赤ちゃんの体温が高い・低い原因って?乳幼児の体温平均と測り方、2つの注意点

スポンサードリンク
うちハピ

赤ちゃんをだっこすると、その温かさに驚く人がいるかもしれません。

私たち大人よりも、赤ちゃんは体温が高いのが普通であり、37℃ぐらいが平均的だといわれています。

私は息子を出産後、入院している間ずっと朝と夜に体温を測るように指示を受けました。

その理由は『低体温』になっていないかを見極めるためでした。

産まれたばかりの赤ちゃんは温度調節が上手く自分でできないので、体温が低いとき注意が必要となるからです。

私の息子は低体温の危険がある36.5℃を行ったり来たりしていたので、初めての育児だったこともあり、とても心配になり、昼夜の二回だけではなくちょっと体温が低いかもと思った時には測るようにしていました。

赤ちゃんは言葉で寒い暑いを周囲に伝えることができません。体温で身体の変化に気付いてあげることが必要になります。

この記事では、赤ちゃんの体温について知っておいてほしいポイントをいくつか紹介いたします。

ポイントは4つです。

  • 赤ちゃんの体温の平均は?
  • 体温が高い・低い原因は?2つの注意点。
  • 体温はどこで測る?おでこ?耳?脇?
  • 赤ちゃんの手足が冷たい原因は?

最後まで読んでいただければ、赤ちゃんの体温調節を上手にできるようになるはずです。

ぜひ参考にしてくださいね。

赤ちゃんの体温の平均は?

36.5℃~37.5℃が平均です。

私の息子は36.5℃~36.8℃で、少し高めだなと感じるときでも37℃ぐらいを行ったり来たりしています。

この平均体温ですが個人差がありまして、36.5℃よりの子もいれば、37℃よりの子もいます。

我が子の平均体温がどのぐらいなのかを把握しておくと、体調の変化に気付きやすいので、ぜひ覚えておくようにしましょう。

うちハピ

体温が高い・低い原因は?2つの注意点。

高いと判断する体温は38℃以上。

低いと判断する体温は36℃以下。

38℃を超えている場合は、体調不良などで発熱している可能性が高くなります。

服を1枚脱がしたり、室内温度を調節しても熱が下がらなく、ぐったりしている場合は病院へ行くようにしましょう。

ここで注意してもらいたいのが、赤ちゃんの平熱は37.5℃の場合もあるということ。

大人だとこの熱になれば病院に行くべきか判断するレベルですが、赤ちゃんの場合は38℃を超えてから考えましょう。

36℃を下回っている場合は、低体温症になっている可能性があります。

上着を着せてあげ、室内温度を温かくしてあげてください。

それでも改善しない場合は、食生活や普段のエアコンの温度を見直す必要があります。

冷たい飲み物やアイスばかり食べていないか、エアコンの冷房の温度を下げ過ぎていないか、身体が冷える原因となっているものを見極め、改善してあげましょう。

体温はどこで測る?おでこ?耳?脇?

私は3つとも使用したことがありますが、今はおでこタイプのものを利用しています。

産院では脇で測る体温計を使用していました。

新生児だったのでまだ寝転がっているだけなので上手に測ることができましたが、動くようになるとそう簡単にはいきません。

耳で測るタイプのものは、私の測り方がだめだったのでしょうが、息子の耳の形がいかなかったのか、上手に使用することができなかったので断念。

ママ友は耳の体温計を愛用していますので、人それぞれ、一番子供や自分に合っていそうなものを利用するのがいいですね。

脇のタイプは赤ちゃんが成長していくにつれて暴れて上手に測るのが難しくなりますので、簡単に測れるものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの手足が冷たい原因は?

スポンサードリンク


赤ちゃんの手足が冷たくてぎょっとした経験はありませんか?

寒いのかな?と心配になりますが、これはごく普通の出来事なのです。

まだ体温調節機能が未熟な赤ちゃん。

皮下脂肪も少ないので、身体の表面から熱が逃げやすい身体になっています。

手足が冷たくでも機嫌が良くて熱も平熱であれば、体温調整はしっかりと行われているので心配しなくても大丈夫です。

ただし、手足の冷えは高熱が出る前兆のこともありますので、手足が急に冷たくなっている場合は、いつもより注意深く様子を見ておきましょう。

とはいえ、やはりママやパパは気になりますよね。

私も息子の手足が冷たいと、あたたかくなれーと手や足を握ったり摩ったりしています。

この方法でだいだいはあたたかくなるのですが、他には室温を20~25℃ぐらいに保っていると、赤ちゃんが快適に過ごせるので調節してみてください。

室温管理ができない場合は、上着を着させてあげたり、なにか羽織らせたりしてあげましょう。

しかし、温めすぎは厳禁です。本来ならば心配しなくてもいいものですので、過度にやる必要はありません。

温めすぎることで、乳幼児突然死症候群の発症リスクが上昇することも知られていますので注意しましょう。

我が子の平熱を知っておきましょう。

子育てで忙しい中、体温を毎日測るのはとても大変なこと。

しかし、我が子の平熱は知っておいてもらいたいものです。

理想は毎日朝に1回体温を測ることですが、それが難しいようならば週1回、それを1か月ぐらい続けてみてください。

そうすると、我が子のだいたいの平熱がわかるはずです。

この平熱は体調不良の兆しを見つけられる大きな力になりますので、ぜひ測って知っておきましょう。

うちハピ