採用担当から、『最後に何か質問はありませんか?』と聞かれることです。

逆質問はうまく活用することでかなりのアピールになるため、間違っても、『特に何もありません』などとは答えないようにしましょう。

また、給与面や残業時間などに関する質問も控えてください。

オススメの逆質問は以下の通りです。

・御社で活躍するために必要なスキルはなんですか?
・御社で活躍するために事前に準備しておいた方が良い事はなんですか?
・御社が私に期待している事は何か教えてください
・御社の●●の仕事に関わることはできますか?

上記のような質問で、しっかりとやる気をアピールしましょう。

シングルマザーの転職はタイミングの見極めも大事

シングルマザーが転職に踏み切る場合、『今が本当に転職すべき時期なのか?』と見極める必要があります。

例えば、子供が進学するにあたり教育ローンを組むシングルマザーもいるでしょう。

教育ローンの審査を通過するためには、最低でも2年間の勤続年数が必要になります。

転職のタイミングを間違ってしまうと、子供の将来に影響を与えてしまう可能性もあるため、しっかりと将来設計を考えた上で転職活動を始めるようにしましょう。

シングルマザーの転職活動に関するQ&A

最後にシングルマザーの転職活動において、よく聞かれる質問とその回答をご紹介します。

1.30歳までと記載のある求人に40代で応募してもいい?

転職サイトなどに記載されている求人には年齢制限が設けられていることも多いです。

仮に、指定されている年齢を超えていたとしても求人に応募することは可能です。

しかし、よほど応募者が集まらない求人か、あなたに相当なスキルがない限り、書類選考で落とされてしまうでしょう。

応募する際には、『返事があればラッキー!』くらいの気持ちで応募してください。

2.キャリアや資格がなくても大丈夫?

こちらも求人に、『未経験者でもOK』『資格不問』などの記載がない限り、書類選考で落とされる可能性が高いです。

しかし、資格に関しては、『●月頃には取得予定です』といったように、目処が立っていればまだ可能性はあります。

3.収入アップを理由に転職はしてもいい?

転職を決める理由は人それぞれなのでもちろん構いません。

しかし、『今の仕事よりも収入アップが見込めるから』という志望動機では採用される事はありません。

もし、転職を通して収入アップしたいのであれば、それに見合うだけのスキルやキャリアが今の自分にあるのか振り返り、それをアピールポイントとして挙げましょう。

まとめ.シングルマザーの転職には戦略が必須!

シングルマザーの場合、闇雲に転職活動をしてもなかなかうまくいかないでしょう。

入念に志望動機を考え、自分のスキルや経験をアピールしていく必要があります。

『何から始めればいいのか分からない』という方は、転職エージェントに登録してアドバイスをもらうことから始めましょう。

本記事が、転職を考えているシングルマザーにとって少しでもお役に立てれば幸いです。